« 関西縦断ブログ旅のゴール後お祝いをした王将は洛西芸大前店? | トップページ | Excelでクロソイド曲線を描いてみる。 »

2009年1月16日 (金)

「甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯」を読んだ。

NHKのドラマ「フルスイング」が年末再放送していて、なかなか良かったのでモデルになった高畠さんについての本を読んでみた。

高畠さんに関してはただただすごい人がいたんだなあ、という感じですが、この本で興味深かったのは諜報戦のお話。

南海がいかにスパイをしていたかとか、無線+バイブレータで球種を教えたり(あの時代に!)、乱数表を使うのが禁じられたりとか面白い。今はどうしているんだろうね。絶対やってると思うけど。今ならいろんな技術が使い放題だしな。

東京ドームなんか天井からのカメラで球種盗み放題で、電光掲示板に微妙な記号を映してたりして。

« 関西縦断ブログ旅のゴール後お祝いをした王将は洛西芸大前店? | トップページ | Excelでクロソイド曲線を描いてみる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/43719358

この記事へのトラックバック一覧です: 「甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯」を読んだ。:

« 関西縦断ブログ旅のゴール後お祝いをした王将は洛西芸大前店? | トップページ | Excelでクロソイド曲線を描いてみる。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ