« 空間微分を含むFitzHugh-南雲方程式をExcelで高次ルンゲクッタで計算 | トップページ | 1000均ショップって。。。 »

2010年1月16日 (土)

銀河力学をルンゲクッタ8次でExcelで計算。

「常微分方程式の数値解法I」に出ていた例。ハミルトニアンを

H = (p1^2 + p2^2 +p3^2)/2 + Ω*(p1*q2 - p2*q1) + A*ln(C + q1^2/a^2 + q2^2/b^2+q3^2/c^2)

でH=2としてDormand-Prince8次で計算してみた。

三次元的に書いたのがこれ。

001

q2=0のポアンカレ写像がこれ。h=1/10でもっともらしい値がでてる。

002

« 空間微分を含むFitzHugh-南雲方程式をExcelで高次ルンゲクッタで計算 | トップページ | 1000均ショップって。。。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀河力学をルンゲクッタ8次でExcelで計算。:

« 空間微分を含むFitzHugh-南雲方程式をExcelで高次ルンゲクッタで計算 | トップページ | 1000均ショップって。。。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ