« 「暗闇坂の人喰いの木」を読んだ。 | トップページ | 「異邦の騎士」を読んだ。 »

2009年11月12日 (木)

世界で最も恐ろしい試験は「マクローリン展開の剰余項を求めよ。」

ノーベル物理学賞を取ったロシアのイゴール・タムさんがまだ若いころ、ロシア革命とかその辺のさなかで外出したところ、ゲリラ部隊につかまったらしい。

http://www.iom3.org/material-matters/question-life-or-death-radiation-caused-atmospheric-testing-and-jesuit-involvement-?c=574

で今にも殺されかけたのだが、その隊長がタムさんが数学が専門だということを聞くと、「それならマクローリン展開をn次で打ち切ったときの剰余項は何だ?できたら許してやる。できなきゃ銃殺だ」とかなんとかいわれたと。タムさんはその試験に合格し、生き延びたんだって。

これを聞いて、とにかく私もその剰余項だけは覚えておこうと思った。

ではどんな形かというと、ラグランジュの形だと

f(x) = f(0)  + f'(0) x + f''(0)x2 /2! + ... f(n)(0)xn/n! + Rn+1(x)

で、 Rn+1(x)=f(n+1)(ξ)xn+1/(n+1)!

ただし0<=ξ<=x

ですよ。

« 「暗闇坂の人喰いの木」を読んだ。 | トップページ | 「異邦の騎士」を読んだ。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/46746520

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で最も恐ろしい試験は「マクローリン展開の剰余項を求めよ。」:

« 「暗闇坂の人喰いの木」を読んだ。 | トップページ | 「異邦の騎士」を読んだ。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ