« スーパーコンピューターを20万円で創る | トップページ | RFワールド No.2 »

2008年5月 2日 (金)

ふるふるファンタと振る飲料とプラッシー

振って飲む炭酸飲料というありえないコンセプトのファンタ ふるふるシェイカーだが、さっそく買ってきて飲んでみた。簡単に言うと、炭酸入りゼリーですな。うーん、のどが渇いているときに飲んだのだが塊が出てくるとフラストレーションがたまるなあ。これはそういう飲み方をするものではなく、缶にも書いてあるように「おやつにぴったり」のような飲み方するようだ。

明示的に振って飲め、というのは「ごきげんブランニュ」の企画でできたサンガリアのみっくすじゅーちゅくらいからかなあ?

いまは缶のプリンとかゼリーとか結構あるみたいだけど。ポッカからいろいろでてますね。

http://www.pokka.co.jp/products/drink/dessert/index.html

いやまてよ、缶入りのおしるこは振って飲まないと小豆が出ないからこっちが先か?

いやいやまてよ、むかしのプラッシー(お米屋さんで売っていた。別名、貧乏人のバヤリース)なんかも振らないと沈殿物が底に残ったしなあ。むかしのはみんなそうかもしれない。うろおぼえすまぬ。

« スーパーコンピューターを20万円で創る | トップページ | RFワールド No.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/41066917

この記事へのトラックバック一覧です: ふるふるファンタと振る飲料とプラッシー:

« スーパーコンピューターを20万円で創る | トップページ | RFワールド No.2 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ