« まんとくん大人気 | トップページ | 何がくさい? »

2009年6月 7日 (日)

数理科学6月号 「現象と物理概念を結ぶ方程式」を買った。

久々に買ってみましたよ。珍しいのはハイゼンベルグ方程式が単独で取り上げられていること。

この記事にも書いてあるけど、朝永さんの量子力学で、この形式でははなはだ解きにくい、という文があってずっとそのイメージを持っていたしなあ。

この記事のオリヴィア・ニュートン・ジョンがボルンの孫だって話は初めて聞きました。びっくり。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3

あとパウリがボルンにもヤンにもよけいなことを言っていた話も。ウーレンベックとカウシュミットの話は有名だけれども。

ちなみにこの本のどれかの記事を書いてる人は私の大学院のときの指導教官ですよ。

« まんとくん大人気 | トップページ | 何がくさい? »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/45268774

この記事へのトラックバック一覧です: 数理科学6月号 「現象と物理概念を結ぶ方程式」を買った。:

« まんとくん大人気 | トップページ | 何がくさい? »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ