« バケタン家族と小枝CMの泣きのギター | トップページ | YAMAHA SG3000とピックの硬さと若さゆえの過ち »

2008年6月13日 (金)

Excelで標準写像を計算してみる。

Excelで計算シリーズ第4段。

標準写像:

Pn+1 = Pn + K sinθn

θn+1 = θn + Pn+1

を描いてみた。さすがにこれは今までで一番簡単。単にセルに上の式を書き込むだけ。

でもグラフ化が容易なように、Kをいろいろ変えたものを縦に並べた。でわかったことはExcelでは32000個以上のデータは描けないこと…なんでかな?

気を取り直してKをいろいろ変えて描画。結構うまくかけたかな。

Standardmap

標準写像を良く覚えているのは、大学院の試験の過去問であったからのような。標準写像というか、Kicked rotatorだけど。本番の試験で解けなかったのは鞍点法の問題。今から考えたら何で解けなかったのか(それで第一志望落ちたし)。

« バケタン家族と小枝CMの泣きのギター | トップページ | YAMAHA SG3000とピックの硬さと若さゆえの過ち »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/41503313

この記事へのトラックバック一覧です: Excelで標準写像を計算してみる。:

« バケタン家族と小枝CMの泣きのギター | トップページ | YAMAHA SG3000とピックの硬さと若さゆえの過ち »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ