« 「アバター」(3D版)をようやく見てきた。 | トップページ | SH-03Aが故障!→修理に出してやっと帰ってきた。 »

2010年1月24日 (日)

平成22年センター試験 数学II・数学B 第6問をkeisan.casio.jpにUP!

毎年恒例のBASIC移植シリーズ。問題は、

一般に、三つの正の数について、どの二つの数の和も残りの数より大きければ、それらを三辺の長さとする三角形が存在する。逆に、すべての三角形において、どの二辺の長さの和も残りの一辺の長さより大きい。
この事実を用いて、自然数Nを三角形の三辺の長さとなり得る三つの自然数a,b,c (a≦b≦c)の和として表す方法をすべて列挙し、その総数を求める。

でリンクはこれ↓

平成22年センター試験 数学II・数学B 第6問

プログラムは死ぬほど簡単で、

x=1;
for (a = 1; a <= int(n/3.); a=a+1) {
    for (b = a ; b <= int((n-a)/2) ; b = b+1) {
        c = n-a-b;
        if (c < (a+b)) {
     println (x, a, b, c);
        x = x + 1;
        }
    }
}

でした。

« 「アバター」(3D版)をようやく見てきた。 | トップページ | SH-03Aが故障!→修理に出してやっと帰ってきた。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/47370159

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年センター試験 数学II・数学B 第6問をkeisan.casio.jpにUP!:

« 「アバター」(3D版)をようやく見てきた。 | トップページ | SH-03Aが故障!→修理に出してやっと帰ってきた。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ