« ビュフォンの針をExcel+メルセンヌツイスタで。 | トップページ | Ising模型の平均場近似をkeisan.casio.jpにUP! »

2009年4月27日 (月)

「暗号解読」を読んだ。

サイモン・シンの「暗号解読」が文庫になっていたのは知らなかった。早速購入。

これは面白かったです。エニグマも名前しか知らなかったものの内容がわかったし、線文字Bの解読もよかった。私の暗号への理解は「踊る人形」lくらいでとまってますしね。さすがに10年前の本なので、DESなどの内容が少し古くなっていますが、それは仕方ない。基本的に数学が苦手な人でも読めると思います。

巻末に1万ポンドの問題が出てますが、残念ながらもうすでにスウェーデンの人たちが解いてしまっています。文庫版ではこの顛末もかいてありますよ。

しかし量子暗号・量子コンピュータの進展はこの10年でもいうほどはなかったなあ(ていうほどこの分野のことは知らないけれど)。

« ビュフォンの針をExcel+メルセンヌツイスタで。 | トップページ | Ising模型の平均場近似をkeisan.casio.jpにUP! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/44501560

この記事へのトラックバック一覧です: 「暗号解読」を読んだ。:

« ビュフォンの針をExcel+メルセンヌツイスタで。 | トップページ | Ising模型の平均場近似をkeisan.casio.jpにUP! »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ