« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

BEGINの「島人ぬ宝」が松山千春の「大空と大地の中で」にしか聞こえない。

先週、実家に帰ってうちの姉と話をしていたとき、たまたまテレビでビギンの島人ぬ宝がかかっていた。で鼻歌で歌いだしたのだが、途中で何か別の曲に変わっていって「あれ?なんだこれ?」とか言っていたらうちの姉が「それは大空と大地の中でやで。あんたこれ同じなんしらんかったの?」とか言い出した。あーーーそうかーーー。同じだー。

BEGINのこの曲は大好きなんだけれど、

松山さんのこの曲も私のカラオケレパートリーなんでした。

しかし沖縄の人が北海道の曲をパクるとは。。。という文化圏の話で激論がありましたとさ。

ExcelでCDSモデルを-保存系編

昨日に引き続き保存系編。

φ_t+1(n)  = φ_t(n) + I_t(n) - <<I_t(n)>

I_t(n)  = f(φ_t(n)) - φ_t(n)+ D[<<φ_t(n)>>-φ_t(n)]

で、

f(x) = 1.3*tanh(x)

かつ

<<φ>>=∑(最近傍のφ)/6 + ∑(第二近傍のφ)/12

だ。

Cdsconserved

これもそれっぽいな。128x128でもすぐだ。これがExcelでできるとは隔世の感が。。。

2009年11月29日 (日)

ExcelでCell Dynamical System(CDS)を-非保存の場合

我々の年代くらいの人に人気が高い大野さんの非線形な世界を読んでいた。

後ろの方に懐かしいCDSモデルの話が出ていたのでExcelでやってみた。

まずは非保存系。

φ_t+1(n)  = f(φ_t(n)) + D[<<φ_t(n)>>-φ_t(n)]

で、

f(x) = 1.3*tanh(x)

かつ

<<φ>>=∑(最近傍のφ)/6 + ∑(第二近傍のφ)/12

だ。

Cdsnonconserved

それっぽいな。昔、こんなモデルをいっぱい作って遊んでいた覚えが。懐かしいー。

2009年11月28日 (土)

Excelでワークシートだけでリーマン・ゼータ関数を計算

NHKでリーマン予想の番組をやっていたそうで(見てない。。。)、このブログにもそういうキーワードで来る方も結構多くなってきた。

Eq2_2

以前はExcelのVBAでゼータ関数を計算する例をUPしましたが、もっとお手軽に知りたい、という場合にVBAすら使わないで全部ワークシートだけで複素数のゼータ関数を計算してみた(ただしアドインの分析ツールは組み込む必要あり)。

使っている式は:

Eq1_2

で、複素数は実数/虚数に分けて計算。

べき乗はa^z = a^(x+iy) = a^x (cos(y ln (a)) + i sin(y ln(a))で、

分析ツールを組み込むとnCkはcombin(*,*)で計算できて便利。

nは50項まで計算している。

ついでに「リーマン予想がわかる」(数学セミナー増刊)を買ってきました。非常に簡単に書かれているけど、最後のフィクションはやりすぎ。

2009年11月27日 (金)

「ぼくらが大好きだった特撮ヒーローBESTマガジン」を買った。

世代的にど真ん中の特撮ヒーローがいろいろ載っててなつかしー。

すっかり忘れていたXボンバーとか(クィーンのブライアン・メイがファンだった気がする)。

冒険ロックバットとか、ボーンフリーとか。まったく知らない魔神バンダーとか、アゴンとかギララとか。

私も知らなかったことがいっぱい。例えば。。。

・鉄腕アトムを女の子が演じる計画があった。

・うしおそうじの息子さんがあのエヴァとかの音楽の鷺巣詩郎さんだった。

・大魔神の舞台はうちの実家近くだった。

あとバルタン星人がウルトラQのセミ人間の改造とは知っていたけど、そのセミ人間の写真とか。

しかしレッドバロンとか、今見るとプロポーション悪いねー。。。

マイティジャックは今見てもかっこいいけど(私は世代的に見てなかった)。

2009年11月26日 (木)

「後鳥羽伝説殺人事件」を読んだ。

テレビドラマでやっていたこともあって、初めてこの浅見光彦シリーズを読んでみた。この一冊目では被害者の兄で、かならずしも主役でなかったのか。

最近ずっと新本格ものばっかり読んでいたのでこういうさらっと読めるのは逆に新鮮ですね。ファンが多いのもうなづける。サスペンス劇場ぽいというか、謎解きというのはあまりないですが(半分くらいで犯人がわかる)。もう2,3冊くらいは読んでみようかな。

2009年11月25日 (水)

Excelで反復計算を(その2) 偏微分方程式編

今度はラプラス方程式でも。Hirax.netでも取り扱われていて参考にさせてもらいました。

例題はしかしこの計算物理にでていたものにしました。

Δφ=0を解きたいので、差分化すると、

φ(i+1,j) + φ(i-1,j) + φ(i,j+1) + φ(i,j-1) - 4*φ(i,j) = 0

なので、

φ(i,j)  = (φ(i+1,j) + φ(i-1,j) + φ(i,j+1) + φ(i,j-1) ) /4

つまり周りの平均を取ればいい。なので例えばセルB3に

"=(B2 + B4 + A3 + C4)/4"

とでもしとけばそれだけでOK。反復計算が始まる。

端の境界条件は上をφ=1、あとはφ=0にする。

計算結果はこちら。32×32くらいならほぼ一瞬です。

Photo_2

2009年11月24日 (火)

Excelで反復計算を(その1) 常微分方程式編

普通なら循環参照になるところを、反復計算機能をONにすると収束するまで計算してくれるという話を聞いた。

ツール→オプション→計算方法→反復計算のチェックボックスをONにするといいようだ。これをしておくと、例えばセルA1に "=A1+1" を入れても設定回数分繰り返して計算してくれる。例えば100回と設定しておくとA1が100になる。

これを使えば陰解法とかすぐできそう。

例えばdx/dt =f(x)で、

陰解法は

x(i+1) = x(i) + ⊿t * f(x(i+1))

なので、例えばセルA1に初期値が入っているとして、A2に"=A1 + ⊿t * f(A2)" のような形で入れればいい。具体的に、dx/dt = kx などを考えると

"=A1 + ⊿t*k*A2"

みたいに。陽解法はもっと単純に

"=A1 + ⊿t*k*A1"

だね。クランク・ニコルソンはその平均

"=A1 + ⊿t*k*(A1+A2)/2"

とすればいい。セル入力しただけの結果はこちら↓

Photo

やはりクランク・ニコルソンが一番いい。これを使えば偏微分方程式も簡単にできそうだな。確かhirax.netでもポアソン方程式を解いていたと思う。またやってみよ。

2009年11月23日 (月)

「マイガール」「フュージョン戦国時代 愛・義」を買った。

相葉くんが出ている同名ドラマも見てますが、嵐の「マイガール」を買ってきました。やさしいいい曲ですね。

ドラマも相葉くんの人柄がにじみ出ていて、かつ子役の石井萌々果ちゃん(グリコの二段熟カレー/ブレンディーなんかのCMの子だって)がお父さんをマサムネくん、というのが非常にかわいらしい。昼にやってもいいようなドラマです。「どうしたんですか~マサムネく~ん」とか。

今期のドラマはこれと、「JIN-仁-」を見てます。大沢たかおさんがいい演技してるし、ペニシリンを設備のない中で作って魔法の薬(そりゃあの時代ならそうなる)扱いされてるのが面白い。

ついでにあと、フュージョン戦国時代「義」「愛」(何ちゅータイトルだ)も2枚買ってきた。

これは私の学生時代に聞いてたまさにその曲ばっかり。あまりの懐かしさに涙が。。。

高中さんとかは今でもすぐに音源入手できるんだけど、

・パラシュート

・鳥山雄司

・ネイティブサン

・松原正樹

・今剛

さんなんかはなかなか入手できないので、一曲だけずつでも貴重だ。

ちなみにクリエーションはSpinning Toe Hold No.2

でNo.2があるのをはじめて知った!あれと違う!

スターバックスダブルショットのCMのsmoke on the waterはSenor Coconut

大胆なラテンアレンジのディープパープルのスモーク・オン・ザ・ウォーターがCMソングに使われているスターバックスのダブルショットCM。

http://www.starbucks.co.jp/doubleshot/cm.html

演奏はセニョール・ココナット(日本語風ならココナッツかな?)らしいです。

しかしこんな大胆なアレンジは久々に聞いた。昔日産のコマーシャルでも使われていたドゥービーブラザーズのWhat a fool believesのマット・ビアンコのアレンジくらい。これはよかった。

オリジナル

カバー

2009年11月22日 (日)

「昴問題」をsymplectic8次、Excelで計算してみる(VBAソース付き)。

久々にシンプレクティック法のプログラムをいじってみた。「常微分方程式の数値解法I」に載っていた7体問題で「昴問題」というらしい。

pxi '= ΣGmimj(xj - xi)/rij3

pyi '= ΣGmimj(yj - yi)/rij3

で、

(m1, ... , m7)=(1,2,3,4,5,6,7)

初期値は

(x1, ..., x7) = (3,3,-1,-3,2,-2,2)

(y1, ..., y7) = (3,-3,2,0,0,-4,4)

(x1', ..., x7') = (0,0,0,0,0,1.75,-1.5)

(y1', ..., y7') = (0,0,0, -1.25,1,0,0)

でt=3まで計算。本では自動ステップ幅調整が必要な例として書いてあるが(衝突があるから)、無理やりシンプレクティックで最初からステップ幅めちゃくちゃ小さくして計算。でも1分くらいですよ。計算は。

で結果は本の結果と同等なものが得られた。

Subaru

色分けしたほうがわかりやすいな。

ソースはこちら。

「PLEI.txt」をダウンロード

マツダの水木一郎アニキが出てるCMのBGMはスペクトルマン?

相変わらず熱い水木一郎さんが出ているマツダのCM。

http://www.m-wm.com/cm/asx/cam_cm_mazdash_dealer15_512k.asx

このBGMはスペクトルマン(というか宇宙原人ゴリ)のオープニングそっくり。

微妙にタララ~をラ~に変えてたりするけど。パロディですね、多分。

しかしスペクトルマンのオープニング曲は何回か変わったけど、私はこのバージョンが一番好きかな。

2009年11月21日 (土)

割烹京寿司 三栄に行ってきた。

いつものメンバーで少し贅沢に。

まずは、

一、汲み上げ湯葉梅酢風味
一、鱧骨せんべい胡瓜酢

Img_1907 

骨がサクサクで美味しい。

一、鱧落とし 

Img_1908

これぞ鱧ですな。

一、京野菜焚合せ鱧の子の玉子〆

Img_1909

ぷちぷちの食感。おもしろい。

一、酢の物替わり 鱧の焼き霜 ポン酢

Img_1911

焼いて食べたのは初めて。

一、鱧みじん粉揚げ なす、青唐

Img_1912

揚げたのも初めてだなあ。さすが鱧づくし。

一、鱧しゃぶ 松茸 牛蒡 豆腐 水菜 すだち

Img_1913

これが一番美味しい。本当にいいだしがでてた。

一、鱧寿司、小巻

Img_1917

で御寿司で。。。

一、特製デザート

Img_1918

このデザートがまた美味しかった。

今回は飲むより食べるばっかりでお腹いっぱい。結構安かったです。

金銭感覚が麻痺しているのかもしれないが。。。

2009年11月20日 (金)

ケンタッキーなの?ピザハットなの?

宇治・大久保付近にて。

Img_1923

これはどっちなの?

2009年11月19日 (木)

「奇術師」(クリストファー・プリースト)を読んだ。

クリストファー・プリーストの奇術師を読みました。

しかし、これ、ミステリーものとかトリックものだと完全に信じて読み始めていたのだが、途中で実はSFものなんだということになってびっくり。

しかしテスラはあんな機械を発明していません(笑)。

あー、ドラえもんか何かでこんな機械ありましたよ。分身できるけど、すればするほど1体は弱くなるって奴。

しかしこれ映画化されたそうだけど、観客はどう思っただろう?

でも、2人の人間がそれぞれの立場で記述しているというのは好き。

2009年11月18日 (水)

京都のタクシー会社の前には巨大なだるまが。

何か結構、ダルマ置いているところ多いなと気づく。

Img_1903

こっちは銀鈴タクシーさん。

Img_1904

こっちは2つも。

Img_1905

ヤサカタクシーさん。

Img_1906

なんか申し入れとかあるのかな。

2009年11月17日 (火)

震災ミュージアム

鉄人28号を見てから商店街を歩いていると一角にありました。ちょっとしたミニスペースだけど、やはり忘れないようにと。

Img_2038

で新長田駅から帰ってきました。

Img_2042

2009年11月16日 (月)

三国志の世界

鉄人28号を見たあと、商店街をぶらぶら。上にずらっと横山さんの三国志の登場人物が。全部とろうかと思ったけど断念。

Img_2039

Img_2040

http://www.kobe-tetsujin.com/stamprally.html

関羽の石像もあったよ。

http://www.kobe-tetsujin.com/stone.html

Img_2041

2009年11月15日 (日)

スパコンの予算削減に関して、ウィルソンの言葉を思い出した。

神戸に建設中のスパコンの予算が削られるという話を聞いて、

http://www.asahi.com/politics/update/1113/TKY200911130175.html

フェルミラボの所長だったウィルソンさんの言葉を思い出した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3

彼はフェルミ研究所で自ら設計したシンクロトロンに莫大な国家予算が使われることについて上下両院合同原子力委員会で釈明を求められたことがある。 建造に反対するジョン・パスター議員が「国家防衛の観点から、この機械には何の価値もない」と主張した際にウィルソンは「この装置は直接的には国家防衛には何の関係もありません。しかし、わが国を守るべき価値のあるものにするという点ではおおいに関係があります」と反論し、予算が認められることになった。

------------------------------------------

スパコンはさらに直接役に立つよ。なぜ反論できないんだろうかな。これは行政の問題というよりこんなかっこいいことが言えないのが問題なのか?

教訓:グループリーダーはかっこいいことがいえないといけない。

2009年11月14日 (土)

神戸の鉄人28号は想像以上にかっこよかった!

先週の朝日新聞にも取り上げられていて、JR新長田駅から歩いて行ってきました。

これ、私が想像していた以上にかっこいい!何もないところに突然現れるのだが、このポーズ、重量感。思わず見入ってしまった。

Img_2031

Img_2032

Img_2033

Img_2034

Img_2035

Img_2036

Img_2037

鉄人28号のアニメ自体は、まったく世代的にみたことないのですが(あー、リメイク見たことあるけど)、これはいい。お台場のガンダムが見にいけなかったことが残念だったけど、これでだいぶ満足しました。

http://www.kobe-tetsujin.com/

でもやっぱり震災からの復興のシンボルというのが感慨ひとしおの理由なんだろう。募金に参加したかった。

2009年11月13日 (金)

「異邦の騎士」を読んだ。

立て続けに島田作品を読んだ。

これは途中で暗い話が出てきてつらくなってきたのですが、だんだんなるほどなと。主人公はあの人です。多分誰が主人公かを言うだけでネタバレ。

で何度も話の中にでてくる浪漫の騎士はこれ↓

アル・ディ・メオラがギターでスタンリークラークがベース。しかしこのベースが高音で引きまくって何の音だかわからないという。。。

2009年11月12日 (木)

世界で最も恐ろしい試験は「マクローリン展開の剰余項を求めよ。」

ノーベル物理学賞を取ったロシアのイゴール・タムさんがまだ若いころ、ロシア革命とかその辺のさなかで外出したところ、ゲリラ部隊につかまったらしい。

http://www.iom3.org/material-matters/question-life-or-death-radiation-caused-atmospheric-testing-and-jesuit-involvement-?c=574

で今にも殺されかけたのだが、その隊長がタムさんが数学が専門だということを聞くと、「それならマクローリン展開をn次で打ち切ったときの剰余項は何だ?できたら許してやる。できなきゃ銃殺だ」とかなんとかいわれたと。タムさんはその試験に合格し、生き延びたんだって。

これを聞いて、とにかく私もその剰余項だけは覚えておこうと思った。

ではどんな形かというと、ラグランジュの形だと

f(x) = f(0)  + f'(0) x + f''(0)x2 /2! + ... f(n)(0)xn/n! + Rn+1(x)

で、 Rn+1(x)=f(n+1)(ξ)xn+1/(n+1)!

ただし0<=ξ<=x

ですよ。

「暗闇坂の人喰いの木」を読んだ。

これは「占星術殺人事件」と並んで面白かった。というかさらし首の写真が異常にこわかった。。。寝られなくなった。。。

トリック云々というよりやっぱりこの雰囲気がいいですね。本当に人喰いの木だとなっとくしてしまうという。

2009年11月11日 (水)

「斜め屋敷の犯罪」を読んだ。

これはちょっと前に朝日新聞の付録についていた、銀紙を円筒状に丸めた広告を手元において読むといいです。これはネタバレではないと思う。

ネタは斜めだから、ということに尽きるでしょうか。

2009年11月10日 (火)

リッカチ/リカッチ論争に終止符が!

いや、まったくそんな論争はないのですが、Riccatiの微分方程式

y' = p(x) + q(x)*y + r(x)*y^2

のRiccatiはリッカチと読むと思っていたのですが、あるところでリカッチ(モーニング娘。のメンバー?)とずっと書いている人がいたので。

で、「常微分方程式の数値解法I」の訳注に、これはriccatiで、ricattiではない。イタリア語でricattiの意味は大変悪い。と書いてあった。具体的に書いてなかったので、イタリア語辞書を見てみると。。。。

blackmail

って書いてあった。つまり脅迫だ。脅迫の方程式ではなく、人名がついた方程式、ということで正解はRiccati、つまりリッカチ。

(イタリア語で正式に発音するとどうだかわからんが。。。)

で具体的に解いてみましょうか(続く)。

板東英二さん来店(ただしパチンコ屋)

王子動物園近くのパチンコ屋で。しかしいろいろ細かい仕事されてますね。

Img_1953_3

2009年11月 9日 (月)

餃子の王将の魔法の粉の正体

さっき「冒険チュートリアル」を見ていたら、餃子の王将で鳥の唐揚げを頼むと一緒についてくる粉、通称「魔法の粉」(私はマジックパウダーってのを聞いたことがあるが)のレシピが出ていた。塩と胡椒だと思っていたんだけれど、実は塩と山椒を混ぜ合わせて、中華鍋で乾煎りして水分を飛ばして作ってるんだって。

で、王将でのこの粉の呼び方は「唐揚げの粉」というそうです(そのまま)。

ハッピーターンの粉とどっちが有名だろう。あれはハッピーパウダーか。

http://ktv.jp/boken/index.html

王子動物園に行ってきた(7) - ゾウ編

Img_1991

タイヤと棒で何か遊んでた。さすがにあたまよさそう。

Img_1994

でここから帰ってきました。

2009年11月 8日 (日)

王子動物園に行ってきた(6) - キリン/シマウマ編

やはりキリンは首がながい(そのままの感想)。

Img_1980

Img_1979

Img_1981

(続く)

「私的な話。」のポスターの女の子は藤本泉ちゃん。

昨日電車乗っていたら私的録音補償金管理協会というところの車内広告が貼ってあった。

”私的な話。”ってやつです。

http://www.sarah.or.jp/

そこに出ている女の子がめちゃくちゃかわいいなあ、と思って調べたら藤本泉(いずみ)ちゃんというそうです。写真のみ見ていて、結局私的・・・が何をやっているところかちゃんとよんでいないorz

http://www.stardust.co.jp/profile/fujimotoizumi.html

同じ漢字で泉(せん)と呼ぶ推理作家もいるみたい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9C%AC%E6%B3%89

*2012/5/15

「37歳で医者になった僕」に永井寛子役で出てますね。私と同じ名字の役名で応援してる。

ラミノ モイスティーヌのCMにも。

梅ちゃん先生にも。この藤本泉ちゃん木村文乃ちゃんはもうブレイク寸前だな。

2009年11月 7日 (土)

王子動物園に行ってきた(5) - サイ/カバ編

全然こっち向いてくれなかった。

Img_1986

カバは泳いで来てくれた。

Img_1988

(続く)

2009年11月 6日 (金)

王子動物園に行ってきた(4) - サル/ゴリラ編

マンドリルのお尻がこんなにカラフルだとは。。。

Img_1974

Img_1973_2

ゴリラはやはり孤高の人っぽい。

Img_1975

(続く)

2009年11月 5日 (木)

王子動物園に行ってきた(3) - アシカ/シロクマ編

アシカは俊敏だが。。。

Img_1965

シロクマ、だらけすぎ。

Img_1969

(続く)

2009年11月 4日 (水)

王子動物園に行ってきた(2) - パンダ編

次はパンダ。これを見に来たのだ。

Img_1957

とにかくだらけてるぞ、こいつは。でもかわいー。

Img_1958

Img_1961

(続く)

2009年11月 3日 (火)

王子動物園に行ってきた(1) - ペリカン編

阪急の王子公園前で降りて歩いてすぐ。

Img_1954

まずはペリカンがいました。

Img_1955

Img_1956

(続く)

2009年11月 2日 (月)

東京DOGSのオープニングがスピニング・トゥ・ホールドにしか聞こえない。

たまたま見ていたドラマ、東京DOGSのオープニング曲。曲名はわからないけれど、どうやらRita-iotaというグループが音楽の担当らしいです。

http://www.rita-iota.com/

しかしこれがCreationのSpinning toe holdにしか聞こえない私はおやじか。。。

しかしファンクスよりも笑う犬のコントしか思い出せないので小おやじくらいで。。。

Excelでアレンストーフ軌道を計算(Dormand&Prince)

この前買った「常微分方程式の数値解法 I」に載っていた話。

制限三体問題の例で、アレンストーフ軌道というものがあるそうだ。

y1" = y1 + 2 y2' - μ' (y1 + μ)/D1 - μ(y1 - μ') / D2

y2" = y2 - 2 y1' - μ' y2 /D1 - μ y2 - μ' / D2

ここで

D1 = ((y1 + μ)^2 + y2^2) ^ (3/2)

D2 = ((y1 - μ')^2 + y2^2) ^ (3/2)

また

μ= 0.012277471

μ' = 1-μ

をルンゲ・クッタ8次のドルマン・プリンス法で計算してみよう。

Photo

教科書どおりの面白い周期軌道がかけた。この本は例題も豊富なのでいろいろやっていってみよう。

2009年11月 1日 (日)

パンルヴェ方程式No.3をExcelで計算。

次は3番目の式。

d^q/dt^2 = (dq/dt)^2 / q - dq/dt / t  + (αq^2 + β)/t  + γq^3 + δ/q

をRunge-Kutta8次のDormand-Prince法で計算してみる。適当な初期条件で計算したのがこれ。

Painlev003

ようやく何か振動するような解が得られた。しかしこんなにパラメータが多いんだから当然といえば当然か。。。もう飽きてきた。。。

RFワールドNo.8を買った。

今回は製作事例編。私もむかーし(アメリカ時代)はこうやって手作りでフィルタとか作ってましたよ。なつかしー。

しかしもうDigiKeyとかで普通にアナデバとかTIの2.4GHz帯のRF-ICとか買えるんですね。知らなかった。

さすがにそれより高い周波数は選択肢が少ないけれど、

111ページの24GHzのセンサは(なぜか書いていないけれど)ドイツのInnoSent社製

http://www.innosent.de/

で比較的入手が容易。

62ページの10GHzのセンサは新日本無線で、なぜか秋月で売ってる。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00650/

こういうのは使うときに電波法とかいろいろあるのでご注意を。勝手に電波を放射すると怒られます。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ