2018年2月19日 (月)

ソフトバンクが1.7GHz帯を3Gで使えなくしたので、持っているポケットWiFi GL01Pが使えなくなり、代わりに607HWが送られてきた。

ソフトバンクが

一部3Gサービス(1.5GHz帯/1.7GHz帯)提供終了について

としたので、ずっと使っていたPocket WiFi GL01Pが使えなくなった。
どうするかな、と思っていたらYmobileは代替機を送ってきてくれた。

http://www.ymobile.jp/support/relief/nwinfo/1700mhz/

607HWだ(2.1GHz帯を使っていると思う)。
https://wimaxgogo.com/pocket-wifi-607hw/

20180217_121711

これ、最初、何やっても圏外だったのでどういうこと?と思ったが、一枚ペラの移行説明書を見逃していた。その通り設定したら動きました。

2018年2月18日 (日)

#仮面ライダービルド 第23話の話数を表す数式はまたもやラマヌジャン!√(23-2√(23+2√(・・)=1+4√3*sin20°!

やはりラマヌジャンはすごいな。大抵の数字は何かしら研究している。
そしてインテジャーズでも取り上げられていた。

20180218_090542

2018年2月17日 (土)

祝!オリンピック連覇!羽生結弦くんが早稲田の通信課程の人間工学講座でラプラス変換を勉強する動画。

ラプラス変換を羽生君が勉強していた、というので話題になった動画ですが、
いわく、
”動きに対して、どういう数式で表せるか?ということなんですけど、なんか、人間工学みたいな感じです。自分が例えばトウループでトウをついたときに、どういう力がどう加わっていて、どこに力が作用してどういう衝撃があるのか?というのを具体的に数値化して見える、そういうのって勉強になる”

Hanyu

すごいな。根性論のコーチとかに聞かせてやりたいところ。
平昌オリンピックのフリーの演技、素晴らしかったです。

大阪 中之島の香雪美術館は2018年3月21日開館。もうすぐだ。

この前、国立国際美術館に行ったときに通りかかった。いつも中之島に来るたびに、これはまだまだ開館しないなあ、と思っていた。ようやく2018年3月21日に開館!
ここはぜひ行きたい。

20180211_142654

2018年2月16日 (金)

天下一品で唐揚げ定食、ラーメン大、細麺を食べる。

久しぶりに天下一品へ。
やはりたまに食べるとまさにソウルフードという感じがするなあ。

20170902_182153

20170902_182155

2018年2月15日 (木)

探偵が早すぎる(上下巻 井上真偽さん)を読んだ。めっちゃ面白い!

その可能性はすでに考えた、シリーズを読んで大注目している作家さん、井上真偽さんの別作品を読んでみた。
あらすじは「父の死により莫大(数兆円!)を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は事故に見せかけ殺そうとあの手この手を使ってくる。
しかし、使用人の橋田は、ある人物を雇って対抗した。
それは、事件が起きる前にトリックを看破して犯人を特定する探偵!
そして父の四十九日に、一族は最後のチャンスとして恐ろしい罠を数々仕掛ける。一華は無事に乗り越えられるのか?」
というもの。
金田一耕助が、殺されるまで待っている探偵として有名?なのの全く逆パターン!
起きる前に何とかする探偵!
犯人の準備から読ませるもので、それも面白い。
しかし最後の最後に絶対絶命のピンチが、、、一華は助かるのか、探偵は何とかできるのか、そして橋田の本当の正体とは、、、
スカっとした展開でめっちゃ面白いです。お勧め。

2018年2月14日 (水)

国立国際美術館でトラベラー(まだ見ぬ地を踏むために)を観てきた。シャーリーテンプルが黒塗りにしてる映像が!あと学芸員さんが歌う!

開館40周年記念展ということで、数多くのアーティストの展示があります。

20180211_144253
20180211_143440
143名のアーティストの音声や音楽作品が聴ける(壁に名前と番号が書いてあってそれを機器に打ち込んで聴く)や、表と裏で別の映像が流れていて、同じナレーションがある作品などが興味深かった。映像作品も多くて、これらをすべてきっちり見ようとしたら半日じゃたりないと思う(私はあまり時間がなかったのでかなりとばしちゃった)。
そして、シャーリーテンプルが黒人の真似で顔を黒塗りにする作品に驚く。最近、大みそかの絶対に笑ってはいけない、で浜田さんが黒塗りにして批判を浴びた直後なので、、、
あと、ライブでというか普通に学芸員さんの格好で歌っている女性がいて度肝を抜かれたり!

2018年2月13日 (火)

Excel VBAで複素数演算(一次方程式・FFT他, Numerical Recipes移植)、フィッティング(非線形含む)、ルンゲクッタ8次(DOP853)などが使えるライブラリ その7:メルセンヌツイスタ

高速メルセンヌツイスタについてはこちらを参照:本当に便利に使わせてもらっています。
で、この中のsfmt.zipを使います。この中の
libSFMT.dllをパスが通った場所に置き、
下のSMFTLib.basをインポートして、
    Dim i As Integer
    Dim a As Double
 
    Call InitMt(1)
 
    For i = 1 To 100
        a = NextNormal
        Worksheets("Sheet3").Cells(i + 2, 3) = i
        Worksheets("Sheet3").Cells(i + 2, 4) = a
    Next i
のような感じで使う。
ライブラリ本体:
またルンゲクッタ8次のDOP853ルーチンとそのドライバ。
メルセンヌツイスタ用

2018年2月12日 (月)

Excel VBAで複素数演算(一次方程式・FFT他, Numerical Recipes移植)、フィッティング(非線形含む)、ルンゲクッタ8次(DOP853)などが使えるライブラリ その6:ルンゲクッタ8次 DOP853

今回は第6回。ルンゲクッタ8次のDormand & Prince法の有名なFortranのルーチンをVBAに移植しています。
使い方は
DOP853Lib.bas
DriverDOP853Lib.bas
という2つのファイルをインポートします。
DOP853Libのほうが本体で、DriverDOP853Libというのはドライバで問題によって書き換えることになります。
関数はドライバの中のFCNに書きます。
例えばローレンツ方程式なら、
Sub FCN(N As Long, x As Double, y() As Double, F() As Double, RPAR() As Double, IPAR() As Long)
        Dim sigma As Double, r As Double, b As Double
 
        sigma = RPAR(1)
        r = RPAR(2)
        b = RPAR(3)
        F(1) = -sigma * (y(1) - y(2))
        F(2) = -y(2) - y(1) * y(3) + r * y(1)
        F(3) = y(1) * y(2) - b * y(3)
End Sub
密出力ルーチンはSOLOUTで、ここを書き換えて自由なところに出力できます。
Sub SOLOUT(NR As Long, XOLD As Double, x As Double, y() As Double, _
            N As Long, CON() As Double, ICOMP() As Long, ND As Long, _
            RPAR() As Double, IPAR() As Long, IRTRN As Long, XOUT As Double)
' --- PRINTS SOLUTION AT EQUIDISTANT OUTPUT-POINTS
' --- BY USING "CONTD8", THE CONTINUOUS COLLOCATION SOLUTION
        Dim K As Long
        If (NR = 1) Then
            Worksheets("Sheet2").Cells(JJ + 1, 3) = x
            For K = 1 To N
                Worksheets("Sheet2").Cells(JJ + 1, 3 + K) = y(K)
            Next K
            XOUT = HH
            JJ = JJ + 1
        Else
Label10:
           If (x >= XOUT) Then
              Worksheets("Sheet2").Cells(JJ + 1, 3) = XOUT
              For K = 1 To N
                Worksheets("Sheet2").Cells(JJ + 1, 3 + K) = CONTD8(K, XOUT, CON, ICOMP, ND)
              Next K
              XOUT = CDbl(JJ) * HH
              JJ = JJ + 1
              GoTo Label10
           End If
        End If
End Sub
ドライバ本体の誤差に関わるパラメータは、本家のDOP853の説明を参照。
ライブラリ本体:
またルンゲクッタ8次のDOP853ルーチンとそのドライバ。
メルセンヌツイスタ用

2018年2月11日 (日)

#仮面ライダービルド 第22話の話数を表す数式はまたもやラマヌジャン!2143/π^4≃22、あるいはπ≃(9^2+19^2/22)^(1/4)

ラマヌジャン率がかなり高いですね。

20180211_093414

π≃(9^2+19^2/22)^(1/4)
というのを利用して、円周率近似の作図ができる、というのがインテジャーズにもでてました。
(インテジャーズ率も高い)

映画 #マンハント を観てきた。鳩は大サービス、近鉄上本町がNYのよう、最後は仮面ライダー?そして大柄な女殺し屋の正体は…

最初、なんか安っぽいやくざ映画?みたいな始まりで不安に、、、

と思ったら一転バイオレンス!さっそくジョン・ウーさんにやられた。
この2人組の殺し屋(美女と大柄な女性)面白いな。大柄な女性の正体は最後の最後にわかる、、、
そしてあべのハルカスで謎のダンスを、、、MIKIKO先生振付?(エンドロールに名前があったと思う)
斎藤工さんのあまりのちょっとだけの出演に泣く、、、と思ったら福山雅治さん登場。
そして鳩の大サービス。(もう一回ある)
近鉄上本町がこんなにかっこよく見えるとは、、、まるでニューヨークの地下鉄のようだ。
社員さんとその家族が営業後にエキストラで出演されてるそうだ。
そして「てんしば」も映る。
堂島川で水上バイクシーンも大阪とは思えない舞台。大阪駅も大坂城もまるで違って見えたりする。こういうのは映画っぽいなあ。
桜庭ななみちゃんもかわいかった。
そして牧場は岡山の韮山らしい。最後の一両電車も岡山。
牧場でのアクションはさすがにかっこよかったな。人が死に過ぎるけど(でもこれはまだ序の口だった、、、)
最後の研究所のシーン(TENJINがTEIJIN(帝人)に見えて仕方なかった)は完全に仮面ライダービルドじゃないか!
ネビュラガスを注入されて怪人になるという。倉田保昭さんの演技がこわい。
ここでも死ぬほど(?)人が死ぬ。
コードが明らかに適当なのはご愛敬、、、でもやはり國村準さんはよかった。
そして最後にジョン・ウーと福山さんの対談が特典映像でついている。
なぜかジョン・ウーさん、スーツにスニーカー(なんで?)
そして大柄な女性の正体がここで明らかに!
ジョン・ウーさんの娘さんのアンジェルス・ウーさんでした。
私はああいうタイプは嫌いじゃない、、、実は好き。

2018年2月10日 (土)

#せやねん #メチャ売れ 2/10はソニーの新型aiboが紹介されていた。日経テクノロジーの分解記事も面白い。

日経テクノロジーOnlineでは分解せずに組み立てていた!(可哀そうなので!)

http://techon.nikkeibp.co.jp/aibo/

QualcommのSnapdragonとモーションプロセッサとしてはArm Cortex-M3が使われていた。22個のアクチュエータと、センサ・カメラの塊。これを見てから↓を見るとよくわかる。
--
で、今回、かつみさゆりさんがソニーを訪問。3回発売してすべて40分で売り切れたとか。
無線LANやLTEでネットにつなげることで成長する犬型ロボットということでした。
統括部長の矢部さんがインタビューに答える。
12年ぶりだが、技術の進化やインフラの整備もあって、ちょうどいいタイミングだったという。
2匹をさっそく動かす。寝てるところから起き上がるのがかわいい。
オスとメスの設定は最初にできる。
声が少し違ったり、オシッコするときのポーズが違う(ってそんな機能もあんの?)。
機嫌がいいと歌を歌う。
頭・あご・背中にタッチセンサ―が入っていて、撫でると喜ぶ。
背中にカメラがあって、SLAMカメラで部屋の広さや構造を覚える。
お腹がすいたら自分で戻る。
重さは2.2kg。
素材が柔らかい。
アクチュエータは22個。
おしりを振る動きや首をかしげる動きもできる。
目は有機EL。でも鼻先にカメラがあるので見てるのは鼻から、、、
鼻から見える映像を見せてもらえた。
ああ、顔認識している。緑色の四角で捉えている。胴体も顔も。どっちがかわいがってくれるか?100人は認識する。好きな順番をつける。(おお、犬の順位付けと一緒か)
100番の人は無視したりする。初めての人にはなつかないとか
芸もできる。
お手も。
肉球を押して芸を覚えさせられる。押したまま手を動かす。
その動作を繰り返す。ぼよよーーんをやってくれた。
AI技術で経験が蓄積されて、次に行動に生かす。
そしてクラウドAIにバックアップされているので、次のアイボにも転送できる(これが昔とだいぶ違う点だなあ。昔のは壊れたら終わり、、、)
ネット経由でシステムアップデートで新たな機能を入れる予定。
見守りセキュリティとか(番犬)。
購入はこちらから。
健さんが、もっと作ったらええやん、と言ってましたが、あの組み立て工程みたら、1個作るのも大変そうだ、、、

平昌オリンピック開会式のドローンは1218台!インテルが担当。

余りにすごいのでCGじゃないのか?と言われていたドローンでの3次元お絵かきですが!

Intel’s Winter Olympics light show featured a record-breaking 1,218 drones

http://fortune.com/2018/02/09/pyeongchang-olympics-2018-opening-ceremony-drones/
インテルが本当に1218台動かしていたという。すごいな。5Gのデモとしてですね。
インテルのプレスリリース。
Intelshootingstar2

2018年2月 9日 (金)

Excel VBAで複素数演算(一次方程式・FFT他, Numerical Recipes移植)、フィッティング(非線形含む)、ルンゲクッタ8次(DOP853)などが使えるライブラリ その5:フィッティング(非線形)

今回の第5回は非線形関数のフィッティングです。
Levenberg-Marquardt Methodを用います。
サブルーチンの引数は前回とよく似ているので同じところは省略ですが、
Sub mrqmin(x() As Double, y() As Double, sig() As Double, ndata As Integer, a() As Double, ia() As Integer, _
      ma As Integer, covar() As Double, alpha() As Double, ByRef chisq As Double, ByRef alamda As Double)
まず初期値を適切に設定し、alamda<0として呼び出します。これで初期化されます。
ここから繰り返しますが、うまく行っていればchi2は小さく、alamdaは10のオーダーで小さくなります。
逆にうまく行ってなければalamdaは10のオーダーで大きくなります。
ここをうまく判定して、最終的に収束したと判定できれば
alamda=0として最後に呼び出し、終了です。
フィッティングするための関数は、VBAが関数を引数に取れないため、名前をきめうちしたサブルーチンとして実装されています。
Sub mrqfuncs(x As Double, a() As Double, ByRef y As Double, dyda() As Double, na As Integer)
となります。パラメータを含む関数形と、そのパラメータごとの微分(ヤコビアン)が必要となります。
例えば、
Sub mrqfuncs(x As Double, a() As Double, ByRef y As Double, dyda() As Double, na As Integer)
 
    Dim i As Integer
    Dim fac As Double, ex As Double, arg As Double
    y = 0#
    For i = 1 To na - 1 Step 3
        arg = (x - a(i + 1)) / a(i + 2)
        ex = Exp(-arg * arg)
        fac = a(i) * ex * 2# * arg
        y = y + a(i) * ex
        dyda(i) = ex
        dyda(i + 1) = fac / a(i + 2)
        dyda(i + 2) = fac * arg / a(i + 2)
    Next i
End Sub
ではガウシアンでフィッティングします。
例題:
(見てもらうと分かるように単に繰り返しているだけで、収束判定はあえていれていません。ここがポイントなので自らのアルゴリズムを組み込んでください)
    Dim n As Integer, m As Integer
    Dim i As Integer, j As Integer
    Dim x(101) As Double
    Dim y(101) As Double
    Dim sig(101) As Double, dyda(7) As Double
    Dim a(7) As Double, ia(7) As Integer
    Dim covar(7, 7) As Double, chisq As Double, ochisq As Double
    Dim alpha(7, 7) As Double, alamda As Double
 
    n = 101
    m = 3
 
 
    For i = 1 To n
        x(i) = Worksheets("Sheet1").Cells(i + 2, 23)
        y(i) = Worksheets("Sheet1").Cells(i + 2, 24)
        sig(i) = 1#
    Next i
 
    For i = 1 To m
        a(i) = 3
        ia(i) = 1
    Next i
 
    alamda = -1
    Call mrqmin(x, y, sig, n, a, ia(), m, covar, alpha, chisq, alamda)
    For i = 1 To 10
        Call mrqmin(x, y, sig, n, a, ia(), m, covar, alpha, chisq, alamda)
    Next i
 
    alamda = 0
    Call mrqmin(x, y, sig, n, a, ia(), m, covar, alpha, chisq, alamda)
 
    Worksheets("Sheet1").Cells(5, 27) = a(1)
    Worksheets("Sheet1").Cells(6, 27) = a(2)
    Worksheets("Sheet1").Cells(7, 27) = a(3)
    For i = 1 To n
 
        Call mrqfuncs(x(i), a, y(i), dyda, m)
        Worksheets("Sheet1").Cells(i + 2, 25) = y(i)
    Next i
ライブラリ本体:
またルンゲクッタ8次のDOP853ルーチンとそのドライバ。
メルセンヌツイスタ用

2018年2月 8日 (木)

[0,1]の一様乱数を足していって和が1を超えるまでの回数の平均はネイピア数eになる(昨日2/7はeの日)

まず本当にそうなるか実験してみよう。
10^9個の乱数(メルセンヌツイスタのExcel VBA版)で実験したら、1を超えるまでの回数はこうなった。

Randomnapier

これで平均すると、、、
2.718293524
になる、、、こんなに回数重ねてもこの精度か、という気もするが、モンテカルロシミュレーションでeはわかるというのはすごく面白い。
以下のTweetを参考にしました。

これも参照:

一様分布の和の平均到達時間

https://aue.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=2871&file_id=15&file_no=1

«Excel VBAで複素数演算(一次方程式・FFT他, Numerical Recipes移植)、フィッティング(非線形含む)、ルンゲクッタ8次(DOP853)などが使えるライブラリ その4:フィッティング(線形)

最近の記事

最近のコメント

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト
無料ブログはココログ