« 阪急バス本社 | トップページ | 「名探偵の掟」を読んだ。 »

2009年5月12日 (火)

KdV方程式をExcel VBAで計算してみる(ソース付き)。

一周年記念ソース公開シリーズ。ザブスキーとクルスカルのオリジナルの計算法でKdV方程式を計算してみよう。

最初が正弦波の時は、

Kdvzk

のようになって論文(Physical Revew Letters,vol.15 No.6(1965))と同じ結果になります。

プログラムは以下に↓。

「KdV.txt」をダウンロード

しかし、こういう計算は昔はお金も時間も掛かったんだろうな。

この本にもそういうことが書いてあります。ただしmathematicaを使ってらっしゃいますが。さらにExcelでもできちゃうくらいになってしまっているのは隔世の感が。

わたしも大学2回生くらいで当時PC9801(いや、ちがう、EPSONのコンパチ品だ。PC286とかそんな型番)でQuick Cで計算して、おそいなーーーと思っていた記憶が。一次元でこれなんだから、2次元の反応拡散系は16x16とか32x32とかそんなものしか計算できなかった。

« 阪急バス本社 | トップページ | 「名探偵の掟」を読んだ。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/44992077

この記事へのトラックバック一覧です: KdV方程式をExcel VBAで計算してみる(ソース付き)。:

« 阪急バス本社 | トップページ | 「名探偵の掟」を読んだ。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ