« フィボナッチ数列を使った面積のパラドックス(解答編) | トップページ | 「詩的私的ジャック」を読んだ。 »

2009年2月25日 (水)

小柴さんとニュートリノの説明はひどくない?(ベストハウス123)

ベストハウス123は好きで良く見てるんだけど、今日の小柴さんというかニュートリノの説明がむちゃくちゃ。

①物質を小さく分けていくと原子になってもっと分けるとニュートリノになる(なんでやねん!)

  あの文脈ならクォークかな。

②カミオカンデは物質の崩壊を見るために作られた(これは当たらずといえども遠からず?)

  陽子です。

③ニュートリノを発見したのはカミオカンデが初めてだ。

 1950年代にもう検出されていた。ちなみに太陽ニュートリノも1960年代には検出されていた。

小柴さんのノーベル賞受賞理由は超新星爆発のときのニュートリノを検出して、それがニュートリノ天文学の始まりになったってことだと思うんですけど。

茂木さんもこういうのには詳しくないのかな?あと浜松ホトニクスのことも触れてあげて(いや、何の関係もないのだけれど)。あとはお亡くなりになった戸塚さんのこととか。

« フィボナッチ数列を使った面積のパラドックス(解答編) | トップページ | 「詩的私的ジャック」を読んだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/44176599

この記事へのトラックバック一覧です: 小柴さんとニュートリノの説明はひどくない?(ベストハウス123):

« フィボナッチ数列を使った面積のパラドックス(解答編) | トップページ | 「詩的私的ジャック」を読んだ。 »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ