« 「犬と主人問題」をExcel VBA (Dormand&Prince8次)で計算。 | トップページ | 遅延カーマック・マッケンドリック方程式をルンゲクッタ8次でExcel VBAで。 »

2010年1月20日 (水)

遅延微分方程式をルンゲクッタ8次でExcel VBAで(Mackey-Glass方程式編)

遅延微分方程式を高次ルンゲクッタで解くのに、以前は相当複雑な方法でやってみた。この常微分方程式の数値解法にもっと簡単な方法があったのでやってみる。

方法は、過去のxの変わりにgをつかうというもの。

Chieneq 

あー、前は過去のxをわざわざ補完してつかってたのだ。これのほうが圧倒的に簡単。

でマッキーグラス方程式を計算してみた。

Mackeyglasseq

計算結果はこれ。前は非常に複雑だったのがすこぶる簡単に計算できた。

Mackeyglass

これからしばらく遅延微分方程式を解いていってみよう(続く)。

« 「犬と主人問題」をExcel VBA (Dormand&Prince8次)で計算。 | トップページ | 遅延カーマック・マッケンドリック方程式をルンゲクッタ8次でExcel VBAで。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/47105279

この記事へのトラックバック一覧です: 遅延微分方程式をルンゲクッタ8次でExcel VBAで(Mackey-Glass方程式編):

« 「犬と主人問題」をExcel VBA (Dormand&Prince8次)で計算。 | トップページ | 遅延カーマック・マッケンドリック方程式をルンゲクッタ8次でExcel VBAで。 »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ