« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

Excelでトーマス・フェルミ方程式を解いてみる(改善版)。

Thomas-Fermi方程式

y'' = t-1/2 y3/2

y(0)=1, y(∞)=0

前に解いたけど、低精度の差分法でちょっと気になっていた。でこの前Emden方程式を解いたときの方法が使えるかと思ってやり直し。

t=0付近での近似解を求めて、そこからスタートすることにしよう。単純な級数では計算できないので、Picard(ピカール。スタートレックのジャン・リュック・ピカードと同じ)の逐次近似でやってみた。手計算は…もう無理。Maximaで計算してみた。y'(0)=cとすると、

y(t)は以下のように展開できる(10次まででも簡単)。

Thomasfermi3

これで t=Δt の時の初期値を得てから、Runge-Kutta8次(Dormand-Prince)で計算した結果がこれ。

Thomasfermi2_2 

フィッティング関数により近くなったな。まあフィッティング関数が正しいというより、今回の方が正しいだろうな。ちょうどt=1くらいのところでフィッティングの分子分母が切り替わるイメージかな。

2008年8月30日 (土)

FNNの夕方のニュースのナレーションって合成音声?

たまにFNN系列の土曜の夕方のニュースを見て感じることがあるんだけど、ものすごく合成音声っぽいナレーションが入ることがある。あれって人間がやっているんだとすると逆にびっくりなんだけど、どうなんだろね。モヤモヤさまぁ~ず2では合成音声でナレーションやっているのはおなじみだけど。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%A4%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%81%E3%80%9C%E3%81%9A2

今までで一番笑ったテレビはドリフ大爆笑の黒人の雪やこんこ。

昔々、ドリフ大爆笑のコントで志村けんさんが税関職員役で、黒人が税関を通るときのやり取りのコントがあった。確かその黒人が日本語で志村けんさんにかばんの中身を言わされてるもの。これはこれでおもしろかったんだけど、その同じ番組の後の方のコントでいきなりまたその黒人が出てきて、同様に雪やこんこを歌わされているのが死ぬほど面白かった。ゆきくきどんどーとか絶対雪やこんこっていえないんだよね。これっていわゆるコントの「天丼」ってやつを初めて意識した瞬間だった。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110369981

これによると天丼にはかならず海老が2本のっているから、となっているけどホント?私の昔聞いたのと違うんだが、思い出せない。そんなコントがあったから、のような気が。

wikipediaによる落ちの分類:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%BD%E3%81%A1

にも古典コントってかいてあるけど、何かわからん。しかし枝雀さんは本当にすごかったんだよな。あまりに分析的になったりするとやっぱり危ないんだろうな。さんまさんが笑いって?って聞かれて緊張と緩和、って言っていたけど、ちょっと枝雀さんの受け売りすぎ(笑)。さんまさんは好きだけどちょっと幻滅。

志村けんさんと枝雀さんのつながりも、もともと志村さんは枝雀さんの大ファンで、「だっふんだ!」てのが枝雀さんの高貴な人のくしゃみが「だあふんだあーー」に聞こえるってのか来てるそうだしね。

※と思ったらyoutubeにドリフのコントがあった。感激。

鋼の錬金術師20巻/サクラテツ/象の怒り/若い山賊を買った。

いろいろ購入。まずは鋼の錬金術師20巻。一番ぐっときたのは「作り方を知っていると言うことは、壊し方も知っているということだ」かな。しかしこれだけ世界観を広げて破綻していないのはすごいと思う。作者が女性だからということと無関係ではあるまい(最近まで知らなかったんだけど)。ベルセルクなんか...いやなんでもない。

次はサクラテツ対話編。連載時は見てなかったけど、これはジャンプ向けじゃないわ、昔の哲学者の名前なんか小中学生が知っているわけないし。でも割と好き。私のジャンプで打ち切りになったので好きなのは「惑星をつぐ者」だしな。スパイラルナイフ最高!ちなみにSF小説のホーガン「星を継ぐもの」も大好き。実験漫画ってのもあってもいい。

最期に象の怒り・若い山賊。吉田戦車も好きなんだけど、弟をヘタレに描くのが多いんじゃない?ぷりぷり県もそうだったしな(私も弟なんで...)石森(あえて石ノ森とかかない)章太郎さんも若くして亡くなったお姉さんの影響で、美人のお姉さんをとにかくよく出したし、同じことがあるかな?

少年探偵団といえばBD7だろう。

最近また、探偵ものがいくつかやりだしたみたいだけど、私が探偵といってまず思いつくドラマはこれだ。

何せ怪人二十面相の正体は帰ってきたウルトラマンだしな。

そういや5年3組魔法組もなつかしいなあ。

しっぺ返しされてもいいから願いをかなえて欲しい。

2008年8月29日 (金)

奈良に行ったけど、全く観光できなかったので地図だけでも撮ってきた。

まずはJR奈良駅前から…

Img_0594

近鉄奈良駅に移動。行基の銅像があります。ここで待ち合わせ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E5%9F%BA

Img_0595

Img_0596

Img_0597

Img_0598

帰りは近鉄で帰ったけど、奈良→京都の急行は本数がないなあ。特急はお金がかかるんだよね、確か。西大寺まで出て乗り換えました。こんな時間かかるんだったら少し観光でもすりゃ良かった。

2008年8月28日 (木)

ExcelでEmden方程式を解いてみる。

恒星の内部構造についてのエムデン方程式

Emdeneq1

http://scienceworld.wolfram.com/physics/Lane-EmdenEquation.html

http://mathworld.wolfram.com/Lane-EmdenDifferentialEquation.html

を考える。これが解きにくいのはξ=0のとき特異になっていること。いろいろ調べたらξが小さいときの級数解を求めて0から離れたところからスタートすればいいようだ。

久々に手計算した結果はこれ。

Emdeneq2

これを使って、ξ=0.001の値を求めて、あとはDormand-Prince(8次)でnをいろいろ変えて計算。

Emdeneq

n=1の厳密解と比べてもいい精度であっているんでまあまあか。

この前、トーマスフェルミ方程式を解いたけど、あれもこうやって解いたほうが精度がいいのかな?また検討しよう。

2008年8月27日 (水)

moraダウンロード販売で悲愴感が1位に(8/27)

今日発売になった悲愴感、http://www.ponycanyon.co.jp/hisoukan/

ダウンロード販売のmoraでいきなり1位になってる!

mora-winの方では残念ながら2位だった。※と思ったらはねトびで流れた効果で1位に!

http://morawin.jp/

で買ってしまいました。1位に貢献してるな。でもすごく覚えやすくていい曲。何か懐かしいなあ。何でだろう、近藤真彦とか全盛の時代の曲のイメージなのかも知れない。案外、おっさんに受けるかも。夜のヒットスタジオにでてほしい。

カシオペアがRoom335を演奏。

よくこんな貴重な映像が残っていたなあ。何の番組だろう。

若かりし日の野呂さんもうまいんだけど、でもやっぱりラリー&リーの滑らかさ、うまさは格別だと思う。

http://sci.tea-nifty.com/blog/2008/04/room335.html

2008年8月26日 (火)

Keiko MatsuiさんってCOSMOSのメンバーだったのか!

大昔、読売テレビで桂文珍と由紀さおりが司会で、夜の10:30くらいから「おもしろサンデー」ってのがあって(今のほんわかテレビの枠)、家族でよく見ていた。

そのOP曲はコスモスという3人の女性キーボードバンドのスパイラルドリームって曲。

すごくこれ好きだったんだけど、実は中心メンバーの土居慶子さんってのが結婚して松居慶子さんになって、それが日本より多分アメリカで人気があるKeiko Matsuiさんだって。いやー、知らんかった。

Mathematicaの例題をExcelで解く(PartI1)

MathematicaやMatlabはwebでマニュアルやチュートリアルを揃えてくれているのがうれしいね。Mathematicaでの微分方程式の例題をExcelで解いてみよう。

http://reference.wolfram.com/mathematica/tutorial/NDSolveSPRK.html

のなかの静電波(多分、これ訳間違っていると思う)のところだ。

シンプレクティックで解いていて、Runge-Kutta 4次では構造が見えないと言ってる。この前せっかく8次のDormand-Princeを導入したのでこれを使ってみよう。

Electron_2 

きれいに構造見えてるぞ。

2008年8月25日 (月)

君は今、チキンラーメンのCMを見たか?

8/25 21:00になる手前に日清のチキンラーメン50周年のCMが

民放全局で同時に!

放映された。昔同じCMは極力流さないように、ということが決まっているって聞いたことがあるんだけど、おきて破りだ。ちょっと鳥肌。

プロフェッサーギルの笛の音はミニモーグ

ずっと前に買ったキカイダー/キカイダー01 BGM集を実家から持ってきた。音楽は渡辺宙明さん。

Kikaider

プロフェッサーギルの笛の音ってミニモーグだって。これくらいならなんとかこの前買った大人の科学のシンセサイザーSX-150で再現できそう

ちなみにジローのギターも何テイクか収録。私はこれを耳コピして宴会芸にしていたのだが、いまや誰も知らない…

2008年8月24日 (日)

Linus & Lucy

スヌーピー(原題はPeanuts)のオープニング曲がすごく好きだ。しかし曲名は「スヌーピーとチャーリー・ブラウン」ではなく、「ライナスとルーシー」だけど…

Peanutsの作者はチャールズ・シュルツっていう人だけど、実はアメリカにいるときこの人が住んでいる町にいたんだよね。お亡くなりになりましたが…自宅はスケート場だったよ。

これをDavid Benoitが弾いてるのもすごくいいです。

http://jp.youtube.com/watch?v=TAI6UM4i3RU

お好み焼き 島木譲二が京都にできてる。

京都の171号線、久世橋付近で「お好み焼き 島木譲二」を発見。

Shimaki01

メニューの感じとかが、「焼肉 小倉優子」とそっくり。ということは、ももじろう系列ということかな。

Shimaki02

このメニューも頼むの恥ずかしそう。小倉優子の次(前?)が島木譲二とは意外だな。さて、ももじろうは次にどの芸能人とコラボするんだろう。

ちなみに「焼肉 島木譲二」はこちら

※10/16追記:場所は下の地図のジャパンのところです。地図ではトマト&オニオンってなってるけど。今週の「実は・・・」で取り上げられてたね。

大きな地図で見る

2008年8月23日 (土)

各種投てき競技の世界記録

オリンピックで投てき競技をやってるけど、各種競技でどれだけ記録が違うか調べた。男子の世界記録は…

  • 円盤投    ・・・ 74.08m
  • 砲丸投    ・・・ 23.12m
  • やり投     ・・・  98.48m
  • ハンマー投  ・・・  86.74m

だそうだ。やっぱりやり投が一番飛ぶのか。しかも飛びすぎるのでかつて重心の位置を変える規格変更もあったそうだ。やり投げの選手ゼレズニーが野球のボールを遠投したら130mくらいいったと聞いたこともあるしなあ。ハンマー投の室伏も始球式でボールをわしづかみにして投げても140km/hいったそうだし、何やらせてもできる人はできるんだろうな。

スポーツキャスティングなんかも100mくらい行くようだし、フライングディスク(フリスビー)は400m飛ぶとか。場所が限られるなあ。

Excelで微分方程式の各種高次解法を比較する。

RungeKutta4次、8次(Dormand&Prince)、シンプレクティック法8次で単振動を解いて、エネルギーを求めて比較してみた。時間刻み幅は2π/100で、100000ステップ計算した結果(エネルギー誤差)はこれ。

Energyerror

RK4は順調に増えていく。シンプレクティックは振動を繰り返すのは予想通り。RK8が予想外に頑張っていて、これくらいのステップ数なら一番いいのか。まあ徐々に増えていっているのでいつかはシンプレクティックに負けるんだろうが。

ゴケミドロは非常に怖かった。

小学生くらいのころ、夏休みになると朝10時くらいから子供映画大会、みたいなのをやっていた。その中でとにかく怖く、新聞欄でタイトルを見るのすら怖かったのがこれ。

吸血鬼 ゴケミドロ。何がこわいかって額が割れてゴケミドロが入っていくところ。トラウマになるくらいこわかった。しかし監督が深作欣二だったとは。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%B8%E8%A1%80%E9%AC%BC%E3%82%B4%E3%82%B1%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AD

ストーリーを今見ると、ゴケミドロより人間どおしの争いのほうが怖そうだけど。

2008年8月22日 (金)

横のアラン・ホールズワース/縦のフランク・ギャンバレ

大昔、FMで聞いたホールズワースの音源がそのまま映像になってる。なつかしー。

しかし当時、一体これどうやって弾いているんだろうと音だけ聞いて思っていた。映像で見てもやはりすごいなあ。こういうレガートで弾くタイプのギタリスト、最近はいない?昔は結構フォロワーとかいたんだけど。

アランはフレットを横方向に動くのがすごいけど、逆に縦方向に動くのがすごいのがフランク・ギャンバレ。スピードピッキングってやつだ。

この2人に共通することは…「2人とも若かりしころと今と容姿が変わりすぎ!」

2008年8月21日 (木)

「たったひとつの冴えたやりかた」を読んだ。

ちょっと前、「月は無慈悲な夜の女王」を読んだけど、引き続き大昔のSF名作を読もうシリーズ。「たったひとつの冴えたやり方」を読んだ。

ちょっとイラストが時代を感じさせるけど、お話自体は今でも泣ける話(タイトルになっているもの)があってよかった。寄生獣とか、スタートレックに出てくるトリル族なんかはこういうのの間接的な影響を受けてるのかもしれないな。

後は最期の「衝突」ではいつも私が疑問に思う、異種族間の言語コミュニケーションをどうするか、という話が出てきて面白い。またスタートレックとかではユニバーサル・トランスレータとかで逃げるけど、こういうのをまともに考え出すとすごく大変だろうな。

ボイジャーのゴールデンレコード

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

パイオニアの金属板

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E6%A9%9F%E3%81%AE%E9%87%91%E5%B1%9E%E6%9D%BF

アレシボ・メッセージ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8

とかね。

2008年8月20日 (水)

Runge Kutta 8次のスキーム(Dormand&Prince)

今まで使ってたのは、5次のRunge-KuttaのDormand&Prince法だったけど、もう少し次数が高いのを使ってみよう。8次のDormand&Princeだ。

ネットで係数が転がっていた。

Rk8

これもVBAで簡単に計算できる。しかしここまで次数上げるんだったら4次くらいで刻み幅を小さくしたほうが計算時間短いような気もするが…気にしない(遊びなんだもの)。

単振動を計算して厳密解と比較した結果がこれ。刻み幅は2π/100で、100周期分。

Error

100周期繰り返しても誤差は10^-11くらいか。これは使えそうだな。

2008年8月19日 (火)

うそ、大げさはないけどまぎらわしいCM

オリンパスのCMで真田広之さん、宮﨑あおいさんが出てるCMがある。

http://www.olympus.co.jp/jp/corc/corp-ad/sp/ningennozenbu/

ピアノのイントロが印象的なんだけど、セコムのCMのピアノ連弾のイントロとよく似ていてすごく紛らわしい。

http://www.secom.co.jp/cm/index.html

あれっ、どっちのCM?といつも混乱する。さらに最近Wii FitのCM(夏休み版)、

http://wii.com/jp/movies/wii-cm-soft162/

これは出だしが昔のヤッターマンのエンディングに思えて仕方ない。youtubeで見たら全然違ってたんだけど…(どんな記憶だ)

スタートレックのウラさんインタビュー記事

買い続けていよいよ59号にまでなったディアゴスティーニのスタートレック・ベストエピソードコレクション。

http://www.de-club.net/std/issue.php

最初はTNG,DS9,VGRだけだったけど最近はネタ切れなのかTOS,ENTまで収録されている。で今回、ウラ役の二シェル・ニコルスさんのインタビューがよかった。

スタートレックの基本理念として人種・星にかかわらず平等である、というのがあって40年以上前に黒人女性が普通に仕官としてブリッジにいた。今これ見てもなんとも思わないけど当時は大冒険だったそうだ。これを見て感動した9歳のウーピー・ゴールドバーグさんがTNGに最低ランクのギャラで出演したのは有名だけど、今回、宇宙飛行士のメイ・ジョンソンさんも同じだってことを初めて知った。またあのマーティン・ルーサー・キング牧師も同様にこの役が重要だってことをわかっていて、ウラ役を辞めようとしたのを引き止めたというすごいエピソードも。40年前ってそんな昔には思わなかったけど、少しびっくりした。

百日紅(サルスベリ)の花(IXY 20IS)

夏になると、京都や滋賀の通りでよく咲いているサルスベリ。

Saru1

Saru2

こんな暑いのによく頑張ってさいてるなあ。

2008年8月18日 (月)

花火(IXY 20IS)

近所でお祭があって花火をやっていた。IXY 20ISには花火専用の撮影モードがあるということで撮ってみた。

Hababi

うーむ、全然だめだな。腕が悪すぎる。開く瞬間を撮れるようになるにはもう少し修行が必要かな(マニュアルとか全然読まずにやってるし)。

Henon写像をExcelで描いてみる。

Henon-Heilesができたんで、Henonもついでに。こちらはめっちゃ簡単。

xn+1 = yn +1 - A xn2

yn+1 = B xn

で、A=1.4、B=0.3のときがこれ。

Henon

2008年8月17日 (日)

Excelでパックマン?

最近、Excelでシミュレーションとかしてるんだけどあまりに表示が遅くて何とかならんかなあ、と思っていたら…

http://cgi30.plala.or.jp/chikada/vba/acd.shtml

Excelでパックマンとかディグダグとかミサイルコマンダーとかなつかしゲームを作っている方がいた!すごいなあ。表示とか参考にさせてもらおう。

ちょっと見てみたところ

Application.ScreenUpdating = False

で処理中の表示を切るとだいぶ速くなるみたいだ。知らないのは私だけ?まだまだテクニックがあるみたいですね。

2008年8月16日 (土)

がんばれ!せんとくん

最近全然話題になってないな。奈良でもあんまり見かけない。探してようやく撮影。

Sentokun

こうみるとまんとくんもどうかなあと思うよ。

やっぱりうちの地元、兵庫県のはばタンや彦根のひこにゃんに勝てるキャラはなかなかないなあ。なぜかわいいのか分析してから進めたほうがいいのかもな。

いっそのことPLUTOのように悪人キャラになれば?PLUTO第一巻のブラウ1589によると、「ヨーロッパの古き神々…死の神には角がついていた…(中略)ローマ神話の冥王…プルートゥだ。」…PLUTO第7巻くらいで正体が明かされたらせんとくんだったらいいのに。

ほんとはせんとくんみて私が思い出すのは、落語の頭山。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E5%B1%B1

頭から桜の木をはやすというお話。これは私が知っているお話の中でも最高に不思議なお話の一つ。どういう人がこれを思いついたんだろう。

2008年8月15日 (金)

Excelで箱の中の粒子のシミュレーション(シンプレクティック法)

ポテンシャルとして

U(x, y) = ε(1-cos(πx/A))(1-cos(πy/B))

を考え、箱の端で弾性衝突するとした場合の計算結果はこれ。

Bill

もう少し続けたら真っ黒になりそうだな。

2008年8月14日 (木)

夏と言えばひまわり(IXY 20IS)

夏と言えばこれ。近所で撮影。

Himawari01

やっぱりマクロモードでも撮影。

Himawari02

2008年8月13日 (水)

Excelでランダウ・リフシッツ方程式を解いてみる。

この前、磁性体に関するランダウ・リフシッツ方程式のことを書いたけど、実際に解いてみた。式は、

M/dt=γM×HM×(M×H)

で、z方向にHをかけて、MxとMyがどうなるかを見た。結果はこれ。

Lleq01

らせんを描きながらZ方向にそろう様子がよくわかる。

「スピンはめぐる」「ゴム弾性」「一般ゲージ場論序説」が復刻!

ここでも書いたけど、朝永振一郎さんのスピンはめぐる、は本当にいい本で絶版なのが残念だった。と思っていたらいつの間にかハードカバーで復活している!しかもオリジナルにない写真や補足なんかも加わって。いやー、いい仕事してますな。

さらに久保亮五さんのゴム弾性も。

さらに一般ゲージ場論序説も。内山龍雄(たつおと読むと怒られるそうだ。りょうゆう)さんがヤンミルズより先に発見したとくどくど(失礼…)愚痴を書いておられる本。

なんか最近個人的につぼを付く復刊が増えてるな。ランダウ然り。多分、私と同じ年齢くらいの編集者が出版社内でえらくなってきてるんだろうな。私はえらくなってないけど。

2008年8月12日 (火)

ハイライト(御池店)に行ってきた。

夏バテを何とかしようと、大盛りの食事をするためにまたハイライトに行ってきた。前回は十条店だったけど今度は御池店だ。銅像が目印。

Hiliteoike

ここでもジャンボチキンカツ定食590円を注文。十条店はデミグラス風ソースだったけど、こちらはトマトソース風。こっちのほうが好きかな。百万遍店はトマトソース風だったと思う。うろおぼえだけど。

しかし最近、体力をつけようとして大盛りの店によく行っているけど、行けば行くほどバテている。暑すぎて行って帰ってくるだけで体力を大消耗…しかも昼に食べるとお腹がすかないから晩がビールだけになるし。本末転倒だ。わかっちゃいるけどやめられない。

がっつり亭にまた行ってきた(今度は神殿店)

暑くてバテ気味なんで、すこしがっつり食べようと行ってきた。前は天理の本店に行ったけど、遠いんで今度は神殿店だ。隣は有名なラーメンチェーンの藤平でした。お好み焼き屋さんも近くにあった。

店のトレードマークの大盛りご飯オブジェも本店と同じ。

Gatturi021

メニューも一緒なんだけど、店が新しいんで少しきれいだ。

Gatturi023

新メニューも。

Gatturi022

オリンピック中は日本人が金メダルを取ると、生ビールかドリンクバーが無料で付いてくる!これはうれしいサービス。私は大文字山オムライスを。バテ気味なんで結構苦しかったがビールで押し込んだ。

オムライスと言えば京都で有名なのはアローンですな。まだ一度も行ってないので休み中に行ってみようかな。

2008年8月11日 (月)

ExcelでDuffing方程式を解いてみる。

Duffing方程式を解いてみよう。

Duffingeq

A=7.5のとき、外力の周期ごとにxとdx/dtをプロットしてみた。結果はこれ。

Duffing

おなじみの絵が再現できた。しかしそろそろ常微分方程式系もネタ切れになってきたなあ。そろそろ偏微分方程式に移るか?いや、まだ探すぞ。

絶対に負けられない戦いに絶対負ける。

テレビでよく聞く「絶対に負けられない戦いがそこにはある」が耳障りで仕方ない。オリンピックもそうだけど、ワールドカップの時が嫌で嫌で…

テレビ朝日系だけなのか。↓

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E4%C2%D0%A4%CB%C9%E9%A4%B1%A4%E9%A4%EC%A4%CA%A4%A4%C0%EF%A4%A4

やっぱり「視聴者の支持を得ているかどうかは甚だ疑問」だって(笑)。私だけじゃなかった。

選手にとっては大きなお世話。負けようと思うような人がオリンピックに出られるはずがないし、それをわざわざ改まって他人から言われる筋合いはないだろう。しかもワールドカップなんか絶対に勝てないことがわかっているのにこんなフレーズを何故使うのか?そうやって中継を盛り上げようとしても逆効果と思うんだけど。「お前らが勝たないと視聴率が下がるから勝てよ」とか上から目線で言っている気がする。

しかし負けられない、というのが嫌なのは選手が何かを背負わされているようなイメージがあるから。お国のために、とかね。

で代案:

勝ちたい、なら自分の意思のような気がするんで、絶対勝ちたい試合ならいい?いや、これでも人の意思他人が代弁するのは変だ。絶対勝って欲しい試合?これでもプレッシャーだな。わかった。「できれば勝ってくれたらうれしい戦いがそこにはある」ならどう?いや、「一生懸命頑張ってくれたらうれしい試合がそこにはある」?だんだん長くなってきた…もう「頑張れニッポン」でいいよ…

2008年8月10日 (日)

20と42

さっき20とgoogleに入れると「20世紀少年」の映画がTOPに来ると言う話で思い出した。

42といれると「人生、宇宙、すべての答え」がTOPに来るのはいいとして、「人生、宇宙、すべての答え」と入れてもGoogleの電卓機能で42とはじきだされるよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%80%81%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%80%81%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%AD%94%E3%81%88

を参照。これ映画化されてたっけ。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの披露宴のメニュー

昨日の神戸つながり。友達の結婚式で神戸メリケンパークオリエンタルホテルに行った。出てきたお料理はこれ。

ずわい蟹と完熟トマトのミルフィーユ ガーデンサラダ添え

Img_0442

あさりのクリームスープ パイ包み焼き。

Img_0444

姫鯛のポアレ ソーストリコロール ホワイトリゾットとともに

Img_0448

国産黒毛和牛フィレ肉のグリエ 2色のソースで彩り野菜を添えて

Img_0449

ウエディングケーキ・メロン

Img_0467

なかなか美味しかったですよ。式も感じがよかったし。でも「永遠にともに」はやめようよ…

死んだと思ったら生きていた。

昨日、SMAステーションの刑事ドラマ特集を見ていた。すると西部警察で舘ひろしが殉職したのだが、視聴者からの抗議で復活したと。どうやって?と思ったら同じ顔だけど全く別人という扱い…すごいなあ。

サルでも描けるまんが教室」でも死んだと思ったら生きていたパターンがいろいろ紹介されてたなあ。実は死んでなかった/双子の兄弟がいた、とか。

しかしこれは結構つらいものがある。映画化される「20世紀少年」で(ネタバレ)ケンヂが生きていたってのはどうなのか、とか。あの辺からぐだぐだに…(しかし「20」でgoogle検索すると、トップに20世紀少年の映画がでるのはすごい。)

「ダイの大冒険」も大好きなんだけど、アバン先生が戻るのは厳しいがぐだぐだにはならなかったので個人的にはセーフかな。「愛と誠」でもあったようだ(年代的に読んでないんで…)

いや、待てよ。毎回死んだと思ったら生きていたを繰り返している漫画があるじゃないか。「リングにかけろ」、「聖闘士星矢」とかの車田正美作品だ(好きだったけどね)。これに比べたら何だって許せるよ。

2008年8月 9日 (土)

神戸屋のホテル食パンはおいしいです。

小麦粉が高いとかそんなのは関係なく、最近の朝食はずっと神戸屋のホテル食パン。

http://www.kobeya.co.jp/fresh_pure/fp_mutenka2.html

あんまり食パンを美味しいと思ったことなかったんだけど、これは結構いい。軽くトーストしたら何もつけなくてもOKなくらい。私はとろけるチーズ+タバスコとかいつも乗せているんだけど…元の味を殺してるな。しかしホテルという名前がつくと何でも高級な感じがするなあ。関西限定なのがもったいない。

そういや逆に関東で有名らしい神戸らんぷ亭は関西で見たことないなあ。なぜ神戸?

http://www.kobelamptei.co.jp/

2008年8月 8日 (金)

特許証書の日米比較

最近、続けて昔書いた特許が登録になった。

日本の特許証はこれ。紙一枚。表彰状みたいだ。

Tokkyojapan

一方、アメリカのはこれ。一冊の本みたいだ。何か値打ちがあるね。

Tokkyousa_2

でもどちらも中身は同じだけど。

2008年8月 7日 (木)

非常時の給水塔(向日市)

またぶらぶら歩いてると見つけた。

Chosui01

こういうの見ると、いつも落ちてこないかと心配になる私はA型(いや、血液型占いは全く信じませんけど)。

この近所でこの前の豪雨でバスが水没したよ。

2008年8月 6日 (水)

Henon-HeilesをExcelで解いてみる(シンプレクティック法)。

三体問題FPU問題に続いてHenon-Heilesの微分方程式をシンプレクティック法で解いてみた。ポテンシャルは

U(x, y) = 1/2 (x2 + y2 + 2 x2y - 2/3 y3)

で、E=0.125になるようにいろんな初期値で計算した結果10条件を重ね合わせた結果がこれ。

Henonheilese0125

前からこの図は人の顔(叫びみたいな)を横向けたように見えると思ってたんだが、こうみるとバケタンにも似てるな(http://sci.tea-nifty.com/blog/2008/06/post_535a.html)。

2008年8月 5日 (火)

Powerpuff Girlsが歌うLove makes the world go round

確か長編版の挿入歌だったと思うLove makes the world go round.

これもアメリカにいたころずっと鼻歌で歌っていた記憶が。いい曲ですな。

2008年8月 4日 (月)

PLUTO 第6巻を買った。

ようやく第6巻が出た。浦沢直樹さんは20世紀少年やMonsterなど最初すごくて後半グダグダになってしまうのが多い中、まだPLUTOはすごく面白いよ。原作があるというか、トリビュートなんで最後がどうなるかある程度決めてから始めているからかもしれないなあ。8巻くらいで終われば地上最大の名作になりそうだ。出版社もジャンプじゃないんだから引き伸ばさずさっと終わらせてあげてほしいなあ。

ちなみにアトムは言及されるだけで出てきません。あとゲジヒトは太陽にほえろとか探偵物語のような最期だなあ。PLUTOのデザインも原作をどう料理するのかと思ってたら一部見えた感じだと相当かっこよさそうだ。

しかし光子エネルギーってのは理系としてはやっぱり引っかかるけど、原作がそうなっているんだから仕方ない…でも超高効率太陽電池でもエプシロンの話は繋がるんではないのかなあ。キカイダー01は雨の日は力がでないとかあるからな。

SONYのウォークマンNW-A919を買った。

ずっと使っているソニーのウォークマンが1年に1回くらいのペースで潰れている。いや、名誉のために言っておくと豪雨で水没したりしたので。ソニータイマーじゃなかった。

で3代目のものを買った。NW-A919だ。16GBでワンセグ付き。

Walkman

今まで使っていたスティックタイプのやつは操作性がめちゃくちゃ悪くて皆からは何故iPodを使わないのか?と言われてた。理由は簡単で、電車通勤でうるさくてノイズキャンセラ内蔵じゃないと何も聞こえないから。ヴォリューム上げて回りに聞こえるような恥ずかしいことは絶対したくないし。

で、今回はだいぶ大きめになったんで、操作性は格段に向上した。ワンセグも普通に見られるし。さて、いつまで壊れずにいるかな。

2008年8月 3日 (日)

RFワールド No.3

めでたくNo.3が発刊されてました。普通の本屋さんにおいてあるんでつい買ってしまうなあ。今回は無線LAN特集。個人的にはCMOS RFICの記事を突っ込んで続けて欲しかったところですが、No.2で終わっちゃってました。

http://www.rf-world.jp/

あとはトランジスタ技術別冊なんだから、RFの製作記事とかあってもいいと思いますが、やっぱりもうコアの部分はIC化されてるんで、面白いものが作れないのだろうかなあ。まあ携帯を勝手に作るわけにはいかんしな。

No.1が地上デジタル放送、No.2が携帯ときてNo.3が無線LAN。もうコンシューマ向け無線ってメジャーどころははBluetoothくらいかな。その他2.4G帯でいろいろ出てきているけど(ANTとか、IEEE802.15.4の物理層を使ったいろいろとか)統一される見込みもなさそうだなあ。

RFリモコンは統一化の動きもありそうだけど…

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200806/08-0613/index.html

いかんせん赤外線で何か困っているかというとそうでもないし…

と思ってたら、No.4の特集はマイクロ波のレーダなんかの応用みたいだ。一挙にコンシューマ向けから変わっちゃったな。興味を持っている人がどれくらいいるんだろうか。今後、ネタを探すのは大変じゃないのかな。

2008年8月 2日 (土)

悲愴感とウルトラキャッツのバレム。

羞恥心のパロディユニット、悲愴感の曲がなかなかいいですな。本家よりよかったりして。しかし悲壮じゃなくて悲愴なんだね。最初間違っていた。ここで試聴ができる。

http://www.ponycanyon.co.jp/hisoukan/

※広辞苑によると…悲壮は悲しい結果が予想されるにもかかわらず、雄々しい意気込みのあること。悲愴はかなしくいたたましいこととか。

私はこの手の企画物ユニットが昔から好きで古くは

高田純次と兵藤ゆきの「CHANCE!心ときめいて」とか、

仲村トオルと一条寺美奈の「新宿純愛物語」とか、

やまだかつてないWinkとか。

しかし一番好きな企画物は、エキセントリック少年ボウイともう一つ、ウルトラキャッツのバレムだったなあ。これあんまり売れなかったんだっけ。もったいない。

バンダイのスマートベリーの無線はフリースケールのIEEE802.15.4PHYのIC(2.4GHz帯)

バンダイが女の子向けにスマートフォン(というかブラックベリー)のようなおもちゃ、スマートベリーを発売している。

http://www.bandai.co.jp/releases/J2008071602.html

赤外線じゃなく、無線で通信するというのが新しい。Wai-Wai通信だって。WiFiとかけているのかな?で何を使っているかを見てみると、フリースケールが発表していた。MC13201か。

http://www.freescale.co.jp/pressrelease/article.php?id=397

http://www.freescale.com/files/rf_if/doc/data_sheet/MC13201.pdf

IEEE802.15.4PHYというとZigbeeの物理層だな。RFリモコンなんかでも使われてるよね。しかしZigbeeそのものって本当に全く立ち上がらないよな。誰の責任だろうなあ。いや、わかってていってるんだけど(笑)。

魚in川(IXY 20IS)

桂川で橋の上から撮影。川の中は涼しそうでいいなあ。

Sakana

2008年8月 1日 (金)

ナイトライダーBGMがぐるナイで使われてた。

さっきぐるナイを見てたら、懐かしいナイトライダーのBGMが使われてた。これ大好きだったんだよね。

マッハGo!Go!Go!のリメイクもこんな感じにすりゃよかったんじゃないの?

今思いついたんだけど、これと似た雰囲気のドラマって実はケータイ捜査官7なんじゃないか?あんまり話題になってないけど、テレビ東京系のドラマとしてはすごくがんばっていると思うんだけどなあ。

京都に焼肉小倉優子が増えてるなあ。

まずは長岡京の一文橋付近。

Ogura1

ここって前は別の焼肉屋さんでその前はとんかつやさん、その前は海鮮料理だった。ころころ変わるなあ。場所が悪いのか?これもいつまで続くか。

次は向日町。

Ogura2

ここは前はももじろうだったような。

看板の字体とか、メニューとかももじろうっぽいな?と思ってたらどうも共同経営みたい。

http://www.yakiniku-ogurayuko.com/

http://momojiro.jp/

しかしさすがに入るのは恥ずかしくて…誰かの歓迎会か何かでネタで使うかな。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ