« センター試験に出てるBASICプログラムをそのままkeisan.casio.jpに移植。 | トップページ | スーパーボウルで国家を歌うジェニファー・ハドソンは良かった! »

2009年2月 3日 (火)

ExcelでRutherford散乱を解いてみる(Dormand&Prince)。

元ネタはこの「計算物理」ですが、

ラザフォード散乱:

Rutherford01

をDormand-Prince(ルンゲクッタ8次)で計算してみた。

結果はこれ。

Rutherford02

これものすごく時間がかかる、というかデータ量が膨大になってしまう。エクセルは32000行くらいまでしか図示できないので、ちょっと計算する領域を狭くした。ここらへんがExcel単体の限界か(Gnuplotとか使えばいいんですが)。

« センター試験に出てるBASICプログラムをそのままkeisan.casio.jpに移植。 | トップページ | スーパーボウルで国家を歌うジェニファー・ハドソンは良かった! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/43741165

この記事へのトラックバック一覧です: ExcelでRutherford散乱を解いてみる(Dormand&Prince)。:

« センター試験に出てるBASICプログラムをそのままkeisan.casio.jpに移植。 | トップページ | スーパーボウルで国家を歌うジェニファー・ハドソンは良かった! »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ