« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

バードストライクのシミュレーション

ちょっと前に話題になった飛行機の事故で、バードストライクが原因とかいう話があった。この言葉、聞いたことあるなあと思っていたらANSYS LS-DYNAのデモで見たことがあったんだった。

だんだん輪切りにされる鳥さんがかわいそう。

詳細は以下の論文など。

http://www.padtinc.com/support/benchmark/bm04/more/paper.pdf

しかしこんなことができるというのはすごいな。

実際にぶつけてシミュレーションしていることもあるみたい。

http://en.wikipedia.org/wiki/Birdstrike_simulator

「ムダヅモ無き改革」を買った。

一部で評判だったこの本。遅ればせながら読んでみた。久々に大笑い。麻雀のルールはあんまり知らないんだけれど、全く関係ない(というのはサルマンでもあったなあ)。で麻生タローがめちゃくちゃかっこいい!これほど実物がかっこよければ今のようなことには...あと「白いほうが勝つわ」も爆笑。

2009年1月30日 (金)

Van der Pol方程式/パスカルの三角形をkeisan.casio.jpにUP!

連立微分方程式を解く基本プログラムを作ったので、次はファン・デル・ポール方程式

d^2x/dt^2-ε(1-x^2)*dx/dt+x=A*sinωt

を解く自作式を作ってみた。Runge-Kutta5次を使っている。

ファン・デル・ポール方程式を解く。

Vanderpol

しかし相当刻み幅を大きくしないとすぐタイムアウトに。

ついでにパスカルの三角形もUP。でも表示が20列までなのでN<=20。

パスカルの三角形

Pascal

しかし最近ほぼ毎日のようにこうやって自作式を作ってUPしている。なぜかというと、

「会社が赤字で残業規制がかかってみんな帰らなければならず、暇だからだーーーー!!!」

ということでしたorz。

今日の新聞/テレビでも結構報道されてたね。

北野白梅町前

この前平野神社に行ったときは、ここで降りました。

01_2

お隣はイズミヤ。

02_3

2009年1月29日 (木)

中山寺に行ってきた。

成人式の日に阪急に乗って中山寺までお参りに行ってきました。高いところにあるので、エスカレータ完備なのにびっくり。いや、しかしご利益があるかと思って階段で上りましたよ。しかし人が多かった。近所のダイエーでフードコートへ行ったら全席満席でした。帰り道は事故で阪急が大幅に遅れたのでJRで帰ってきた。車との接触事故だって。踏み切りを無理やり横断しようとしたのかなあ。やめてほしい。

Img_1116 Img_1117

Img_1118 Img_1119

Img_1120 Img_1121

Img_1122 Img_1123

Img_1124 Img_1125

Img_1126 Img_1127

2009年1月28日 (水)

最近のセンター試験ってBASICの問題がでるんですな。

とこんなことを書く私はもうおやじ...平成21年度の数学II・数学Bの問題は、

「p,qを異なる自然数とする。このとき、与えられた自然数dについてd以下の自然数のうちで
k=mp+nq (m,nは0以上の整数)
のように表すことができるものを小さい順にすべて列挙し、最後にその個数を表示したい。」

というBASICのプログラムについてでした。しかしLETとかINPUT PROMPTとか昔のBASICとはちょっと違う命令があるのと、GOTOがやたら多いので困惑。もうGOTOを使うプログラムを書かなくなって久しいので大混乱。でも気を取り直して、高精度計算サイトkeisan.casio.jpに移植してみた。GOTOはないですよ。それがこれ↓。

平成21年センター試験 数学II・数学B 第6問

しかし試験にでるようなBASICを実行する処理系があまりないんじゃないのかな。どうもJIS Full BASICとか言うらしいけれど。

(仮称)十進BASICというのがそれなのかな。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA008683/

高校生はどうやって勉強しているのだろうね。

活魚料理 ゆたかの前を通りかかった。

大通りには裏側しか面してないのでどんなお店だろうと思っていた。で歩いて通りかかりましたよ。なかなかよさそうなお店。忘年会とかで使ってみようかな。

Img_1104

Img_1105

2009年1月27日 (火)

非線形写像を多数繰り返すと大変なことに。

単純なHenon写像を高精度計算サイトkeisan.casio.jpで計算したときに(当たり前だけど)恐ろしいことに気づいた。

式はこれ↓。

エノン写像

x_n+1 = y_n + 1 - A * x_n^2
y_n+1 = B * x_n+1

で非常に単純なんだけど...

50桁で精度保証計算をしたときにあまりに変な振る舞いをしてて、おかしいな、と思っていたらなんともう300回くらい繰り返したら有効数字1桁くらいになっていた。で精度保証のチェックを外すとおなじみのグラフに。

(左が保証つき、右がなし)

Henon

てことは、普通にCとかExcelとかで計算しているものは全く値は信用できないということだなあ。ただしアトラクタにひきつけられているから図としてはまあこんな感じになるということでしょうね。

※追記

まあ非線形だから、というより桁落ちの問題ですね。

Coco壱番屋のグリーンスープカレーは美味しいです。

近所のココイチでお昼ご飯。

http://www.ichibanya.co.jp/menu/gentei1.html

グリーンスープカレーを食べてみた。これ結構美味しいよ。

2009年1月26日 (月)

円周率を求める公式(ラマヌジャンとチュドノフスキー)の比較

高精度計算サイトkeisan.casio.jpで円周率を求める公式を比較してみた。

Pi

円周率の計算(ラマヌジャンとチュドノフスキー)

ラマヌジャンのもそうだが、チュドノフスキーのあまりの収束の早さに感動。よくこんなの見つけたもんだ。

もやしもん 7巻を買った。

オマケのみりんのお話がおもしろかったっす。最近、美味んぼを全く見てないですが、食べ物うんちくはこれで得てることが多いです。

しかしもやしもんの単行本は謎の次回予告が楽しみ。一番すきなのは一巻のアウトブレイクというかエヴァ系のものですが、今回は三上助教授の逆襲(って誰が覚えてるねん!)。検査入院編を完全収録だって!

2009年1月25日 (日)

ほとんど整数のような数 e^π√163

e^π√163は非常に整数に近い数として知られている。ラマヌジャン定数と呼ばれているそうだ。

keisan.casio.jpに自作式を作って見てみよう。

非常に整数に近い数(ラマヌジャン定数)

30桁で計算すると、

262537412640768744

あー、本当だ。この桁数くらいならもう整数になってしまう。

50桁で計算すると、

262537412640768743.9999999999992500725971981856889

と出た。すごいな。

e^π√58はラマヌジャンが見つけたそうで、

24591257751.99999982221324146957619235526581222761

でこれもすごく近い。でこういうのはHeegner numberから出てくるそうだ。 

http://en.wikipedia.org/wiki/Heegner_number

マジンガーZ対暗黒大将軍が人生のベスト映画。

皆さんのベスト映画は何でしょう?「ショーシャンクの空に」?うんうん。「スタンド・バイ・ミー」?なるほど。「シャイニング」?あーそれそれ(キングばっかり)。いや、「となりのトトロ」?「カリオストロの城」?(宮崎さんばっかり)。「matrix」(アメリカの映画館で「マトリックス」と言ったら全然通じなかった。「メイトリックス」でした...)?「スターウォーズ」シリーズ?(アメリカでエピソード1初公開を並んで見たんだよ)?またこれもアメリカでスニークプレビューを見た「american beauty」と「sixth sense」?

ちがーーーーう!ベスト映画は東映まんがまつりの「マジンガーZ対暗黒大将軍」にきまってるだろ!!!!!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BCZ%E5%AF%BE%E6%9A%97%E9%BB%92%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D

あの無敵のマジンガーZがなすすべも無くボコボコにやられているその瞬間、謎の預言者(実は兜の親父)が「マジンガーZが倒れる!見殺しにはできん。ブレーンコンドル」「剣鉄也!時が来た。グレートマジンガーを出動させ、暗黒大将軍の7つの軍団をたたきづぶせ!」と叫ぶ。火山から突然現れるブレーンコンドル。そして海から現れたグレートマジンガーと合体!マジンガーZをボコボコにした奴らを逆にボコボコにし返す圧倒的な強さ。かっこいーーーー。もう一生ついていくと決めた。

話の面白さとしてはマジンガーZの方が良かったと思うけど、この映画(及びマジンガーZ最終回)でグレートマジンガーの強さを見た我々は絶対悪口は言えません。

2009年1月24日 (土)

ラ・セーヌの星のOPを聞くとなぜか宝塚ファミリーランドの世界はひとつを思い出す。

昔のアニメを懐かしむシリーズ。今回はラ・セーヌの星。

太ももの太さが今のアニメでは考えられないくらい健康的ですわね。

よーるのー、くらさーをー、きりさくためにー。

みーなさん、おいでーなさい、よーこそーおいでなさい。

に聞こえる私は(元)兵庫県人。

なお、UFOロボ グレンダイザーとほとんど同じという声もありますが(とべーとべー)、気にしない、気にしない。

なぜならば、作曲者が同じですので(菊池俊輔さん)。これしかし全く同じ曲想ですね。

「今日の星占いランキング」をkeisan.casio.jpにUP!

また全く高精度とは関係ないシリーズ。今日の星占いを作ってみた。

今日の星占いランキング

これは実は自信作ですよ。あー、プログラムはへたへただけれど、順位を選ぶアルゴリズムが秀逸

というか、全くのランダムなんだけど

私、ずっと前に朝の情報番組でやっている占いを、チャンネルを変えて順位を比較するのを毎日やっていたことがあって、そのときにわかったのは、

「あ-、星占いってランダムなんだ!」

-----------

とこれだけで終わるのも何なので、連立1次方程式の解も作った。2~4元まで。

2元連立1次方程式

3元連立1次方程式

4元連立1次方程式

2009年1月23日 (金)

てんとう虫の歌はよかったよね。

この前、リンカーンでぐっさんがおんぶおばけの話をしていたのを見て、またなつかしアニメを探してみようと思った。まずは「てんとう虫の歌」。タツノコプロだったんだなあ。

両親を亡くした7人兄弟が強く生きていくお話。こういうのは今の時代には無理だろうなあ。ホームレス中学生のはるか上をいっているよね。

エンディングの歌詞を全部覚えていた自分に驚愕。

月曜、元気良く、火曜かっこよくいこーーーー、水曜、スイスイと、木曜もりもり遊んじゃえ、金曜気分良く土曜どんといけ、色々あるさ一週間。

べーそー、かいたって、しかられたって、日曜、にっこりと胸はっていこー。

僕らは七人。月火水木金土日。

お母さんの姉妹が仏壇からお母さんの声を真似たお話があったと思うけど、感動したなあ。

確か火事でやけちゃった家を再建したらてんとう虫型の家だったんだよね(うろ覚え)。

スロット(777)をkeisan.casio.jpにUP!

また高精度とは何の関係もないシリーズ。3桁の数字を揃えるゲームをUPしてみた。

スロット(777)

とはいえ、私ギャンブルをまったくやらないので、パチスロとかがこんな感じなのかまったくわからず。

でもじゃんけんとか結構アクセス数多かったんで、こういうのもアリなのかな。

2009年1月22日 (木)

いろんな行列式をkeisan.casio.jpにUP!

単にMaximaで解いた値を入れただけだけど...手抜き...

2x2行列の行列式

3x3行列の行列式

4x4行列の行列式

5x5行列の行列式

ついでに2点を通る1次式、3点を通る2次式、4点を通る3次式も。

2点を通る1次式

3点を通る2次式

4点を通る3次式

久しぶりに高校生というか大学初年度くらいの計算をした気分になって新鮮。

2009年1月21日 (水)

ギブス現象をkeisan.casio.jpにUP!

矩形波をフーリエ級数で表すとき、不連続点で飛びが生じる現象として知られているギブス現象を表す自作式を作ってみた。

ギブス現象

wikipediaでは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%96%E3%82%BA%E7%8F%BE%E8%B1%A1

のように書かれている。図示するとこんな感じ。

Gibusu

Excelでvan der Pol方程式を解く(Dormand&Prince)

久しぶりに常微分方程式をExcelで解くシリーズ。van der Pol方程式だ。

Vanderpol00

もともと3極真空管の研究から、というのが時代を感じさせる。

久々にDormand-Princeのライブラリを使って計算。結果はこれ。

Vanderpol01

Vanderpol02

2009年1月20日 (火)

レスラーモデルをkeisan.casio.jpにUP!

結構レスラーモデルを検索される方が多いので、自作式を作ってUPしてみた。

dx/dt = -(y+z)
dy/dt = x+a*y
dz/dt = b+z*(x-μ)

これ↓

レスラーモデルをRunge-Kutta5次で解く。

Cash-Karp法を用いてみた。

グラフはおなじみのぐるぐるなのは仕様上描けなくて、時系列だけ。こんな感じ。

59676818983

これをExcelに移してx,y表示すると

01

とおなじみのグラフに。

グリル アローンでオムライスを食べてきた。

巨大なオムライスで有名なアローンに行ってきた。

Photo

Photo_2

http://www.kyotogmap.com/shop/0146_aron/index.html

確かに大きかったけど、お腹がすいていたので10分くらいで完食。上にかかっているのがケチャップじゃなくて、なんと言うか天津飯の甘酢みたいな感じ。しかしこれで580円とは元が取れてるのかなあ。

2009年1月19日 (月)

レムニスケートの図示をkeisan.casio.jpにUP!

8の字型曲線として有名なレムニスケートの図示を作ってみた。この弧長の計算が、楕円関数の始まりに関わったそうだ。

Photo

レムニスケートの図示

書き方はアステロイドと同じく、正と負で線を変えて対応している。

28721377395

※追記 ついでにクロソイド曲線も追加。

クロソイド曲線

猫@川(IXY 20IS)

落ちるなよ...

Neko_kawa

2009年1月18日 (日)

「年齢当てゲーム」をkeisan.casio.jpにUP!

高精度とは何の関係も無いシリーズ第4弾。百五減算を利用した年齢当てゲームを作ってみた。↓

年齢当てゲーム

説明はwikipediaのが参考になる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E4%BA%94%E6%B8%9B%E7%AE%97

私がこれを初めて知ったのは「C言語による最新アルゴリズム事典」でした。この本はいい本ですよ。TeXで有名な方が著者で、なぜかこの本でもTeXの項が(アルゴリズムではないのに)出てくると言う...

晴明神社に行ってきた。

安倍晴明を祀っている晴明神社に行ってきた。

http://www.seimeijinja.jp/

Seimei01 Seimei02

Seimei03 Seimei04

Seimei05 Seimei06

この桃を触ると厄が落ちるということで、めっちゃ触ってきた。今年一年健康でありますように。

2009年1月17日 (土)

私と阪神大震災

今日で阪神大震災から14年目ですよね。

私が今の会社に就職して、まさに1年目、新人の時に阪神大震災が起きました。京都にいたのだけれど、朝にはちょっと強めに揺れたくらいで全然こんなことになるとは想像もしなかった。テレビで死傷者の数が報道されていて、数人、数十人、とかいった報道のときには結構強かったんだなー、とまるで他人事のように思っていました。それがどんどんお亡くなりになった方の数が増えていくにつれ、そして当時の直属の上司と連絡が取れなくなるにつれ、そんな甘い考えは吹っ飛びました。

その行方不明の上司の方を探すために、震災の翌日、人事部の方と二人で、重い荷物(水とか食料)と担いで西宮北口から歩いて芦屋のほうに捜索にでかけました(西宮北口のトイレはすごかったです)。で、その住所に来たときに家が全壊していたときの絶望感。お隣のつぶれた家から荷物を取りに来ていた方からの情報で、避難場所をお聞きして、無事だとわかった時の安心感。本当に良かった。私は本当に幸運でした。この方も含め、この震災で神戸方面にいた私の知り合いは皆無事で、私は本当に幸運だったと思います。でも多くの方々が大事な方を亡くしている。そう思うと喜ぶことなど到底できはしない。

いやだな、と思っていたのは東京のテレビがまるで他人事のような報道をしていて、東京で起きたときにはどうすればいいかとか、東京ではこれを教訓にどうすればいいか、言っていたこと。そんなことはどうでもいいから助けに来い、と。どこかのキャスターが現場に来てだけでほめられてたのもあほか、と。

あともっといやだったのが、もう転記するのもいやな2チャンネルの書き込み。それまでは結構書きこんだりしたこともあったんだけれど、人間はここまでダメになれるという見本のようなもの。

数当てゲームをkeisan.casio.jpにUP!

高精度とは何の関係も無いシリーズ第三弾。数当てゲームを作ってみた。

リンクはこれ↓。

数当てゲーム

日付は自動的に入力するようにできるので、それを乱数の種にして線形合同法で3桁の数字を出している。で、最初は何桁目があっている、とかヒントを出そうとしていたのだけれど余りに簡単なんで、何個あっている、という風に変えてみた。

ちなみに本日2007/1/17の答えは211です。

Excelでクロソイド曲線を描いてみる。

道路が直線から急に円につながると危険なので、間に緩和曲線を挟む、という話を初めて聞いた。クロソイド曲線というそうだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%BD%E3%82%A4%E3%83%89%E6%9B%B2%E7%B7%9A

式は、

02

のような感じ。あれ?これってコルニュらせんなんだな。さて、どうやってExcelで描くか。積分をとりあえずシンプソン公式でやってみた結果がこれ。

01

一応それっぽい値が得られた。

Numerical Recipesにはフレネル積分を直接求めるアルゴリズムが載っていたと思う。またやり直してみよ。

2009年1月16日 (金)

「甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯」を読んだ。

NHKのドラマ「フルスイング」が年末再放送していて、なかなか良かったのでモデルになった高畠さんについての本を読んでみた。

高畠さんに関してはただただすごい人がいたんだなあ、という感じですが、この本で興味深かったのは諜報戦のお話。

南海がいかにスパイをしていたかとか、無線+バイブレータで球種を教えたり(あの時代に!)、乱数表を使うのが禁じられたりとか面白い。今はどうしているんだろうね。絶対やってると思うけど。今ならいろんな技術が使い放題だしな。

東京ドームなんか天井からのカメラで球種盗み放題で、電光掲示板に微妙な記号を映してたりして。

関西縦断ブログ旅のゴール後お祝いをした王将は洛西芸大前店?

さきちゃんと宮村さんが会ってたのは多分ここだと思うんだけど、違う?前に行った事があるんだけど。

http://www.ohsho.co.jp/shop/index.php?a=shop_detail&shop_id=171

2009年1月15日 (木)

「おみくじ」をkeisan.casio.jpにUP!

さっきの「じゃんけん」と同じ、高精度とは何の関係もないシリーズ。おみくじです。

これ↓

おみくじ

リンク先には書いてないですが、くじの割合は

・超大吉 1%

・大吉 5%

・中吉 20%

・小吉 30%

・吉  38%

・凶  5%

・大凶 1%

ですよ。こういうのは一発芸みたいなもので、思いついたときに作っちゃった。

「じゃんけん」をkeisan.casio.jpにUP!

今までと全く違う自作式を思いついた。じゃんけんだ。

じゃんけん

高精度計算とは全く関係ないけど(笑)。実は乱数を入力に選べたり、項目選択とか、数字を表示する代わりに文字も出せることのでこんなことができるんだね。

なぜこれを思いついたかというと、昔読んだfortranの教科書に面白いことが書いてあったから。

じゃんけんのプログラムを書け、というと大抵の人はまず乱数でコンピュータの手を選んで、人間の手を入力して、比較して勝敗を決めるようなアルゴリズムを書く。でもそんなことしなくても結局1/3の確率なんだから、人間の手に関係なく1/3の確率で勝ち、負け、あいことだせばいい、と。

あー、そりゃそうだ。で、そういうアルゴリズムで実装。でも何か気持ち悪いね。

しかし乱数が使えるなら、ゲームみたいなこともできるかも。

Weierstrass関数をkeisan.casio.jpにUP!

高木関数をupしたので次はワイエルシュトラス関数を。

ワイエルシュトラス関数の図示

Weierstrass02

図示するとこんな感じ。

Weierstrass01

すき家の豚とろ角煮丼は美味しいです。

最近はあんまりファーストフード的なものには行かないんだけど、たまたま入ったすき家で食べたのが豚とろ角煮丼。

http://www.zensho.com/menu/kakuni.html

食べたのはサラダ付きの特盛だったんだけど、これはなかなか美味しかったです。800円台くらいだったと思う。お好み焼き風の牛丼が出たときは迷走してるなーと思ったんだけど。

2009年1月14日 (水)

大仙寺のお墓参りは寒かった。

お正月に実家に帰ったときのお墓参り。とんでもなく高いところにあるお寺で、雪も降っていて寒かった。でもやっぱりお墓参りは大切ですよ、いくら科学者とか技術者でも。宗教に興味が無くても。日本人だからね。

Ohaka01 Ohaka02_2

Ohaka03

2009年1月13日 (火)

おんぶおばけとは懐かしすぎる。/新・オバケのQ太郎のOPは神曲。

さっきリンカーンを見ていたら、「お」のつく昭和アニメを上げろ、という問いで、皆がおそ松くんとオバケのQ太郎をあげる中、ぐっさんが「おんぶおばけ」を上げていて大爆笑。懐かしすぎるー。

しかし新・オバケのQ太郎のオープニング曲もあの山本直純さん作なんだけど、アレンジが秀逸。

ちなみに天野君はオタスケマンを上げていました。

で、私は男どあほう甲子園を思いついた(アニメ化されてない?)。

高木関数の図示をkeisan.casio.jpにUP!

連続だが、至るところで微分不可能な曲線、高木曲線を描く自作式をUPしてみた。

Takagi

これ↓

高木関数の図示

結果はこんな感じ。しかし高木貞治さん(あの解析概論の方)は1903にこんなことを思いつくのがすごいなあ。

Takagi02

解析概論は私が大学に入ったときにまず最初にMUST READだと言われていた本です。今の学生はどうなんだろう。

初詣の次は二村神社に行ってきた。

春日神社を出た後に...

Futamura01

その足で二村神社に。黄色い人はうちのおやじ。

Futamura02

Futamura03 Futamura04

Futamura05 Futamura06

2009年1月12日 (月)

Duffing方程式の解をkeisan.casio.jpにUP!

Excelで計算シリーズでもやったけれど、Duffing方程式の計算をkeisan.casio.jpに移植してみた。これ↓

Duffing方程式を解く。

Duffingeq

アルゴリズムはDormand-Prince(8次)はちょっと複雑すぎるし、普通のRunge-Kutta(4次)ではあまりにも面白くないのでCash-Karp(5次)にしてみた。

係数はNumerical Recipes in Cに載っていたもの。

一応、これで微分方程式の標準ライブラリは作ったので、いろいろ掲載しようかな。

「祈りの海」を読んだ。

最近、昔のSFばかり読んでいたので少しは現代的なものを、と思って読んだグレッグ・イーガンの短編集「祈りの海」。

エイズとか、ストレンジ・アトラクターとか、平行宇宙とかが出てきてやはり同時代の作家さんという感じがして面白い。アイデアがとにかく秀逸です。表題の「祈りの海」も、自分が信じていたものが実はまやかしだったということの説明が面白いです。が、最初読んだとき、ここに出てくる人間は普通の我々の人間の容姿のイメージだったのが、途中で「母親(兄にとっては父親)」、という表現からあれ?という感じになって、最後には「よんでますよ、アザゼルさん」にでてくる半魚人みたいなイメージに(違うか?)。

2009年1月11日 (日)

keisan.casio.jpにN次方程式の解をUP!

5次方程式6次方程式とUPしてきたけれど、7次、8次・・・とやっていくのも芸が無いのでここで一気にN次方程式の場合を作ってみた。いつものようにDKA法を使用したもの。

これ↓

N次方程式の解

ただしN≦20。これは別に制約があるから、というより、係数を入力するのがめんどくさいから。

さて、こういうのを使う例があるのかどうか、ということだけれど、確か数値積分の分点を求めるのに使うことがあるくらいかなあ。

あー、あと毛色が違いますがヒルベルトの23の問題

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%AE23%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C

の中の第13問題は一般7次方程式を2つの変数を持った関数で解けるか?といった話だった。多分、もう研究している人はいないと思うけど...

2009年1月10日 (土)

初詣は春日神社に行ってきた。

実家の近くの春日神社に行ってきた。絵馬が有名。

Kasuga05ema Kasuga06ema

Kasuga07ema Kasuga08ema

Kasuga09ema Kasuga01_2

Kasuga02 Kasuga03

Kasuga04

2009年1月 9日 (金)

「手紙」、「変身」(東野圭吾)を読んだ。/カリュウドを覚えてる?

年末にまとめて読んだ。変身は、一言で言うと望月あきらの「カリュウド」です(というとみもふたもないですが)。ってこれを覚えてる人のほうがもう少数派かなあ。小指がうずく。カリュウドで私がトラウマになっているのは人間ジュース(やだなあ)。あ-、楳図かずおの洗礼という噂もあるけど。あ、誤解のないように言っておくと別にパクリではないので、念のため。面白いですよ。

手紙は、もう何もいうこともないベストセラーですが、社長の発言がやはり心に残ります。

しかし手紙、変身とも献身的な恋人が出てくるところが共通かな。現実はこんなに献身的な人はいないよね...

2009年1月 8日 (木)

ハイライト(今度は衣笠店)に行ってきた。

御池、十条に続いて衣笠店に行ってきた。平野神社の前です。

Photo

2

またチキンカツ定食を。ここはデミソースでした。後は百万遍か...学生の時以来だけど何か逆に行きにくいな。

2009年1月 7日 (水)

「世界の中心で愛を叫んだけもの」を読んだ。

エヴァンゲリオンの最終話でも、「誰か助けてください」、でもありません。オリジナルの世界の中心で愛を叫んだけものです。

表題作は短い作品だけど、全部のテーマがヴァイオレンス(死語?)に満ちて、表題作から派生したものとも読めるなあ。狂気とか悪意がどこから来てるかとか。

しかし天国を作るためには天国以外を全て犠牲にしてもいいのかとか。

裁判での最後の言葉は介入した瞬間の話なのかな。

2009年1月 6日 (火)

福知山の「かき末」に行ってきた。

家族で福知山のかき末さんへ行ってきた。とにかくかきが一杯食べられる。

http://r.tabelog.com/kyoto/A2608/A260802/26003037/

なべ用のかきの多さにびびったんだが、カメラを持ってくるのを忘れた上に、携帯でもとり忘れて食べたあとの写真しか撮っていない。。。でもおいしかったです。5500円の上定食でなくても4500円の普通の定食で充分お腹一杯。

Kaki01 Kaki04

Kaki02_2 Kaki03

3月までの期間限定なんで、急いでどうぞ。

2009年1月 5日 (月)

神泉苑平八を通りかかった。

うどんちりで有名なところです。寄ろうと思ったんだが全く時間がなく、通り過ぎた...

Photo_3

http://www.heihachi-web.com/

2009年1月 4日 (日)

西宮ガーデンズを遠くから見た。

西宮北口に用があって行って来たのですが、この前できたばかりの西宮ガーデンズがあった。が、あまりに人が多く、寄るのを断念。どこからこんなに人が...

Photo

で普通に用をすませて西宮北口から帰ってきました。

Photo_2 

2009年1月 3日 (土)

ExcelでIFSでシダを描いてみる。

反復関数系(IFS)でシダのような形を書く例がwikipediaに出てる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E5%BE%A9%E9%96%A2%E6%95%B0%E7%B3%BB

これならセル入力だけでできるな、と計算。

Shida

なるほどそれっぽい。乱数は=rand()で、反復は=IF(AND( , ) , AND( , )・・・とかするだけでOK。

2009年1月 2日 (金)

「人間は何を食べてきたか」と「豚のPちゃんと32人の小学生」

だいぶ前に見て感銘を受けたNHKの「人間は何を食べてきたか」。この中で、ドイツで豚を殺して解体して全ての部分を無駄なく(血も血のソーセージにして)、文字通り全て食べてしまうところがすごかった。一見残酷なようだけれど、人間が食べて生きていくというのはこういうことだなあと。お勧めです。

一方、「豚のPちゃんと32人の小学生」てのもある。「ブタがいた教室という映画」にもなったね。

これと上とは全く違うだろう。ペットを食べるとしか子供は思えないよな。しかも生きるためでもなく。でもなぜかアマゾンのレビューで否定的な意見に対し☆が少ないけど...とにかくこういうことを議論する前に、上のをまず見たほうがいいです。

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。

        

                       

                   

                        

       

2009には見えないか...

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

最近のコメント

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ