« ゼルニケ多項式(Zernike Polynomials)をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | 水の上って走れるのか! »

2010年2月18日 (木)

確率共鳴をExcel VBAで計算してみる。

この「微分方程式による計算科学入門」の確率微分方程式のところのっていた例題。

地球の百万年程度のスパンでの温度変動を表す簡単な数理モデルとして、

dX(t) = [ X (1-X^2) + a cos(ωt)] dt + σ dW(t)

が上げられている。ここでX(t)は地球の気温で、-1が氷期、1が間氷期を表す。

計算はオイラー・丸山スキームで。上からσ=0.1,0.2,0.3,0.4の時の計算結果。

01

02

03

04

なるほど。こういう風に確率共鳴が起きるのか。

« ゼルニケ多項式(Zernike Polynomials)をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | 水の上って走れるのか! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/47504858

この記事へのトラックバック一覧です: 確率共鳴をExcel VBAで計算してみる。:

« ゼルニケ多項式(Zernike Polynomials)をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | 水の上って走れるのか! »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ