« Excelでロジスティック写像(続き)と魔球はまだ生きている。 | トップページ | Excelでセル・オートマトンを計算してみる。 »

2008年6月 6日 (金)

臨界現象の教科書 part2

この前、古い臨界現象の教科書の話を書いたけど、もう少し新しいものを(それでも古いけど)。Nigel GoldenfeldのLectures on phase transitions and the renormalization groupだ。

これがマニアックなのは、後ろのほうでBarenblatt方程式

t u(x,t) = Dκ∂2x u(x,t)

      D=1/2          (∂t u>0),

         (1+ε)/2    (∂t u<0)

を繰り込み群の方法で解いている事。一時期、この方程式をいろんな手法で解くことが一部の院生の間で流行したとかしなかったとか。

« Excelでロジスティック写像(続き)と魔球はまだ生きている。 | トップページ | Excelでセル・オートマトンを計算してみる。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/41405207

この記事へのトラックバック一覧です: 臨界現象の教科書 part2:

« Excelでロジスティック写像(続き)と魔球はまだ生きている。 | トップページ | Excelでセル・オートマトンを計算してみる。 »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ