« Excelで蔵本・シバシンスキー方程式を解いてみる。 | トップページ | KorgのシンセサイザーR3を買った。 »

2008年9月25日 (木)

Kuramoto-modelをExcelで解いてみる。

Kuramoto-Sivashinskyに続いて蔵本モデルを解いてみよう。時間発展にはRunge-Kutta5次のCash-Karpを使おう(8次Dormand-Princeはちょっと時間かかりすぎる)。

dφi/dt = ωi + K/N Σsin (φj - φi )          (和はj=1 ~ N)

K=2の時の結果はこれ。

Kuramotomodel_2

だんだん振動がそろってくるのがわかる。

この本を参考にしました。これでホタルの集団発光の話を初めて知った。でももう絶版みたいだ。

« Excelで蔵本・シバシンスキー方程式を解いてみる。 | トップページ | KorgのシンセサイザーR3を買った。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/42455897

この記事へのトラックバック一覧です: Kuramoto-modelをExcelで解いてみる。:

« Excelで蔵本・シバシンスキー方程式を解いてみる。 | トップページ | KorgのシンセサイザーR3を買った。 »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ