« 京都のタクシー会社の前には巨大なだるまが。 | トップページ | ケンタッキーなの?ピザハットなの? »

2009年11月19日 (木)

「奇術師」(クリストファー・プリースト)を読んだ。

クリストファー・プリーストの奇術師を読みました。

しかし、これ、ミステリーものとかトリックものだと完全に信じて読み始めていたのだが、途中で実はSFものなんだということになってびっくり。

しかしテスラはあんな機械を発明していません(笑)。

あー、ドラえもんか何かでこんな機械ありましたよ。分身できるけど、すればするほど1体は弱くなるって奴。

しかしこれ映画化されたそうだけど、観客はどう思っただろう?

でも、2人の人間がそれぞれの立場で記述しているというのは好き。

« 京都のタクシー会社の前には巨大なだるまが。 | トップページ | ケンタッキーなの?ピザハットなの? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/45412291

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇術師」(クリストファー・プリースト)を読んだ。:

« 京都のタクシー会社の前には巨大なだるまが。 | トップページ | ケンタッキーなの?ピザハットなの? »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ