« Chemical Oscillations, Waves and Turbulence | トップページ | 「この道を行けば・・・」は一休さんじゃなかった。 »

2008年4月14日 (月)

巨人とプロジェクトリーダ

巨人が金を使っていろんなところから実績ある選手を引っ張ってくる。それでも弱い。でいろいろな人に嘲笑されている。9人4番バッターをつれてきてもチームとして成立するわけではないと。そりゃそうだ、と私も思っていた。しかし会社で何かのプロジェクトリーダになるようなことを考えるとそうでもないような気がしている。

大抵のプロジェクトのメンバーには新人、未経験者、使えないおっさんとかが多数でエース級はごく少数だ。なぜこんなことになるかを考えるとリーダに人事権がないからだ。もし、誰を連れてきてもいいんだったら以前に一緒に仕事をして活躍してくれた人とか、隣の部署ですごくできると評判の人とか、外部で優秀な人を探したりしてつれてくるだろう。で全部エース級をそろえたい。できないから何とか使えないメンバーにも仕事をしてもらおうと苦労しているわけで…(私の仕事のほとんどがそういう調整というかそんなもの)

巨人の首脳陣は金があって人事権があるからやってるだけでそんなに非難するのもかわいそうだ。

残念ながらうちのプロジェクトも成功してないけど、もし成功したら「いろんな人材を集めて、個性を発揮してもらった」とかコメントせにゃならんのだろうな。失敗したら「無能な人材が多かった」とは口が裂けてもいえないけど。

« Chemical Oscillations, Waves and Turbulence | トップページ | 「この道を行けば・・・」は一休さんじゃなかった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/40879845

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人とプロジェクトリーダ:

« Chemical Oscillations, Waves and Turbulence | トップページ | 「この道を行けば・・・」は一休さんじゃなかった。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ