« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

石川遼くんの賞金一億円突破を聞いて、菊池桃子の旦那はどうなったんだろうと思い出す。

石川遼くんが17才にして賞金総額1億円突破したそうですな。

http://sports.nikkei.co.jp/flash.aspx?n=114666

すごいな。でもそれを聞いて思ったのは、あれ?西川哲(菊池桃子の旦那)はどうなったんだろう...昔、菊池桃子の大ファンだったんでちょっと複雑。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E5%93%B2

によると2005/2006年とも賞金総額0円に...2007/2008は?

http://www.jgto.org/jgto/WO05020400Round.do

によると2007年は89万4千円、2008年は0円みたい。

家が金持ちそうだからいいんだろうけど。でも、若いころは5000万円くらい稼いでるじゃないか。何が堕落した原因(嫁が良すぎる?)?遼くんは慢心せず、どんどん成長して海外に出て活躍して欲しいな。

HFSSのAnsoftがAnsysに買収されていた/3次元電磁界シミュレータ業界も再編か...

最近またシミュレータ使ったりすることから遠ざかっていたのだが...今年の7/31に買収されていたのか。知らなかった。

http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=118715&p=irol-acquisitions

Ansoftはずっと前に(当時)HP社に買収されたと思ったら独立して、またAnsysに買収か...忙しいな。しかしこれでHFSSを手に入れたAnsysは名実ともにあらゆる部門の有限要素シミュレータのトップになるんではないか。

Microstripesもちょっと前にFlomericsからCSTに売られたし、http://www.cst.com/Content/News/Documents/2008_CST_Flomerics_closing.pdf

CSTはMicrowave StudioとMafiaも持ってるんだが、どう棲み分けるんだろう。

AgilentがEagleware(Genesys)を買ったときは結構驚いたけど...ADSとは値段の差で分けるということか。

http://www.agilent.com/newsjp/presrel/fy2005/ep25oak.shtml

そういやEEsofって部門も元は別の会社を買収したと思う。これは結局ADSに統合されていったような気が。Agilentも3次元シミュレータとか出してたな。EMDSだっけ。使っている人は見たこと無いけど...EMproてのもあるなあ。売れてるんだろうか。よくわからん。

http://eesof.tm.agilent.com/products/emds_main.html

http://eesof.tm.agilent.com/products/empro/

あとはAWRのMicrowave Officeが有名どころかな。

http://www.cybernet.co.jp/awr/product/mwoffice.shtml

まあどれもめちゃくちゃ高いから個人で持てるようなものではないけど...

とはいえ、私が個人的に持っているのはこれ。CFDTD。またこのソフトウェアに関してはレビューをします。

2008年11月29日 (土)

はったい粉発見!

メッセンジャーの黒田さんが子供のころ、おやつではったい粉を食べてたという話があった。でも今では栄養価が高すぎて鯉のえさになっているという話。

でも私も(まあそこそこ貧乏だったから)はったい粉は食べてたような気が。でも最近見ないな、と思ってたら粉の専門店で発見しました。

Photo_2

店は閉まってたけどな。まだやってるよね?

2008年11月28日 (金)

おさかなのソーセージのエコクリップ

前から気になっていた魚肉ソーセージのエコクリップ。

http://www.nissui.co.jp/product/closeup/topic1_01.html

昔の金属で止めてるやつって歯で噛み切ったら歯が痛くなることがあんだよね。これはすごくありがたい。

01

02

魚肉ソーセージってたまに食べるとうまいなあ。私はこれを食パンにマヨネーズと一緒に巻きつけて食べるのも好き。

2008年11月27日 (木)

ELPの空耳アワー

最近、エマーソン・レイク&パーマーと嵐ばっかり聞いてる私ですが、ELPの「タルカス」で「よしーださーん」と聞こえる空耳がある。これ空耳アワーでやってないかな、と思って調べたらもっと過激なのがあった。用心棒ベニーだ。

なんと憧れのジャンパーまでもらってる!しかしこの曲いくら映像なしで聴いてもこうは聞こえないよ。やっぱり映像の威力だ。

2008年11月26日 (水)

Excelで科学計算シリーズ(11/26までのまとめ。)

KdV方程式をExcelで計算してみる。

ロジスティック写像の分岐図をEXCELで書いてみる。

Excelでロジスティック写像(続き)と魔球はまだ生きている。

Excelでセル・オートマトンを計算してみる。

Excelで標準写像を計算してみる。

板の上をはねる球をExcelで計算してみる。

Excelでローレンツモデルを解いてみる(Dormand&Prince)

Excelでマンデルブロー集合を描いてみる。

Excelでバーニングシップを描いてみる。

Excelでレスラーモデルを解いてみる(Dormand&Prince)

Excelでシンプレクティック公式(8次)を計算してみる。

Excelで三体問題をシンプレクティック8次で解いてみる。

Excelで24体問題をシンプレクティック法で解いてみるが、失敗。

Excelで悪魔の階段を描いてみる。

角谷(コラッツ)予想をExcelで見てみる。

ペル方程式をExcelで解いてみる。

トーマス・フェルミ方程式をExcelで解いてみる。

Excelでグモウスキー・ミラの写像を描いてみる。

ExcelでFermi-Pasta-Ulam問題をシンプレクティック法を使って計算してみる。

ExcelでFermi-Pasta-Ulam問題(続き)

Henon-HeilesをExcelでで解いてみる(シンプレクティック法)。

ExcelでDuffing方程式を解いてみる。

Excelでランダウ・リフシッツ方程式を解いてみる。

Excelで箱の中の粒子のシミュレーション(シンプレクティック法)

Henon写像をExcelで描いてみる。

Runge Kutta 8次のスキーム(Dormand&Prince)

Excelで微分方程式の各種高次解法を比較する。

Mathematicaの例題をExcelで解く(PartI1)

ExcelでEmden方程式を解いてみる。

Excelでトーマス・フェルミ方程式を解いてみる(改善版)。

Excelでブラッセレータを解いてみる(Mathematica例題シリーズ2)。

Excelで2重振り子を解いてみる。/スピログラフを思い出した。

Excelで大振幅振り子を解いてみる(シンプレクティック)

オレゴネータ(Oregonator)をExcelで解いてみる。

Excelで逆行列求める関数があるのか。

Excelで戸田格子をシンプレクティック法で解いてみる。

Excelで双曲型偏微分方程式を解いてみる(その1) - FTCS編

Excelで双曲型偏微分方程式を解いてみる(その2) - 蛙跳び編

Excelで双曲型偏微分方程式を解いてみる(その3) - 一次風上差分編

Excelで双曲型偏微分方程式を解いてみる(その4) - Lax-Wendroff編

Excelで双曲型偏微分方程式を解いてみる(その5) - Fromm編

Excelで双曲型偏微分方程式を解いてみる(その6) - 三次精度(Kawamura-Kuwahara)風上差分編

Excelで非線形移流方程式を解いてみる。

ExcelでBurgers方程式を解いてみる。

ExcelでKdV方程式を解いてみる。

Excelで蔵本・シバシンスキー方程式を解いてみる。

Kuramoto-modelをExcelで解いてみる。

Excelでシュレーディンガー方程式(波束の散乱)を解いてみる。

ExcelでTDGL方程式を解いてスパイラルパターンを描いてみる。

Excelでゼータ関数を計算してみる。

ExcelでCahn-Hillard方程式を解いてみる。

Excelでお化け煙突を描いてみる。

ExcelのVBAで複素数を扱うライブラリ

Excelで拡散方程式を解いてみる(その1)-陽解法

Excelで拡散方程式を解いてみる(その2)-陰解法

Excelで拡散方程式を解いてみる(その3)-クランク・ニコルソン法

ExcelでBarenblatt方程式を解いてみる。

ExcelでSwift-Hohenberg方程式を解いてみる。

ExcelでKoch曲線を描いてみる。

Excelで縮小写像を書いてみる。

Excelでブラック・ショールズ方程式を解いてみる。

Hodgkin-Huxley方程式をExcelで解いてみる(Runge-Kutta8次)。

2008年11月25日 (火)

SHM-CDでスタイルカウンシルのベストを買った。

最近、レコード店に行くとやたらおいてあるSHM-CD。緑色の帯が付いてるのですぐわかる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%ABCD

でもこれって上にも書いてあるけど、音の向上にはつながらないんじゃないの?まあよっぽど悪いCDプレイヤーを使っている人は改善するかもしれないけど。あとは最近MP3とかで圧縮している人も多い(私も)しなあ。

でもラインナップが結構つぼをつくのがあるのはいいす。

これを買ってみました。でもすぐPCに落としてCDでは一回も聞いてないのでよくなったのかどうかわからん(笑)。

2008年11月24日 (月)

ツッツキバコ(tuttuki-bako)を買ってきた。

バンダイから出ている変なおもちゃ、ツッツキバコ。

http://www.asovision.com/tuttuki/

箱の中に指を入れると、液晶に自分の指を模した画像が現れて、それでいろいろなものを触ってみる、というもの。お休みなので、おもちゃ屋さんで見つけて買ってみた。3000円強でした。

Tuttukibako01

どうやってこれを実現しているかというと、まず指を入れる部分の奥のほうに1個、赤外線のLEDらしきものがあって、

Tuttukibako03

で、液晶側にはフォトセンサが横3×縦2の計6個ついている。

Tuttukibako02

奥の赤外線LEDが点滅しているのがデジカメで見える(肉眼ではわからないですが、デジカメは赤外線も拾うんで)。でLEDを点滅させて6個のセンサで受けているのだが、指が入るとそのセンサの一部が隠れる。それを検知して指が今どこにあるかを推定しているということみたい。だから光の強いところではだめだし、指の細い人は液晶側に指をつけて、と書いてある。

まあしかし、よくこんなこと思いつくな。感心します。

※アマゾンでは人気は赤・黒・緑の順でした。私はいつも人気の無い色を選ぶなあ。

2008年11月23日 (日)

機械遺産を見てたらIEEEマイルストーンを思い出した。

さっき「がっちりマンデー」を見ていたら世界遺産ならぬ機械遺産というのを日本機械学会が認定しているというのを見た。

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/oa20081123-mo1.html

http://www.jsme.or.jp/kikaiisan/

どこかで聞いた話だなあと思ったら、IEEEがIEEEマイルストーンとして同じようなことしてたよ。

http://www.ieee.org/web/aboutus/history_center/r10milestones.html

シャープが電卓で受賞したのはよく覚えている。新幹線は両方もらってるんだな。

しかしこっちはマルコーニやフランクリンと並んで受賞だから話がでかいな。

2008年11月22日 (土)

丹波口の周りも様変わり。

いつの間にかかなり開けてきてる。

Tanbaguchi01

でかいぎょーざで有名ならーめん日本一も。定休日だったけど。

Tanbaguchi02

2008年11月21日 (金)

ガスタンク@丹波口

写真では巨大さが伝わらないなあ。でも街中にこういうガスタンクがあると、怪獣が来て壊されるイメージが。

Gastank

2008年11月20日 (木)

猫よけ超音波(続き)

さっき猫よけの超音波発生器を見たけど、どういう原理なのか調べよう。

まず人間の可聴周波数は20Hz-20kHzくらいまで。

犬は40Hz-47kHzらしい。

猫は60Hz-67kHzと格段に高い。すごいな。

で普通に入手できる超音波センサは40kHzのが多いから、多分これ使ってるんだろう。

http://www.nicera.co.jp/pro/ut/html/ut-002.htm

とか。まあ犬なら多分人間がものすごい高い音を聞いてる感じに聞こえて、猫なら普通の話し声くらいでずっーと何かなってる感じに聞こえるのかな。製品は赤外線センサとも組み合わせてるみたい。結構いい値段するな。

https://www.gakubun.co.jp/hanbai/shouhin/8200071.html

超音波って言えば、最近パラメトリックスピーカーがキットで発売になっていたな。

http://www.tristate.ne.jp/parame.htm

思いついても、本当にキットにしてしまうのはすごいわな。

---

追記:しかしちゃんと調べると

砂場の猫よけ超音波って18~23kHzなの?じゃあ耳のいい人というか若い人、聞こえるんじゃ。。。とりあえず実用新案登録見てみた。

ということが発覚。こういう話でした↓

---

中身はガーデンバリアという商品名みたいですが、18~23kHzをランダムに動かすと。

18~23KHzなら、特に若い人にはモスキート音が聞こえるんじゃ、、、私には全然聞こえなかったが、、、

特許じゃなくて実用新案で登録されていて、これか。一応聞こえる最大周波数じゃなくて、嫌う周波数ということ?

出願番号 : 実用新案出願平9-1726 出願日 : 1997年2月6日
登録番号 : 登録実用新案第3040295号 登録日 : 1997年5月28日
実用新案権者 : 株式会社ユタカメイク 考案者 : 林  隆一
考案の名称 : 犬猫撃退器

要約:

【目的】  犬猫に対する超音波の発射により家の庭や公園内から犬猫を撃退するもので、その目的は十分な忌避撃退効果が期待でき、その上、犬猫に対する撃退効果の馴れによる低下が防止できるようにする。
【構成】  ドライバー2の駆動により発振器1から犬猫が嫌う高周波帯域の周波数(18~22KH)を発振して、スピーカ3から上記周波数の超音波を送出するように構成する一方、遠赤外線センサー4により犬猫の動きを検出し、その検出信号を増幅器5で増幅しスイッチング回路7と追尾変調器7とに入力して、スイッチング回路6からの出力信号でドライバー2を断続動作させるとともに、犬猫の動きによる遠赤外線センサー4から追尾変調器7への出力信号を変化させ、この変化に対応して追尾変調器7からの出力を変動させて、発振器1からの発振周波数を犬猫の動きに追従するように変調させる。

猫よけ超音波

吉祥院近くの公園の砂場で変なものを見つけた。

Photo

近寄ってみると、猫よけの超音波だって。へー、そんなのあるんだ。

02

2008年11月19日 (水)

伏見の川にて

すごいまっすぐですな。十石舟とか三十石舟とかが通るんですよ。

Photo

2008年11月18日 (火)

Joshinが京都駅の裏側、九条烏丸にできてた。

Joshin

http://shop.joshin.co.jp/shopdetail.php?cd=1763

最近、京都駅前に大型電気店が増えていってるなあ。大丈夫なのか。

2008年11月17日 (月)

Hodgkin-Huxley方程式をExcelで解いてみる(Runge-Kutta8次)。

神経線維の興奮を表すホジキン・ハクスレイ方程式をDormand-Prince8次で解いてみた。

http://kitlab.yz.yamagata-u.ac.jp/memo/hodgkin.htm

を参考に。式はこんな感じ。

Hodgkinhuxley02

で解くとこんな絵が得られた。ちゃんと興奮していますな。

Hodgkinhuxley01

しかしこんなにパラメータの多い方程式ははじめて見た。恐らく実験式、てことなんだろうな。確かこれを数学的に扱いやすくしたのがフィッツフウ・南雲の方程式だったと思う。こっちのほうも見てみよう。

2008年11月16日 (日)

有田みかんは「ありた」でなくて「ありだ」か!

最近、やたらCMしている和歌山の有田みかん。どーも違和感があるな、とおもったらありだみかんって言ってる。

http://www.ja-arida.or.jp/

あー、じゃあ子供のころからずっと間違えてたのか。

でも有田焼は「ありたやき」でしょ。ってあれは佐賀県か...

そういや東京にある「三田」は「みた」って読むけど、実家の近所の地名は「さんだ」だし、「日本橋」は大阪は「にっぽんばし」で東京は「にほんばし」だな。「いばらき」と「いばらぎ」ってのもあるな(漢字が違うけど)。地名とか人名はややこしや。

いつのまにか桂川(久世)駅ができてる。

10/18からだって。知らなかった。わざわざ久世ってつけてるのは命名でもめたのかな。

Katsuragawa01

Katsuragawa02

でも周りに何にもない。でずっと歩いていくと、

Katsuragawa03

阪急の洛西口についてしまった。ほんとになにもない。

2008年11月15日 (土)

伊藤清さんがお亡くなりになっていた。ご冥福をお祈りします。

昨日、ブラック・ショールズ方程式のことを書いたばかりなんだが、11/10に伊藤清さんがお亡くなりになっていたことを知った。ご冥福をお祈りします。

確率微分方程式のことを最初に知ったのはランジュバン方程式だった。でも普通の物理の教科書では何も考えずにノイズも普通の積分として扱うのが普通だったし、何も疑問に感じなかった。つまりStratonovich積分しか考えなかった。ストラトノビッチ積分だと、普通の積分と同じ感覚で使えるからね。てなことで伊藤積分のことをあまりまじめに考えたことはなかったなあ。まあノイズが考えている変数に拠らなければどっちも同じだけれども。でブラックショールズではまさにノイズが

dSt = St (σ dWt + μdt)

のような形になってるので、伊藤積分とストラトノビッチ積分の差が出てくるのかな。でもやっぱり人為的っぽいけど。手持ちの本で伊藤積分とStratonovich積分の違いが書いてあるのが...これ。だけどもう絶版かな。いい本なんだけど。

あー、そういや伊藤さんの本も持ってた。あんまし読んでない...反省。読んでみよ。でも多分、実家においてる。

Moegen Sie Kino?=映画が好きですか?だそうです。

京都みなみ会館にて。

Mogensiekino

エキサイト翻訳でドイツ語を訳すと...

http://www.excite.co.jp/world/german/

「彼らは、映画が好きですか?」とでた。

2008年11月14日 (金)

Excelでブラック・ショールズ方程式を解いてみる。

こんなに経済が混乱しているのは金融の分析がうまくいっていないこともあるのかなあ。だいぶ前にブラック・ショールズ(Black-Scholes)方程式みたいなものがもてはやされたことがあるみたいだけど、前提としている条件が全く破綻しているわけで。でも計算自体は私の趣味だからやってみる。式は

Blackscholeseq02

だが、一見バーガース方程式っぽいけど非線形じゃないし、ものすごく人為的な感じがする。物理屋さんはあまり興味を持てない式じゃないかな。で解くと、

Blackscholeseq01

普通だ!

2008年11月13日 (木)

鯉@東寺

東寺の周りのすごーーく汚い溝に錦鯉がいっぱい泳いでいるよ。大丈夫なのか。

Toujikoi01

Toujikoi02

Toujikoi03

Toujikoi04

2008年11月12日 (水)

Excelで縮小写像を書いてみる。

Koch曲線を描いた続き。私が初めてカオスやフラクタル、という言葉を知った本がこれ。山口昌哉さんの「カオスとフラクタル」。でも山口さんってもうお亡くなりになったんだよな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E6%98%8C%E5%93%89

ここの縮小写像の例題をそのまま書いてみた。

Koch03

Koch02

こんな簡単な式で複雑な形になるもんだなあ。あとその山口さんや寺本さんらの対談集、無限・カオス・ゆらぎもなかなかおもしろかったですよ。今となっては古い内容もあるけど、当時非線形でいろいろ出てきたときの新鮮さがよくわかる。

2008年11月11日 (火)

日本ケミファのCMで福田沙紀ちゃんが歌っているのは森田公一さんの「まわせ地球」

どっかで聴いた懐かしい曲だと思ったら、もともと森田公一さんが歌っていた同社のCM曲のカバーになっているそうだ。なんとなく覚えているかな。

http://www.iikusuri.tv/cm/

しかし競演のちっちゃな女の子がやたらかわいいな。

ExcelでKoch曲線を描いてみる。

Excelで自己相似図形を描いてみよう。やりかたはいろいろあるけど、

この「計算物理」に出ていた複素数の縮小写像を使うのが簡単そう。複素数のVBAライブラリも作ったし。http://sci.tea-nifty.com/blog/2008/10/excelvba-3b05.html

式は、

Koch02

で、a,b,c,dを色々変えてみたのが下の図。なかなか面白い絵ができた。

Koch01

2008年11月10日 (月)

壬生寺の前を通りかかった。

大河ドラマが放映されていたときはすごい数の観光客がいたんだけど、最近はそうでもないのかな。

Mibu01

Mibu02

Mibu03

でも京都の人は新撰組が大嫌いなはず(壬生狼ってよんでたし)。

2008年11月 9日 (日)

伏見桃山城に行ってきた。

この周りって運動公園になってた。運動会やってたよ。で伏見桃山城。外からだけで天守閣には登れないのが残念。でもいい天気でよかった。

1

2

3

俺は嵐のファンだったのか!

「流星の絆」の主題歌になっている嵐のBeautiful days。すごく泣けるいい曲だと思う。

CDを来週くらいに買ってこよう、と思ってよく考えるとその前のTruthもHappinessもちゃんとCDで購入していることに気づいた。俺は嵐のファンだったのか!まあドラマの主題歌だというのもあるけど。

でも、実際嵐の曲はどれもいいし、歌唱力も結構あると思うよ。うそだと思ったらカラオケででも歌ってみたらいいと思う。キーも高いからうまく歌うのは相当難しいと思うよ。ジャニーズで一番うまいんじゃないのかなあ(そんなにジャニーズのことを知っているわけじゃないんだが...)

私がカラオケで歌うのは、昔はSMAPが定番だった(歌唱力もいらないし(笑))。でも正直、SMAPの最近、というかここ5年くらいの曲でカラオケで歌いたいものって無いなあ。私は「世界で一つだけの花」が好きじゃないし、「がんばりましょう」とか、「セロリ」なんかをいつも歌ってたんだけどもう古いし。SMAPにはぜひ、負けないようにまたおやじが楽しんで歌える曲をもっと出して欲しいものです。

2008年11月 8日 (土)

植木でキャラ作り/バカボンのパパの職業

とある中学校でこんなの見つけた。

Ueki01

かわいいね。これをみて、昔天才バカボンのエピソードでパパが植木を怪獣の形とかに切ってしまって、それがきっかけで植木屋になるというのを思い出した。

...が赤塚氏はこれが気に入らなかったらしい。というのはパパは無職でなければならない、という意志があったから。テレビ的には無職はまずいだろう、ということでこうなったんだけど。

2008年11月 7日 (金)

コスモス畑(IXY 20IS)

近所で撮影。きれいですな。

Cosmos

2008年11月 6日 (木)

巨椋大橋の上を歩いてみた。

巨椋(おぐら)池の跡地に橋が架かっている。渡り鳥で有名らしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A8%E6%A4%8B%E6%B1%A0

面白いのは模型飛行機の飛行場があるんだな。

01

02

03

2008年11月 5日 (水)

チーム・バチスタの栄光を読んだ。

作者の海道さんがちょっとまえの「ビーバップ・ハイヒール」に出演されていた。でほとんどの人の死因って実はよくわかってなくて、死後にCTとかMRIをとるAi(オートプシー・イメージング)が重要だって話されて、実はこのお話もそれをわかってもらうために書いたようなことを言われていた。確かに重要な役割を果たしているしな。

うちの親戚がある病気で亡くなったときに大学病院の方で解剖させてほしい、と申し出があったことを思い出した。相当珍しい症例だったようだ。そういうのでなければ死因って適当な理由になってしまうんだろうなあ。

あと麻酔医が激務だとか、医者以外のスタッフとの関係とかやっぱり医者じゃなきゃわからないことが多いのも面白いな。

2008年11月 4日 (火)

イエスとキングクリムゾンのベストを買った。

EL&Pのベストを買った勢いで、プログレシリーズとしてイエスとキング・クリムゾンのベスト盤を購入。そういやキングクリムゾンの「21世紀のスキッツォイド・マン」(というかもともとは邦訳は「21世紀の精神異常者」だったけど...)が黄金伝説の各地のデカ盛シリーズで使われてたなあ。これは大食いがおかしいって暗に言ってるのか(笑)。

それはともかく、私の学生時代はプログレってもう終わったとか言われていて聞くのがダサいみたいなイメージがあって、私もほとんど聞いてなかった。今聞くとすごくよくて、まさしく聞かず嫌いでした。もったいないことした。

しかしとんねるずの食わず嫌いは、あれは絶対食べた上で嫌いになってるんだから誤った使い方だよな(笑)。

2008年11月 3日 (月)

keisan.casio.jpにサイクロイドの図示をUP!

今回はサイクロイドの図示を作ってみた。

サイクロイドの図示

パラメータ表示をすると、

x=a(t-sin(t))
y=a(1-cos(t))

だけなんで、こんなの簡単じゃん!と思うかもしれないが、前にも書いたようにグラフがそんな融通が利くようになってない。(t,x,y)を表示してx,yを書くとかはできないということ。なのでまわーりくどいんだけれど

xを与える。→ このときのtをニュートン・ラフソン法で計算→yを求める。→x,yを表示

ということをしています。趣味の世界か...

(追記)ついでにアステロイドの図示も作ってみた。

アステロイドの図示

x^(2/3) + y^(2/3) = a^(2/3)

これは簡単。

昔読んでた漫画を休日に思い出す(PartI)。

マッハSOSのことを書いたら、昔の漫画のことを思い出してきた。あんまりメジャーじゃない感じのを少し上げておこう。

①三軍神参上! 宮原ナオ

 確か空手、柔道、剣道の達人の三人の高校生くらいのお話。何を覚えているかというと、剣道の子がムチを使う敵に対峙して、敵が「竹刀のような直線的な武器ではムチはかわせない!」とか言ってやられそうになると、「ではヌンチャクならどうかしら?」とヌンチャク使いの女の子が助けにくるという話。ヌンチャクでもだめだと思うよ...

あと私の好きなお言葉「無礼に無礼で返すのは犬畜生以下」(非礼に非礼かも)というのもこの漫画で見たんじゃなかったかなあ。完全にうろ覚えだけど。

②ジャパッシュ 望月三起也

 ものすごい美形の男が世界制覇をしようとしていて、こいつのせいで顔をぐちゃぐちゃにされた正義の男が悪者にされて殺されるという救いの無いお話。でもこいつも最後は目の見えない女の子に顔の魅力が通じず殺される。

③マンモス 小成たか紀/武論尊

 体がでかい優しい刑事が婚約者と妹を惨殺されて、傭兵訓練を受けて復讐に帰ってくるお話。傭兵という言葉をこのとき初めてきいた。傭兵の最初の試験を受けるとき、試験官がこんな太ったやつはだめだと隊長に行ったら、体など三日でそぎ落とせる、あの目をみろ、と言ったのを覚えてる。

④ガルラ 永井豪

 これは最終回で、主人公が怪獣の炎に焼かれたら本来のすごい力をだせるんだとかなんとかで「焼かれろ!」といわれたところで終わってたような(どんな終わりかただ)。

⑤惑星をつぐ者 戸田尚伸

 ホーガンの「星を継ぐもの」と漢字を入れ替えた感じですが、内容は関係はありません。が、これはジャンプに載っていたとは思えないくらいのハードSFで、すごく面白い。全人類を皆殺しにして賞金首になった主人公とか、絶滅した種の武器スパイラルナイフとか設定も面白いし。

トラウママンガ「マッハSOS」?

ほとんど情報が無いんだけど、昔多分冒険王に連載されていたんだと思うんだが戦闘機に子供たちが乗って戦うマンガがあった。wikipediaで航空漫画の項を見ると...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%BC%AB%E7%94%BB

たぶん、桜多吾作の「マッハSOS」だと思うんだけど...

http://www5d.biglobe.ne.jp/~m_yokko/sos.htm

(すがやみつるのオーロラ7という線も捨て切れないが)。

何がトラウマかって、子供たちが罪の無い人を殺すと言う救いようの無い話があった。

多分あらすじはこんな感じ。ある島の住民を皆殺しにしろという命令がでた。実は住民は何の罪もないんだけど生物兵器の漏れかなにかで病原菌に感染して、それがばれるとまずいから殺せ、という話。まあ殺し方がダムダム弾を使えとかなんか悲惨だったり。これを冒険王に載せるのは...いまだに覚えてるくらいだからそうとうショックを受けたんだろうな。

京都駅八条口に巨大モールができる(予定)

なんかすごい大きな建物ができつつある。パナソニックの近く。2009年秋完成だって。

Photo

ジョーシンもこの近所にできてたし、こっち側もそろそろ開けてくるのかな。

2008年11月 2日 (日)

桂離宮の前を通りかかった。

通りかかっただけですが、何枚か写真を。

Katsura03

Katsura04

Katsura05

このすぐそばに中村軒という和菓子屋さんがあって、いつも人でいっぱい。桂離宮のお土産にする人が多いみたい。

Katsura06

2008年11月 1日 (土)

RFワールドNo.4を買った。

MUレーダの表紙がかっこいいRFワールドNo.4。

http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mu/MUR-airphoto.jpg

http://www.rf-world.jp/

あー、こういうのが古きよきRFって感じがするよな。携帯とか無線LANとかのRF技術ってやくざだから(笑)。

まあ笑い事ではなく、例えば小西さんのマイクロ波の教科書(RFワールドにも宣伝が出てた)と、今のコンシューマー向けRFを支えている技術とのギャップがあまりにも大きくて、どうしたものだろうと。そこを埋める教科書が欲しいところ。大学生でRFをやってる人も会社に入ったら多分何の役にもたたないと思う。

例えば、アナログCMOSの話は言わずもがな、もうアイソレータなんか国内向けのしょぼい携帯しか入ってないし、パワーアンプの技術が全てを決めていたり、誘電体フィルタは全て終わってしまっていたり。

というかほとんど機密事項が多いんでかけないんだよね。もう少しOpenにならないと。その意味でGoogle携帯がソフトとかだけでなく、RFとかに関してもOpenになれば...

めだかの学校(IXY 20IS)

ちょっと見えにくいけど、近所の川にて。もう少しズームができればいいんだけど。

Photo_2

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ