« 焼肉 島木譲二が京都にできてる。 | トップページ | ペル方程式の最小解をkeisan.casio.jpに投稿 »

2008年10月19日 (日)

keisan.casio.jpに角谷・コラッツ予想の自作式をUP/自作式のちょっとしたコツ

めちゃくちゃ簡単なので、UPするのもなんなんだけどまだ誰も上げてないようなんで一応作ってみた。

角谷・コラッツ予想の振る舞いを見てみる。

式はこんな感じ。

n1=n0;
println(0,n1);
j=1;
while(n1<>1) {
  if (mod(n1,2) == 0){
     n1=n1/2;
  } else {
     n1=3*n1+1;
  }
  println(j,n1);
  j=j+1;
}

いろいろ作ってきてだいぶわかってきた。コツをちょっとUP。

(1)わざわざ上でn0を定義しているのは、こうしないと初期値が入力フィールドに現れないから。というのはn1=n1/2とかで定義されていると見なされてしまうようだ。

(2)j++みたいなのはNG。なのでfor (j=1;j<=n;j++)はNG。for (j=1;j<=n;j=j+1)ならOK。

(3)グラフは散布図というかx-yグラフでxがいろんな値(正負で)をとるのはNG。規則的に増加するものだけ。

(4)for(i=1;i<=n;i=i+1)は...iが複素数を表すのでNG。

(5)if, do, whileはC言語と同じ感覚で使えるみたい。

マニュアルでも作っていつかUPするかも。

« 焼肉 島木譲二が京都にできてる。 | トップページ | ペル方程式の最小解をkeisan.casio.jpに投稿 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/42830662

この記事へのトラックバック一覧です: keisan.casio.jpに角谷・コラッツ予想の自作式をUP/自作式のちょっとしたコツ:

« 焼肉 島木譲二が京都にできてる。 | トップページ | ペル方程式の最小解をkeisan.casio.jpに投稿 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ