« 「ファウンデーション」(アイザック・アシモフ)を読んだ。 | トップページ | 銀河力学をルンゲクッタ8次でExcelで計算。 »

2010年1月15日 (金)

空間微分を含むFitzHugh-南雲方程式をExcelで高次ルンゲクッタで計算

だいぶ前に空間微分のない常微分方程式を計算してみたけれど、今度は

τut = u (u-α) (1-u) - v + ε2uxx

vt = u - γv

を計算してみよう。

空間微分はいつものように2次精度の差分で近似して、得られた常微分方程式系を5次のルンゲクッタを使って計算する。

α=0,τ=0.018,γ=1,ε=0.05

です。

Fitzhughnagumo002

Fitzhughnagumo001

ちゃんとパルスが伝播していく様子がよくわかる。

« 「ファウンデーション」(アイザック・アシモフ)を読んだ。 | トップページ | 銀河力学をルンゲクッタ8次でExcelで計算。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/47038584

この記事へのトラックバック一覧です: 空間微分を含むFitzHugh-南雲方程式をExcelで高次ルンゲクッタで計算:

« 「ファウンデーション」(アイザック・アシモフ)を読んだ。 | トップページ | 銀河力学をルンゲクッタ8次でExcelで計算。 »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ