« ペル方程式をExcelで解いてみる。 | トップページ | Pythonで大きな階乗を計算してStirling近似と比較してみた。 »

2008年7月13日 (日)

付録は進歩してるなあ。

今月号のトランジスタ技術にUSB付きのマイコン(NECエレクトロニクスのμPD78F0730)が付録についてる。

http://toragi.cqpub.co.jp/

久しぶりに買ってきた。本当に基板をUSBポートに挿すだけ。いい時代になったものだ。定価1090円で、通常が大体860円くらいみたいだから230円扱い。基板裏面にNECやマルツパーツ館、村田の文字があり、部品は無償か低価格で卸してもらえてるのかもしれないが。

Usbmycom

ただやっぱりぐらぐらしているんで、ちゃんと使うにはUSBコネクタを実装しろということらしい。しかし女性誌に最近やたら付録が付くようになってきてるみたいだけど、こういう雑誌も付録が多くなってきてるのかな。

昔でいうと学研の科学の付録にはわくわくしたな。カメラがついたときは驚いたけど。

http://shop.gakken.co.jp/kg/kagaku/k_furoku.html

こういうのが好きな人が同じ学研の「大人の科学」を買ってるんだろうな。

今月号はなんと、アナログシンセ。これは買わねば(テルミンは買ってないけど)。

http://otonanokagaku.net/magazine/special2/index.html

« ペル方程式をExcelで解いてみる。 | トップページ | Pythonで大きな階乗を計算してStirling近似と比較してみた。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

~あなたの作品が『トランジスタ技術(CQ出版)』に載る!~

はじめまして、「Engineer Award」事務局の小島と申します。
(http://www.engineeraward.jp/)

「Engineer Award」とは、国内最大級のエンジニアSNS「エンカフェ」
(http://encafe.jp )を活用した、日本で初めての技術コンテストです。

本コンテストのハード部門では、電子工作ガジェット
(トランジスタ技術の付録、OpenDMPPキット使用)を活用して、
作品を制作していただきます。

ブログに、2008年8月号のトラ技のことが書かれていたのを
拝見し、ご連絡させていただきました。
(以前にもご連絡をさせていただき、重複しているようでしたら、
誠に申し訳ございません)

本コンテストは、審査の結果、優秀な作品には、
大賞や特別賞の授与だけでなく、
「トランジスタ技術(CQ出版)」の書籍への掲載(特集記事)や、
秋葉原の電子工作部品店舗への作品展示の機会なども
提供されます。
また、極めて優秀な作品には、その作品の製品化といった
可能性も考えております。
もちろん、高度な技術の作品だけでなく、面白い作品なども
大歓迎です。
さらに、作品作りのサポートとして、協力企業様やコンテスト事務局の
主催による技術勉強会なども実施しておりますので、初心者の方でも
安心してご参加いただけます。

また、今回の審査員としては、CQ出版株式会社 トランジスタ技術編集長の
熊谷秀幸氏など、豪華ゲストをお迎えしております。

今回のコンテストのエントリー締切りは、目前に迫った22日、
作品応募の締切りは27日と、時間があまりありませんが、
8月号のトラ技(http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/131/Default.aspx )の
付録USBマイコンと、サンプルプログラムの入った付属のCD-ROMを
お使いいただければ、この短い期間でも、何か作品をお作りいただけるのでは
ないかと思います。

今回は、コンテストに参加を検討しているエンジニアの
仲間たちとも、SNSを通じて交流することもできるコンテストです。

少しでもご興味を持っていただけましたら、下記HPより、
是非ともエントリーいただければ幸いです。
腕試しの機会として、本コンテストをぜひご活用ください。
http://www.engineeraward.jp/

ご参加を、お待ち申し上げております。


追伸:本コンテストへの参加予定がない方でも、
    エンジニアSNS(http://encafe.jp )や、
    コンテスト専用コミュニティ(http://mixi.jp/view_community.pl?id=3460138 )
    への登録は大歓迎です。
    8/2にはコンテストの授賞式と交流会イベントが予定されており、
    そのご案内も、上記コミュニティ内でお伝えいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/41825488

この記事へのトラックバック一覧です: 付録は進歩してるなあ。:

« ペル方程式をExcelで解いてみる。 | トップページ | Pythonで大きな階乗を計算してStirling近似と比較してみた。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ