« カドケシスティックを買った。 | トップページ | ユニクロUT ZoomのCMソングはFantastic Plastic Machine »

2009年4月25日 (土)

Excel VBAで複素数/FFTが使えるライブラリ

Excel VBAで複素数が使えて、かつ高速フーリエ変換(FFT)も複素数のまま扱えるライブラリを作ってみた。これ↓

「Complex_FFT.bas」をダウンロード

複素数は構造体で、

Public Type Complex
    x As Double
    y As Double
End Type

のように定義してある。内容は:

・複素数の四則演算、べき乗、指数、対数、共役とatan2

・複素数のFFT

くらい。

複素数を

Dim Z as Complex

のように定義して、

値の代入:Z = ToComplex(1,0) 変数どおしならZ1 = Z2のようにできる。

共役:Z=Conj(Z1)、実部:x = Rez(Z)、虚部:y=Imz(Z)

足し算 :Z = Cadd(Z1, Z2)、引き算:Z = Csub(Z1, Z2)、掛け算 :Z = Cmul(Z1, Z2)、割り算:Z = Cdiv(Z1, Z2)、べき乗:Z = Cpow(Z1, Z2)

指数:Z = Cexp(Z1), 対数:Z = Clog(Z1) あとついでにatan2(x, y)も。

FFT:Call FFT(Z, n, 1) あるいはCall FFT(Z, n, -1) →最後の符号は順・逆変換

ですよ。エラーチェックも何もしてないのでご了承を(何かあっても責任はとれません。。。)

« カドケシスティックを買った。 | トップページ | ユニクロUT ZoomのCMソングはFantastic Plastic Machine »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/44786604

この記事へのトラックバック一覧です: Excel VBAで複素数/FFTが使えるライブラリ:

« カドケシスティックを買った。 | トップページ | ユニクロUT ZoomのCMソングはFantastic Plastic Machine »

最近のコメント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ