« 高精度計算サイトkeisan.casio.jpに協力してみる(その6)。-ゼータ関数の非自明な零点 | トップページ | ゼータ関数の零点の分布を調べようとしたが、いまいち。 »

2008年10月17日 (金)

Excelで拡散方程式を解いてみる(その3)-クランク・ニコルソン法

∂f/∂t = D ∂^2f / ∂x^2を解くシリーズ3段。

有名なCrank-Nicholson法だ。ξ=DΔt/(Δx)^2として...

fn+1(j) = fn (j) + 0.5*ξ (fn+1(j+1) - 2 fn+1(j) + fn+1(j-1))+ 0.5*ξ (fn(j+1) - 2 fn(j) + fn(j-1))+

だ。ξ=0.4として、初期値はf(x)=sin(πx)、固定境界条件として解く。

陰解法ができてたらこれは一瞬でプログラムできる。

Diffusion031

誤差は

Diffusion032

で予想通りこれが一番いい。反応拡散系を解く場合も拡散項だけはこの手法を使ったほうがいいのかな。

« 高精度計算サイトkeisan.casio.jpに協力してみる(その6)。-ゼータ関数の非自明な零点 | トップページ | ゼータ関数の零点の分布を調べようとしたが、いまいち。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 高精度計算サイトkeisan.casio.jpに協力してみる(その6)。-ゼータ関数の非自明な零点 | トップページ | ゼータ関数の零点の分布を調べようとしたが、いまいち。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ