« 数当てゲームをkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | 晴明神社に行ってきた。 »

2009年1月17日 (土)

私と阪神大震災

今日で阪神大震災から14年目ですよね。

私が今の会社に就職して、まさに1年目、新人の時に阪神大震災が起きました。京都にいたのだけれど、朝にはちょっと強めに揺れたくらいで全然こんなことになるとは想像もしなかった。テレビで死傷者の数が報道されていて、数人、数十人、とかいった報道のときには結構強かったんだなー、とまるで他人事のように思っていました。それがどんどんお亡くなりになった方の数が増えていくにつれ、そして当時の直属の上司と連絡が取れなくなるにつれ、そんな甘い考えは吹っ飛びました。

その行方不明の上司の方を探すために、震災の翌日、人事部の方と二人で、重い荷物(水とか食料)と担いで西宮北口から歩いて芦屋のほうに捜索にでかけました(西宮北口のトイレはすごかったです)。で、その住所に来たときに家が全壊していたときの絶望感。お隣のつぶれた家から荷物を取りに来ていた方からの情報で、避難場所をお聞きして、無事だとわかった時の安心感。本当に良かった。私は本当に幸運でした。この方も含め、この震災で神戸方面にいた私の知り合いは皆無事で、私は本当に幸運だったと思います。でも多くの方々が大事な方を亡くしている。そう思うと喜ぶことなど到底できはしない。

いやだな、と思っていたのは東京のテレビがまるで他人事のような報道をしていて、東京で起きたときにはどうすればいいかとか、東京ではこれを教訓にどうすればいいか、言っていたこと。そんなことはどうでもいいから助けに来い、と。どこかのキャスターが現場に来てだけでほめられてたのもあほか、と。

あともっといやだったのが、もう転記するのもいやな2チャンネルの書き込み。それまでは結構書きこんだりしたこともあったんだけれど、人間はここまでダメになれるという見本のようなもの。

« 数当てゲームをkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | 晴明神社に行ってきた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/43768475

この記事へのトラックバック一覧です: 私と阪神大震災:

« 数当てゲームをkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | 晴明神社に行ってきた。 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

フォト