« グランプリの鷹 | トップページ | 予想通りリトナーと杏里が破局 »

2008年4月29日 (火)

MicroStripesは何故こんなに開発・発売元が変わるのか?

TLMを基にした3次元電磁界シミュレータ、MicroStripesだが、今日久しぶりに使い方を教えてくれといわれて触ってみた。昔取った杵柄で大体のことはわかったのだが、それにしてもまた開発・発売元が変わったみたいだ。

http://www.cst.com/Content/Products/MST/Overview.aspx

今は開発CST、発売AETみたいだが少し前はFlomerics社、その前はKCC?とかだったような。いやその前もあったような。アンテナの計算なんかによく使われると思うんだが、何故こんなにころころ変わるのか?まったくわからん。

いやそういえば、HFSSもAnsoft→HP(Agilent)→Ansoftに戻ったなあ。

いやいやそういえばPSPICEももっと変わったか(もう忘れたけど)。

ということでシミュレータってそんなもんなのかもね。

« グランプリの鷹 | トップページ | 予想通りリトナーと杏里が破局 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

Don't you acknowledge that this is correct time to receive the personal loans, which would realize your dreams.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MicroStripesは何故こんなに開発・発売元が変わるのか?:

« グランプリの鷹 | トップページ | 予想通りリトナーと杏里が破局 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ