« ゆきうさぎを探していて、つきうさぎを見つけた。 | トップページ | 志村香の「曇り、のち晴れ」は名曲 »

2008年9月28日 (日)

Excelでシュレーディンガー方程式(波束の散乱)を解いてみる。

この前Kuramoto modelを計算したときに、多変数の5次Runge-Kuttaのプログラムを書いたのでついでにシュレーディンガー方程式もこれで解いてみよう。

参考にしたのは、これ(もう絶版みたいだけど)。シッフの例題にあるもの。

時間発展は5次のRunge-Kuttaで空間の拡散項は2次の差分

(φi+1 - 2*φi + φi-1) / (dx*dx)

で近似。中央に井戸型ポテンシャルを置いて、左から波束が入ってくるときの計算。

Shroedinger01

井戸で散乱されていく様子がよくわかる。

ついでに空間を4次にした場合も計算。

(-φi+2 +16φi+1 - 30*φi + 16φi-1 -φi-2 ) / (12dx*dx)

Shroedinger02

振動している部分が結構違っているな。

« ゆきうさぎを探していて、つきうさぎを見つけた。 | トップページ | 志村香の「曇り、のち晴れ」は名曲 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Excelでシュレーディンガー方程式(波束の散乱)を解いてみる。:

« ゆきうさぎを探していて、つきうさぎを見つけた。 | トップページ | 志村香の「曇り、のち晴れ」は名曲 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ