« 生島神社へ行ってきた。 | トップページ | 「ペイチェック」を読んだ。 »

2009年12月29日 (火)

「容疑者Xの献身」映画版をテレビで見た。-7/6にまた観た。

原作はとても好きな作品なんで、映画化されたときも「えっ?」と思ったし、石神役が堤さんというのを聞いてさらに「えー」って感じだったんだけど…

さっきテレビで見たんだけれど、これすごく良かったですよ!「ダルマの石神」じゃないけど、堤さんは堤さんの石神像を作ってきていてそれがすごくよかった。特に原作のラストに相当する咆哮シーンとか。ガリレオのテレビ版はおちゃらけ過ぎのような気がしたけど、映画ではもっともらしい(が、あまり中身がない)数式をこちゃこちゃ書くシーンとかなく、ものすごくシリアスにできていて好印象。かなり原作に忠実で、原作にないのは雪山シーンくらいではないか。

以下、理系の人向け。

・四色問題はアッペルとハーケンが昔、不可避集合をコンピュータでゴリゴリと計算して証明したとした。なので通常の証明でないので、美しくないと思う人が多いのはよくわかる。

・が、アマチュア数学者とかよく、証明できた!とか言って簡単な証明を与えているのはまず間違いなく間違いで、間違いのパターンすら何種類かに分類されている。ここら辺はフェルマーの定理と似てるなあ。

・で、石神がリーマン予想が間違っていた、という論文を検証するシーンがあるが、私の知る限り「四色問題に興味がある数学者」≠「リーマン予想を研究する数学者」のような気がする。まあ石神の天才ぶりを示すのか。

・ヤン・ミルズ方程式の質量ギャップの話も出てたね。クレイの100万ドルの問題から出ていたのか。

・物理学者が実験を基に、とかいうのは最近の素粒子とかでは怪しくなってきてますね。M理論とか(知らんけど)。

・というか、湯川氏の専門は絶対物理じゃなくて、理科教育だと思う。

・とはいうものの、ガウス加速器は恥ずかしながら初めて知った。

・でも京大の校舎が出てきて懐かしかった。

ということで見てない人はみましょう。

« 生島神社へ行ってきた。 | トップページ | 「ペイチェック」を読んだ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/47149009

この記事へのトラックバック一覧です: 「容疑者Xの献身」映画版をテレビで見た。-7/6にまた観た。:

« 生島神社へ行ってきた。 | トップページ | 「ペイチェック」を読んだ。 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

フォト