« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

「宇宙の戦士」(ハインライン)を読んだ。

ガンダムとかのロボット(というかパワードスーツ?)の戦争ものの元になった小説(とともに映画、スターシップ・トゥルーパーズの原作)ということで読んでみました。

確かにスーツの描写はかっこいい。でもやっぱりファシズムぽいね、とだけ思っていたのだが。。。でもwikipediaで見るまで、最後の方のセリフ「タガログ語」の意味がわかってなかったし、全然表面的な読み方しかできてなかったです。

2009年4月29日 (水)

Fermi-Pasta-Ulam問題をExcelシンプレクティック8次で計算(VBAソース付き)

一周年記念ソース公開シリーズ第三弾。フェルミ・パスタ・ウラム問題(FPU問題)をExcelの

VBAで計算。アルゴリズムはシンプレクティック8次。

(元論文ではleap-frogだと思うけれど↓)。

http://www.physics.utah.edu/~detar/phycs6720/handouts/fpu/FermiCollectedPapers1965.pdf

使った式はこれ。

Fpueq_2 

α=1/4、N=32としてシンプレクティック8次でモード毎のエネルギーを計算した結果がこれ。

Fpu090425

ソースはこちら。

「FPU.txt」をダウンロード

計算には結構時間かかりますよ。

2009年4月28日 (火)

Ising模型の平均場近似をkeisan.casio.jpにUP!

Ising(イジング)模型の平均場近似で磁化を計算する自作式をkeisan.casio.jpにUPしてみた。

Ising模型の磁化(平均場近似)

計算式は m = tanh(m/t) で、ニュートン・ラフソン法で計算。
ここでm=M/M∞、t=T/Tc、Tc=zJ/k (zは隣接するスピンの数、Jは相互作用)

Ising

こういうのがあるとわざわざグラフの交点で求める、とかしなくていい。

2009年4月27日 (月)

「暗号解読」を読んだ。

サイモン・シンの「暗号解読」が文庫になっていたのは知らなかった。早速購入。

これは面白かったです。エニグマも名前しか知らなかったものの内容がわかったし、線文字Bの解読もよかった。私の暗号への理解は「踊る人形」lくらいでとまってますしね。さすがに10年前の本なので、DESなどの内容が少し古くなっていますが、それは仕方ない。基本的に数学が苦手な人でも読めると思います。

巻末に1万ポンドの問題が出てますが、残念ながらもうすでにスウェーデンの人たちが解いてしまっています。文庫版ではこの顛末もかいてありますよ。

しかし量子暗号・量子コンピュータの進展はこの10年でもいうほどはなかったなあ(ていうほどこの分野のことは知らないけれど)。

2009年4月26日 (日)

ビュフォンの針をExcel+メルセンヌツイスタで。

この前、メルセンヌツイスタのExcelアドインを手に入れたので、早速乱数を使った問題を解いてみよう。有名なのはBuffon(ビュフォン?ブッフォン?ブュッフォンかも)の針かな。

等間隔に平行線を引いて、そこに針をパラパラと落とす。針の長さをL、平行線間隔をWとしたとき、その針が平行線と交わる確率は

p=2L/(πW)

となる。

100個ばら撒いたとき:

Buffon01

3333個ばら撒いたとき:

Buffon02

3333個のうち、1015個が交わったので

πの近似値として 3.159242...

が得られた。うーん、まあまあかな。

2009年4月25日 (土)

ユニクロUT ZoomのCMソングはFantastic Plastic Machine

ガッチャマンとパックマンでおなじみのユニクロ UT ZOOM!のCM。

http://www.uniqlo.com/utzoom/

曲がやたらかっこいいと思っていたらFantastic Plastic Machineでした。

http://www.fpmnet.com/

http://www.fpmnet.com/news/media.html#web

Excel VBAで複素数/FFTが使えるライブラリ

Excel VBAで複素数が使えて、かつ高速フーリエ変換(FFT)も複素数のまま扱えるライブラリを作ってみた。これ↓

「Complex_FFT.bas」をダウンロード

複素数は構造体で、

Public Type Complex
    x As Double
    y As Double
End Type

のように定義してある。内容は:

・複素数の四則演算、べき乗、指数、対数、共役とatan2

・複素数のFFT

くらい。

複素数を

Dim Z as Complex

のように定義して、

値の代入:Z = ToComplex(1,0) 変数どおしならZ1 = Z2のようにできる。

共役:Z=Conj(Z1)、実部:x = Rez(Z)、虚部:y=Imz(Z)

足し算 :Z = Cadd(Z1, Z2)、引き算:Z = Csub(Z1, Z2)、掛け算 :Z = Cmul(Z1, Z2)、割り算:Z = Cdiv(Z1, Z2)、べき乗:Z = Cpow(Z1, Z2)

指数:Z = Cexp(Z1), 対数:Z = Clog(Z1) あとついでにatan2(x, y)も。

FFT:Call FFT(Z, n, 1) あるいはCall FFT(Z, n, -1) →最後の符号は順・逆変換

ですよ。エラーチェックも何もしてないのでご了承を(何かあっても責任はとれません。。。)

2009年4月24日 (金)

カドケシスティックを買った。

いつでも角で消せるというカドケシにスティックタイプが出ていたので買ってみた。

Kadokeshi

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/kadokeshi/kadokeshistick/

ちょっとロケット鉛筆を思い出した。ネジってだんだん繰り出していくんです。詰め替えもできるのでお得ですよ。

さて、これを携帯ストラップにでも付けてみるか。

2009年4月23日 (木)

Chicagoのベストを買ってきた。

昨日、LoudnessのThunder in the eastを買ったときに安かった(1500円!)ので一緒に購入。シカゴのベストだ。

素直になれなくて、とかSaturday in the parkよりもわたしのシカゴのイメージは長い夜(25 or 6 to 4:なんでこのような邦題に。。。)かな。ブラスロックというものがめちゃくちゃかっこいいのを知ったのはこの曲から。ずっとこれを聞きながら会社に行っている。

魔球王を買ってみた。

いろんな魔球が投げられるというおもちゃ「魔球王」が安かったので買ってみた。

Photo_2

穴の開き方を変えて変化させるというもの。むかーーーし、スネークボールとかいうおもちゃ(というか景品)があって(多分下着か何かのおまけ)、それはボールが空洞になっていてそのなかに小さい球があって、それで変化させるものだったような。でもちゃんとこれは流体力学的?に考えられてるのかな。

で、家の中でやってみたけど、狭すぎて変化するまえに壁にぶち当たってしまうorz

そりゃそうか。外でやろっと(というかそんな場所が回りにないんだけど)。

2009年4月22日 (水)

LoudnessのThunder in the eastを買った(Limited Edition HQCD版)

たまたまお店で見つけて、樋口さんの追悼も込めて購入。

いやー、さすがにビルボードで74位に入っただけのことはあります。とにかくよくできてますよ、今聞いても。わたしの好きなのは"The lines are down"、"Crazy nights"かな。

ロック・ポップス系ではこのレベルでないと世界とは戦えないですよね。ジャズ・クラシック系では日本人もかなり活躍してるんだけれど。野球で活躍している日本人は多いけど、サッカーは少ない、みたいなものかな。静的には強いが、動的には弱いのかな。

うたださんとかもがんばって欲しいとは思いますけれど(買ってない)。でもこのジャケットってサウスパークのケニーですか?

メルセンヌ・ツイスタをExcelで。

有名な乱数生成アルゴリズム、メルセンヌツイスタをExcelに導入しようと思って本家のサイト

http://www.math.sci.hiroshima-u.ac.jp/~m-mat/MT/mt.html

を見てみると、もうすでにNumerical Technologiesというところが(非商用に限り)無償でExcelのアドインを公開されていた。すばらしい。

http://www.numtech.co.jp/documents/research/20030106/ntrand-freeware-numeric.php

ただし、これを入れると毎回Excelを立ち上げるときこの会社のポップアップが立ち上がりますが、まあこれは仕方ない。

使い方は配列数式というあんまりなじみがないものを使うのでちょっと注意がいるのかな。例えば、10000個のセルを縦に選択して、=NtRandNorm(1000,0,12345,67890)と入力、そして(ここがめんどくさいけど)ShiftとCtrlを押しながらEnterを押す。すると10000個の正規分布乱数が手に入る。ヒストグラムにしてみた。

Gaussrand

ちゃんと釣鐘型のヒストグラムに。VBAからはどうも関数としては使えないのかな?でも初期値とかを作るには充分か。

2009年4月21日 (火)

反射係数⇔インピーダンスの変換をkeisan.casio.jpにUP!

簡単だけれど、あると結構重宝するということでUPしてみた。これです。↓

Γ=(Z-Z0)/(Z+Z0)

インピーダンスを反射係数に変換する。

Z=Z0(1+Γ)/(1-Γ)

反射係数をインピーダンスに変換する。

豊中に海原しおりさんのお店がありました。→脳腫瘍でお亡くなりになったとのこと、、、ご冥福をお祈りします。

たまたま通りかかったのですが、まだ準備中でしたね。

Saori

http://www.shiorinomise.com/info/index.html

感じがよさそうなお店でしたよ。

*2012/10/10追記

海原しおりさん、脳腫瘍で手術受けられたのこと。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/121010/ent12101006330001-n1.htm

術後は良好とのことで、よかったです。

うちの母親も脳関係で大変なことになった(今は治りました)ので人ごとじゃないです。

*2014/1/3 追記

本日、脳腫瘍で豊中の病院でお亡くなりになったとのこと、、、

女性漫才 海原しおりさん死去

ご冥福をお祈りします。

2009年4月20日 (月)

カッシーニの卵形線をkeisan.casio.jpにUP!

一周年なんで久しぶりに高精度計算サイト、keisan.casio.jpに協力してみよう。今回はカッシーニの卵形線だ。

カッシーニの卵形線の図示

式は

(x^2 + y^2)^2 - 2*b^2*(x^2 - y^2) - (a^4 - b^4) = 0

で、パラメータa,bの大小関係で振る舞いが違う。

a>bなら

Kas01

のような卵形。a<bなら2つの輪。

Kas02

a=bならレムニスケート。

Kas03

マンデルブロー集合をExcelで描いてみる(ソース付き)。

一周年記念ソース公開第三弾。Excel VBAでマンデルブロー集合を描いてみる。準備として、セルを小さくしてもらって。。。(セル1つがドット1つのイメージ。設定がめんどくさいんで手動で。。。)。こんな感じで掛ける。色は適当に変えてもらったら。

Mandel

「mandel.txt」をダウンロード

中身はこんな感じ。

Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim a As Double, b As Double
    Dim i As Integer, j As Integer, k As Integer
    Dim amax As Double, amin As Double
    Dim bmax As Double, bmin As Double
    Dim x As Double, y As Double, xdummy As Double, ydummy As Double
    Dim n As Integer, kmax As Integer
   
    Application.ScreenUpdating = False
   
    amax = 1.2
    amin = -2
    bmax = 1.2
    bmin = -1.2
    n = 200
    kmax = 100
   
    For i = 0 To n
        For j = 0 To n
            a = amin + (amax - amin) * i / n
            b = bmin + (bmax - bmin) * j / n
            x = 0
            y = 0
            For k = 1 To kmax
                xdummy = x
                ydummy = y
                x = x * x - y * y + a
                y = 2 * xdummy * ydummy + b
                If Sqr(x * x + y * y) > 2 Then
                    col = k
                    Exit For
                End If
                col = 0
            Next k
            Worksheets("Sheet1").Range(Cells(j + 2, i + 2), Cells(j + 2, i + 2)).Interior.Color = RGB((col * 20) Mod 255, (col * 20) Mod 255, (col * 20) Mod 255)
        Next j
    Next i
   
    Application.ScreenUpdating = True
   
End Sub

鳩@豊中駅 (IXY 20IS)

阪急の豊中駅に銅像があるんだけれど。。。

Ikeda01

Ikeda02

そこにさも銅像と同じように鳩がじっとしている。

Hato01

Hato02

ここまで近づいても逃げない。しかし仲のよろしいことで。。。

Hato03

2009年4月19日 (日)

星新一の「ボッコちゃん」「ようこそ地球さん」を読んだ。

NHKでやっていたこともあって、久しぶりに星新一さんのショート・ショートを読んでみた。

だいぶ昔(1960年代)の話だけれど、やっぱりすごく面白いです。どっちかというとようこそ地球さん収録のように宇宙の話よりは、日常にちかい「殺し屋ですのよ」とか「おーい でてこーい」みたいなのがよかった。まあ科学的な話は時間がたつとどうしても古くなるから。。。ガガーリンの話とかね。

でもまた興味が出てきたので集めてみようかな。何話あることやら。。。

ソフトバンクのCMでさだまさしが歌う曲の歌詞を全部読むと実は結構いい。

「わたしは犬になりたい\490」という曲で、あの味噌汁つかない、って歌ってるやつですが。

http://mb.softbank.jp/mb/special/song/

CMだけ見ると本当に電波ソングというか、なんのこっちゃわからない。でもこの↓

http://mb.softbank.jp/mb/special/song/lyric.html

歌詞を全部読むと何故味噌汁がつかないのかわかる。犬になりたい理由がしみじみ。

シングルも4/29発売だそうです。

2009年4月18日 (土)

シンプレクティック8次公式のExcel VBAのプログラムソース

一周年記念のソース公開シリーズ第二段。

まず係数は吉田春夫さんの論文 "Construction of higher order symplectic integrators", Physics Letters A,Volume 150, number 5,6,7(1990)から引っ張ってくることにした。いろいろ書かれている中で、8次の公式のSolution Cを使うことにした。論文ではwiで書いてあるのを使いやすいようにciとdiに書き直す。

i ci di
0 0 0
1 0.314515325 0.62903065
2 0.999190057 1.369349464
3 0.152381158 -1.064587148
4 0.299385476 1.6633581
5 -0.007805591 -1.678969283
6 -1.61921866 -1.559468038
7 -0.623838613 0.311790812
8 0.985390848 1.658990885
9 0.985390848 0.311790812
10 -0.623838613 -1.559468038
11 -1.61921866 -1.678969283
12 -0.007805591 1.6633581
13 0.299385476 -1.064587148
14 0.152381158 1.369349464
15 0.999190057 0.62903065
16 0.314515325 0

(間違っていても責任はとりません。。。)ここで、

qi=qi-1 + dt ci pi-1/m

pi=pi-1 - dt di ∂U(qi)/∂q

プログラムはこちら。以前に書いた8の字を描く三体問題の例です。こんな感じで。

8noji3body

「symplectic8.txt」をダウンロード

適当に配列とかnの値を変えてもらえば。

Option Explicit

Dim qx(5) As Double, px(5) As Double
Dim qy(5) As Double, py(5) As Double
Dim n As Integer

Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim w(7) As Double
    Dim c(16) As Double
    Dim d(16) As Double
    Dim dt As Double
    Dim i As Integer, k As Integer, j As Integer
    Dim pi As Double
    Dim ang As Double
   
    Application.ScreenUpdating = False
   
   
    w(1) = 0.311790812418427
    w(2) = -1.55946803821447
    w(3) = -1.6789692825964
    w(4) = 1.66335809963315
    w(5) = -1.06458714789183
    w(6) = 1.36934946416871
    w(7) = 0.629030650210433
    w(0) = 1# - 2# * (w(1) + w(2) + w(3) + w(4) + w(5) + w(6) + w(7))
   
    d(1) = w(7)
    d(15) = w(7)
    d(2) = w(6)
    d(14) = w(6)
    d(3) = w(5)
    d(13) = w(5)
    d(4) = w(4)
    d(12) = w(4)
    d(5) = w(3)
    d(11) = w(3)
    d(6) = w(2)
    d(10) = w(2)
    d(7) = w(1)
    d(9) = w(1)
    d(8) = w(0)
    d(16) = 0#
   
    c(1) = 0.5 * w(7)
    c(16) = 0.5 * w(7)
    c(2) = 0.5 * (w(7) + w(6))
    c(15) = 0.5 * (w(7) + w(6))
    c(3) = 0.5 * (w(6) + w(5))
    c(14) = 0.5 * (w(6) + w(5))
    c(4) = 0.5 * (w(5) + w(4))
    c(13) = 0.5 * (w(5) + w(4))
    c(5) = 0.5 * (w(4) + w(3))
    c(12) = 0.5 * (w(4) + w(3))
    c(6) = 0.5 * (w(3) + w(2))
    c(11) = 0.5 * (w(3) + w(2))
    c(7) = 0.5 * (w(2) + w(1))
    c(10) = 0.5 * (w(2) + w(1))
    c(8) = 0.5 * (w(1) + w(0))
    c(9) = 0.5 * (w(1) + w(0))
   
    n = 3
   

    qx(1) = 0.97000436
    qy(1) = -0.24308753
   
    px(1) = -0.5 * 0.93240737
    py(1) = -0.5 * 0.86473146
   
    qx(2) = -0.97000436
    qy(2) = 0.24308753
   
    px(2) = -0.5 * 0.93240737
    py(2) = -0.5 * 0.86473146
   
    qx(3) = 0#
    qy(3) = 0#
   
    px(3) = 0.93240737
    py(3) = 0.86473146
   
    Worksheets("Sheet1").Cells(1, 2) = 0#
    For j = 1 To n
        Worksheets("Sheet1").Cells(1, 1 + 2 * j) = qx(j)
        Worksheets("Sheet1").Cells(1, 2 + 2 * j) = qy(j)
    Next j

   
    dt = 2.1 / 1000
   
    For i = 1 To 1000
        Worksheets("Sheet1").Cells(i + 1, 2) = dt * i
        For k = 1 To 16
            For j = 1 To n
                qx(j) = qx(j) + dt * c(k) * px(j)
                qy(j) = qy(j) + dt * c(k) * py(j)
            Next j
            For j = 1 To n
                px(j) = px(j) + dt * d(k) * fx(j)
                py(j) = py(j) + dt * d(k) * fy(j)
            Next j
        Next k
        For j = 1 To n
            Worksheets("Sheet1").Cells(1 + i, 1 + 2 * j) = qx(j)
            Worksheets("Sheet1").Cells(1 + i, 2 + 2 * j) = qy(j)
        Next j

    Next i

    Application.ScreenUpdating = True
   
End Sub

Function fx(k As Integer) As Double
    Dim i As Integer
    Dim f As Double, R As Double
    Dim G As Double
    G = 1
   
    f = 0
    For i = 1 To n
        If i <> k Then
            R = Sqr((qx(i) - qx(k)) ^ 2 + (qy(i) - qy(k)) ^ 2)
            f = f + G * (qx(i) - qx(k)) / (R ^ 3)
        End If
    Next i
    fx = f

End Function

Function fy(k As Integer) As Double
    Dim i As Integer
    Dim f As Double, R As Double
    Dim G As Double
    G = 1
      
    f = 0
    For i = 1 To n
        If i <> k Then
            R = Sqr((qx(i) - qx(k)) ^ 2 + (qy(i) - qy(k)) ^ 2)
            f = f + G * (qy(i) - qy(k)) / (R ^ 3)
        End If
    Next i
    fy = f

End Function

売布神社へ行ってきた。

売布とかいて「めふ」と読むそうです。阪急で行って来ました。中山寺のお隣。

まず地図で場所を確認。

Mefu13_2

で歩いていきました。

Mefu01

Mefu02

Mefu03

3月末くらいだったんでまだそんなには咲いてなかったでした。

Mefu04

Mefu05

Mefu06

Mefu07

Mefu08

Mefu09

Mefu10

おとなりは黙想の家です。反対側のお隣は売布小学校。

Mefu12

午後の紅茶サーフィン編のCMソングはブッカーTのjamaica song

蒼井優さんが出ている午後の紅茶のCMにはBooker T.のjamaica songが使われてますね。

http://www.beverage.co.jp/product/cm/gogo/index4.html

ハナレグミがカバーしてたりするそうですよ。

Booker T. and the MG'sはこのGreen Onionsという曲が有名です。

残念ながら下のベスト版には入ってないです。ソロのEvergreenというアルバムらしい。

2009年4月17日 (金)

電線を見るとカテナリを思い出す。

こうやって電線が垂れ下がっているのをみると、

Katenari

懸垂線として知られているカテナリになってるのかな?といつも思う。

カテナリはy=cosh(x)ですが。

Katenari2

2009年4月16日 (木)

鋼の錬金術師 22巻を買った。

アニメでも最近やってる鋼の錬金術師。漫画のほうはいよいよ大団円に向かうがごとく、かつての仲間が合流。マリア・ロスとハボックがでてくるのがうれしいですね。

桂川沿いの花(IXY 20IS)

鳥羽の大石付近に咲いていた花を撮影。

Hana01

Hana02

やっぱり虫がいますね。

Hana03

こんなのも咲いてた。

Hana04

2009年4月15日 (水)

桃の缶ジュースいろいろ。

まずはとろとろ桃のフルーニュ。マンゴーも入っていてヨーグルトっぽい味。

01_3

02_3

次はGokuri。一番桃っぽいかな。

Gokuri01

次は白桃カルピス。確かにカルピスだ。美味しいけどノーマルカルピスの方がわたしは好き。

01_4

02_4

03_2

いろいろ出てるけれど、不二家のピーチネクターが一番好きだったりする。最近あんまりみないけど。

Photo

RFワールドNo.6の表紙に推薦しておきます。

1号線沿いのNTT。私はこういうのを見るとすぐに写真を撮りたくなる。巨大建造物好きでして。

Ntt01

Ntt02

Ntt03

2009年4月14日 (火)

長岡天神の桜

もう散ってますが、先週の写真を。

05_2

01_2

02_2

03

04

クルトガ(ハイグレード)を買った。& クルトガの特許

先が回転して尖るシャープペンシル、クルトガですが、最近持っている人が多いんでここらで差をつけようと、ハイグレードタイプを買ってみた。

http://www.mpuni.co.jp/newsrelease/2009/1236668862.html

01

02

税込み1050円ですよ。

この特許(PCT)も検索で来られる人が多いので再掲しときますよ。

http://www.wipo.int/pctdb/en/wo.jsp?WO=2007142135

ブルーが売れてるみたいですね。↓

2009年4月13日 (月)

ローレンツ方程式をExcel VBAでDormand-Prince8次で計算する(ソース付き)。

一周年ということで、今までのExcelで計算シリーズのソースでも公開していこうと思う。まずはRunge-Kutta8次であるDormand-Prince法でローレンツ方程式を計算したもの。

Lorenz

で、係数の表は以下の通り。これは埋め込み型の公式で、自動刻み幅調整もできるけどプログラムではパス(めんどくさい。遊びでやってるんだし)。

Rk8

VBAのプログラムリストは以下の通り。適当にボタンを作って、それを押すと計算するようにしたらいいです。

「Lorenz-eq-Dormand-Prince8.txt」をダウンロード

パラメータはσ,r,bですが、変数としてはs,r,bbとしています。

関数f1,f2,f3を好きなものに変えるといろんな常微分方程式が計算できますよ。

計算結果をGnuplotで書くと、おなじみのグラフになります。

Lorenzgnuplot

~ プログラムの中身 ~

Option Explicit

Dim s As Double, r As Double, bb As Double

Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim x As Double, y As Double, z As Double
    Dim xd As Double, yd As Double, zd As Double
   
    Dim kx(13) As Double
    Dim ky(13) As Double
    Dim kz(13) As Double
    Dim a(13) As Double
    Dim b(13, 13) As Double
    Dim c(13) As Double
       
    Dim t As Double, dt As Double
    Dim i As Long, j As Integer, k As Integer
    Dim pi As Double
    Application.ScreenUpdating = False
   
' パラメータ
    s = 10#
    r = 26#
    bb = 8# / 3#

' 初期値   
    x = 0.01
    y = 0.01
    z = 0
    t = 0
    dt = 1# / 100#
   
    a(1) = 0#
    a(2) = 2# / 27#
    a(3) = 1# / 9#
    a(4) = 1# / 6#
    a(5) = 5# / 12#
    a(6) = 0.5
    a(7) = 5# / 6#
    a(8) = 1# / 6#
    a(9) = 2# / 3#
    a(10) = 1# / 3#
    a(11) = 1#
    a(12) = 0#
    a(13) = 1
    For j = 1 To 13
        For k = 1 To 13
            b(j, k) = 0
        Next k
        kx(j) = 0#
        ky(j) = 0#
kz(j) = 0#
    Next j
   
    b(2, 1) = 2# / 27#
   
    b(3, 1) = 1# / 36
    b(3, 2) = 1# / 12#
   
    b(4, 1) = 1# / 24#
    b(4, 3) = 1# / 8#
   
    b(5, 1) = 5# / 12#
    b(5, 3) = -25# / 16#
    b(5, 4) = 25# / 16#
   
    b(6, 1) = 1# / 20#
    b(6, 4) = 1# / 4#
    b(6, 5) = 1# / 5#
   
    b(7, 1) = -25# / 108#
    b(7, 4) = 125# / 108#
    b(7, 5) = -65# / 27#
    b(7, 6) = 125# / 54#
   
    b(8, 1) = 31# / 300#
    b(8, 5) = 61# / 225#
    b(8, 6) = -2# / 9#
    b(8, 7) = 13# / 900#
   
    b(9, 1) = 2#
    b(9, 4) = -53# / 6#
    b(9, 5) = 704# / 45#
    b(9, 6) = -107# / 9#
    b(9, 7) = 67# / 90#
    b(9, 8) = 3#
   
    b(10, 1) = -91# / 108#
    b(10, 4) = 23# / 108#
    b(10, 5) = -976# / 135#
    b(10, 6) = 311# / 54#
    b(10, 7) = -19# / 60#
    b(10, 8) = 17# / 6#
    b(10, 9) = -1# / 12#
   
    b(11, 1) = 2383# / 4100#
    b(11, 4) = -341# / 164#
    b(11, 5) = 4496# / 1025#
    b(11, 6) = -301# / 82#
    b(11, 7) = 2133# / 4100#
    b(11, 8) = 45# / 82#
    b(11, 9) = 45# / 164#
    b(11, 10) = 18# / 41#
   
    b(12, 1) = 3# / 205#
    b(12, 6) = -6# / 41#
    b(12, 7) = -3# / 205#
    b(12, 8) = -3# / 41#
    b(12, 9) = 3# / 41#
    b(12, 10) = 6# / 41#
   
    b(13, 1) = -1777# / 4100#
    b(13, 4) = -341# / 164#
    b(13, 5) = 4496# / 1025#
    b(13, 6) = -289# / 82#
    b(13, 7) = 2193# / 4100#
    b(13, 8) = 51# / 82#
    b(13, 9) = 33# / 164#
    b(13, 10) = 12# / 41#
    b(13, 12) = 1#
   
    c(6) = 34# / 105#
    c(7) = 9# / 35#
    c(8) = 9# / 35#
    c(9) = 9# / 280#
    c(10) = 9# / 280#
    c(12) = 41# / 840#
    c(13) = 41# / 840#
   
    
    For i = 0 To 10000

        Worksheets("Sheet1").Cells(i + 1, 3) = t
        Worksheets("Sheet1").Cells(i + 1, 4) = x
        Worksheets("Sheet1").Cells(i + 1, 5) = y
        Worksheets("Sheet1").Cells(i + 1, 6) = z
       
       
        kx(1) = f1(t + dt, x, y, z) * dt
        ky(1) = f2(t + dt, x, y, z) * dt
        kz(1) = f3(t + dt, x, y, z) * dt
       
        For j = 2 To 13
            xd = x
            yd = y
            zd = z
            For k = 1 To j - 1
                xd = xd + b(j, k) * kx(k)
                yd = yd + b(j, k) * ky(k)
                zd = zd + b(j, k) * kz(k)
            Next k
            kx(j) = f1(t + a(j) * dt, xd, yd, zd) * dt
            ky(j) = f2(t + a(j) * dt, xd, yd, zd) * dt
            kz(j) = f3(t + a(j) * dt, xd, yd, zd) * dt
        Next j
       
       
        For j = 1 To 13
            x = x + c(j) * kx(j)
            y = y + c(j) * ky(j)
            z = z + c(j) * kz(j)
        Next j

        t = t + dt
       
    Next i
    Application.ScreenUpdating = True
End Sub

Function f1(t As Double, x As Double, y As Double, z As Double) As Double
    f1 = -s * (x - y)
End Function

Function f2(t As Double, x As Double, y As Double, z As Double) As Double
    f2 = -y - x * z + r * x
End Function

Function f3(t As Double, x As Double, y As Double, z As Double) As Double
    f3 = x * y - bb * z
End Function

2009年4月12日 (日)

Fallen Physicist, Rising Engineer

このブログを始めて今日でちょうど一年目。毎日更新を目標にして達成しましたよ。まあ中身はオタクっぽい数値計算とおっさんホイホイの話題しかありませんが。

ところでブログのタイトルについてのお話を少し。

プロフィールにもありますが、もともと理論物理(というか素粒子論)をやりたくて某百万遍辺りにある大学の理学部に入学しました。で、大学院入試で素粒子論には落ちてorz、物性理論を専攻したのですが、教授と折り合いが悪かったこと(研究室一期生なんだけど。伝説の人物とかwebで書かれている( ̄ー ̄)ニヤリ)と、やっぱり自分の能力にどうしても自信がもてなかったこと(少し前にO栗さんとか出た時期だから)、家がそんなに裕福でなかった事からメーカーに就職しました。これがFallen Physicistの部分。

でもエンジニアとして就職してもそんなに自信があるわけではなかったわけですが、若かりしころ2年くらいアメリカのシリコンバレーで働く機会がありました。そのときのボス(ある分野で非常に有名な方)から間接的に私のことを"He is a bright rising star!"(奴はなかなか見所のある新人だ!)と言ってもらったことを聞いて、少しはなじんできたのかなと。それがRising Engineerの部分です(Risingを貰いました)。

今はエンジニアでもなくなってきてるような気もしますが(useless middle manager? - 使えない中間管理職?)、まあ初心忘れずということでタイトルにしています。

2009年4月11日 (土)

やまむらやで1枚1800円のステーキを買った。

ちょっと奮発してお肉のスーパー、やまむらやさんで、一番高そうなハーブ牛のサーロインステーキ、一枚1800円なり、を買いました。二人分で3600円。

で、あーーー、写真撮る前に食べちゃったよ。でも証拠のトレイとレシートを。

Yamamuraya

美味しかったですよん。

キリン一番搾りのCMソングは「若いってすばらしい」

イチローさんや松嶋菜々子さんのでてるやつです。最近、本当に昔の曲ばっかりCMでつかってるなあ。

http://www.kirin.co.jp/about/toku/ad/IS/index.html

作曲は故・宮川泰さん。オリジナルを歌っていたのは槇みちるさん(1966)。てことはわたしが生まれるはるか前なので全然しらないはずなのですが、なぜかよく知っているのはそれだけヒットしてラジオなんかでもずっと流れていたからでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=zA3LNddcD6E

てるてる家族の最終回でも使われたみたい。

クルム伊達公子がやっているキリンフリーのCMソングはプロポーズ大作戦

また昔の曲をCMソングに使っているなあ。

http://www.kirin.co.jp/brands/kirinfree/index.html

この映像も相当懐かしい。作曲はもちろん浪花のモーツァルト、キダタロー先生。

これも全部知ってるのが関西人。ラブアタックとかね。

そういや、「アホの坂田」のイントロが「メキシカンハットダンス」のリスペクト(オマージュ?)だというのも思い出したなあ。探偵ナイトスクープでやってた。

2009年4月10日 (金)

鳥羽大橋の上を歩いてみた。

焼肉小倉優子の先を歩いていくと鳥羽大橋にでます。

Kamogawa01

Kamogawa02

Kamogawa03

Kamogawa04

まわりにはニトリとか、

Nitori01

Nitori02

Macdo

あまり関西では見ない?ポプラというコンビニとか、

Popura

Asahi02

Oushou

などなど。

2009年4月 9日 (木)

焼肉小倉優子を1号線沿いでまた見つけた。

長岡京と向日町にあるのは見たんだけれど。。。

Ogura0001

Ogura0002

1号線沿いにもありましたよ。

2009年4月 8日 (水)

鳥羽の大石(再び)

前に通りかかった鳥羽の大石。今回はもっと近くで撮影しましたよ。3つ石はあるんだけど、

Toba01

Toba02

Toba03

です。でIXY 20ISお得意のマクロ撮影で表面を撮ると。。。

Toba04

Toba05

みたいに。これ見ただけで詳しい人は何の石かわかるんだろうな。

私はこっちの川の方をずっとみてました。

Toba06

2009年4月 7日 (火)

フジタカの看板はウインクする。

自動販売機で有名なフジタカさん。171号線沿いに会社があって、9の字を反転させて目をつけたような看板があるんだけれど。。。その目がウインクしてる!証拠写真はこれ。

Fujitaka001

Fujitaka002

Fujitaka003

Fujitaka004

Fujitaka005

Fujitaka006

気持ち悪いよーーー。でも面白いな。

2009年4月 6日 (月)

クリスタルガイザーのCMはビヨンセ/ポカリスエットのCMは川口春奈ちゃん

最近のクリスタルガイザーのCMにでてるのが、「渡辺直美でない」本物のビヨンセですよ。全く似ても似つかないけれどでも渡辺直美を見ると笑ってしまう。。。でもビヨンセはやっぱりきれい。

http://www.crystalgeyser.jp/cm/index.html

あとCMで気になるのがポカリスエットでサッカーをしている川口春奈ちゃん。

http://www.otsuka.co.jp/adv/

リハウスのCMにも出てたそうです。

まるいの、炎上

この前、FedExの飛行機が炎上したのがウインドシアが原因?という話を書いたけれど、中身にうちの会社のものが入ってないかなあと心配だった。これは大丈夫だったんだけれど、うちの地元の祭りのキャラクター「まるいの」のグッズが炎上したそうだ。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001793007.shtml

うーむ、このキャラクターはどうなんだろう。ゆるキャラとはいえど、あまりにゆるすぎじゃないだろうか。うちの姉によると「小学生の落書き」だそうだけれど。。。

あと「デカボー」とか「イノッキー」とかもあるそうだけれど、びみょーーーー。

http://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/0001797035.shtml

兵庫県はあのはばタンを作り出した県だけに、もう少しがんばってください。

(とはいえ、多分こういうのをやっているのはわたしの同級生とかそんな年齢の人たちなんで皆さん大目にみてください。)

「邦子のかわい子ぶりっ子」はChicというかスネークマンショーというか、こんなにかっこよかったのか!

アメリカに行ってた間に撮り貯めたビデオを見てたら、山田邦子の大昔の映像として「邦子のかわい子ぶりっ子」が流れていた。

すると、あまりのアレンジのかっこよさに驚き。曲は渡辺直樹さん(スペクトラムですよ)。これってChicぽい?この当時流行ってたのかな。

スネークマンショー「咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3」という噂もあるが。

しかしこのスネークマンショーもおぼろげな記憶だともっとテクノっぽかったように覚えていたけど、全然わたしの記憶ってあてにならないなあ。でもかっこいい。

「封印再度」を読んだ。

空港に閉じ込められている間、暇なので日本から持っていった本を読んでいた。これがその一冊。うーん、このシリーズとしてはいまいちだったな。タイトルはしゃれで面白いけれど。

(ネタバレ)でも融点の低い金属って大抵毒性が強いから、刺さなくても飲んだらいいんじゃないの?自殺なら。

あー、それで思い出した。セラミックの開発をしていたとき、絶縁抵抗を測るのにインガリ(インジウム・ガリウム(InGa)合金)を塗ることがあるんだけど、これも常温で液体っぽいものです。絶対に皮膚に触れないように相当気をつけて塗っていたな。いい思い出。

2009年4月 5日 (日)

サンフランシスコのパンフレット

やっと日本に帰ってきましたが、いろいろお土産買った中でいらないなー、と思ったのは最後に閉じ込められたホテルにあったパンフレット(ただですが)。暇なんで20枚くらい集めてきた。下の写真はその一部。

Photo

しかし中身がほとんど無くてどうしたものやら。

2009年4月 4日 (土)

やっと日本に帰れる。

24時間くらい待ってやっと代わりの飛行機がきた。

Cancel1

Calcel2

ではやっと日本に帰ります。疲れたよ。。。

2009年4月 3日 (金)

アメリカのテレビ

ホテルで暇なんでカートゥーンネットワークをずっと見てた。

いかにもアメリカらしいアニメから。。。

Tv1

スターウォーズのライトセーバのおもちゃ。

Tv2

Narutoも宣伝してた。アメリカでもやってるんだー。

Tv3

Bakuganというアニメも。これも日本製?

Tv4

でスターウォーズのアニメもやってた。

Startv

2009年4月 2日 (木)

ユナイテッド航空のお泊りセット

飛行機がキャンセルになってホテルが用意されたのだが、それとともにお泊りセットももらった。これ。

Bag01

Bag02

いろいろ入ってるけど、こんなのいいから早く帰りたい。。。

2009年4月 1日 (水)

細マッチョ/ゴリマッチョのCMソングはなつかしの「The Hustle」

サントリーのプロテインウォーターのCMが面白い。中村獅童さんと松田翔太くんが出てるやつです。

http://www.suntory.co.jp/news/2009/10363.html

http://www.suntory.co.jp/softdrink/proteinwater/cm/index.html

しかしデストロイヤーの覆面なんか今の人は知ってるわけないじゃないか(笑)。

で曲はVan McCoyのThe hustle. これは当時のディスコ(死語)で大流行だった曲ですね。

最近はこれとか、ロッテのFit'sの狼少年ケンとか、OCNのアタックNo.1とか懐かしい曲がCMに使われることが多いなあ。ネタ切れなのかなあ。

サンフランシスコの鴨とか(IXY 20IS)

ぶらぶら歩きながら撮った写真。日本よりでかいぞ。

Bay14

Bay13

Bay15

Bay16

Bay17

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ