« 六甲ライナーに乗ってきた。 | トップページ | 六甲アイランド、マリンパーク付近をぶらぶら »

2009年10月13日 (火)

「世界は分けてもわからない」を読んだ。

「生物と無生物のあいだ」に引き続き、こちらも読んでみました。途中まではタイトルどおりの内容でしたが、中頃からからなんとベル研のシェーンを描いた「論文捏造」のように、生化学の分野での論文捏造ドキュメントに!若い大学院生のマーク・スペクター(とエフレイム・ラッカー)がシェーン(とバトログ)のように論文を捏造していくさまはもう圧巻。。。

でもこれはこれですごく面白い。ボスが責任を取っていないところも同じだなあ。

« 六甲ライナーに乗ってきた。 | トップページ | 六甲アイランド、マリンパーク付近をぶらぶら »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/46476930

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界は分けてもわからない」を読んだ。:

« 六甲ライナーに乗ってきた。 | トップページ | 六甲アイランド、マリンパーク付近をぶらぶら »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ