« レッドバロン・マッハバロンそしてガンバロン | トップページ | 安口ってどう読む? »

2008年7月 9日 (水)

パラメータ5つで象の鼻が動く。

今フジテレビのベストハウス123で象が自画像を描いているのをみて思い出した。

物理学者のダイソンがある理論を作って意気揚々とフェルミに会いに行ったとき、その理論に含まれるパラメータが多いことにフェルミは全然興味を持たずフォンノイマンの以下の言葉を引用したそうだ。

With four parameters I can fit an elephant, and with five I can make him wiggle his trunk.

(パラメータが4つあったら象だって描けるし、5つありゃ象の鼻を動かせるわ!)

http://en.wikiquote.org/wiki/John_von_Neumann

しかし本当に4つでかけるという理屈はどういうもんなんだろう。そりゃフォンノイマンの頭の中にはすぐ浮かんだんだろうけど。

と思ったら調べた人がいたらしい。

http://mahalanobis.twoday.net/stories/264091/

30項のモデルだって。ノイマンは全然違うことを思っていたのだろうか。

« レッドバロン・マッハバロンそしてガンバロン | トップページ | 安口ってどう読む? »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/41788482

この記事へのトラックバック一覧です: パラメータ5つで象の鼻が動く。:

« レッドバロン・マッハバロンそしてガンバロン | トップページ | 安口ってどう読む? »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ