« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

Heromanは何気に非常に面白いのではないか?

あまり話題になってない?ような気もするが最近始まったアニメHeroman。私も全然知らずにたまたま一話を動画ストリーミングで見たのだが、これは面白い!

スタン・リーが原案で、そこに日本特有のキャラ・ロボットデザインとアメリカの生活描写(これは私もアメリカ在住だったからよく再現されているのがわかる)が組み合わさって、かつすごくスピーディーな展開。で一話を見た後、テレビで五話目を見たらいきなりすごい展開になってる。ゲッターロボ號で出てきたようなTama?が世界を壊していっているし、物量で圧倒的に敵とは差があるし、ヒロインの兄が敵になってるし。これは相当面白いです。

ただ名前が。。。これもスタン・リーが付けたなら仕方ない。。。

紀三井寺に行ってきた(その1)

ようやく到着。JR和歌山駅から1時間以上かかった(いや、紀三井寺駅からならすぐなんだけれど)。

Img_2338

階段がきつい。。。(写真は下りですが)

Img_2347

Img_2340

Img_2341

Img_2342

Img_2343

このときは桜が咲き始めだった。

2010年4月29日 (木)

RFワールドNo.10を買った。

今回はネットワークアナライザ特集。もう自分では一切測定器に触ることはなくなったけど、懐かしい気持ち。

Sパラメータで有名な黒川さんインタビューや、TDKのフェライトの歴史紹介もあり(フィリップスがこんなにひどいことしたとは知らんかった)。

しかし今回初めて知ったことは、IEEE802.13がない理由は13が不吉だからだって。本当?キリスト教圏の影響はすごいな。IEEE802.4とか9は普通にあるのに。日本は無視か。。。(当然)。

ビッグホエールとビッグ愛の前を通りかかった。

なんつー名前だ、と思いながら先へ進むと。。。

Img_2327

なるほど、くじらっぽい。体育館みたいだ。

Img_2330

ビッグ愛はIという意味?

Img_2332

2010年4月28日 (水)

和歌山駅からすぐ、井出商店を通りかかった。

和歌山ラーメンで有名なところだそうで、すさまじく行列が(写真は車に隠れてわかりにくい)。ただ、先を急ぐのでスルー。

Img_2326

2010年4月27日 (火)

Javascriptで複素数の計算(電卓アプリ編)

昨日の準備編で一応動いたようなのでもう少し複雑なものとしていろいろ演算できる電卓っぽいものを作ってみた。四則演算、べき乗、exp, logが計算できる。これも動いたら複素数用のライブラリを公開します。

Z1:+i
Z2:+i
Answer:+i

JR和歌山駅付近をぶらぶら

京都からは想像以上に遠かった。。。でも想像以上に開けてますね。

Img_2320

Img_2321

Img_2322

Img_2323

Img_2324

Img_2325

で、あえてここから歩いて紀三井寺まで行ってみよう(続く)。

2010年4月26日 (月)

Javascriptで複素数演算(準備編)

Javascriptでもクラス、オブジェクトの定義ができることが分かった。今までExcel VBAの構造体で複素数を扱うライブラリを公開してきたけど(なぜかいちばん検索で来られる人が多い)、今度はJavascriptで複素数ライブラリを作ってみよう。まずは動くかどうか実験。

これでどうでしょうか?

Z1:+i
Z2:+i
Z3:+i

JTの「みぞれ梨」を飲んだ。

梨のジュースというと、鳥取で飲んだローカルなものしか思いつかなかったのだが、駅の自動販売機でJTから出ているのを見つけた。梨なんで薄めの味ですが、私梨好きなんでこれはこれでありかと。

Img_2420

Img_2419

http://www.jti.co.jp/softdrink/product/fruit/mizorenashi_350/index.html

2010年4月25日 (日)

今日の長岡天神【4/25】

今日は非常に気持ちのいいお天気でした。長岡天神も桜は全部散ったけれど、その他春~夏の花が咲いていて非常にきれい。人出も多かった。

Img_2412

Img_2413

Img_2414

Img_2415

Img_2416

2010年4月24日 (土)

鋼の錬金術師 25巻/おおきく振りかぶって 14巻/など漫画5冊まとめ買い。

(1)鋼の錬金術師25巻はどんどん盛り上がってきて先が読めない展開。いちばん好きなセリフは最後の最後の「再構築の錬金陣だ」かな。

(2)おおきく振りかぶって14巻は、。。。作者さんはドカベンファンだから最後のほうまでこういう展開にならないのかと思っていたんですが、こうきましたか。でもこっちのほうがリアル。

(3)涼宮ハルヒ11巻はなんか絵が非常に読みにくい?でもオイラーの多面体定理が漫画で出てくるとは。。。でも内容は変(というか次元を出したのが×)。正しくは以下を参照。

http://mathworld.wolfram.com/PolyhedralFormula.html

(4)ガイバー27巻は。。。やっちまったー。26巻買い忘れて読んじゃった。あまりにいつ出るかわからないんだもん。新キャラがいつ出たかわからない。

(5)ムダヅモ無き改革3巻はやっぱり「連邦のモビルスーツは化け物か」とか「はじまったな」とか大好き。

2010年4月23日 (金)

金礼宮におまいり。

伏見です。大きなお面が面白い。

Img_2119

Img_2120

Img_2121

Img_2122

2010年4月22日 (木)

Javascriptで数値計算その3(Symplectic 8次で三体問題、8の字解)

三体問題の解で、8の字になるものがある。

http://www.scholarpedia.org/article/Three_body_problem

http://www.clas.kitasato-u.ac.jp/~fujiwara/nBody/rims/RIMS2003Abstract.pdf

以前はExcel VBAでシンプレクティック 8次で計算したけれど、今度はJavascript版。

nmax:

※Canvasが現れるまでOK押さないで。

プログラムソースはこちら。

function func100421() {
    var ctx = document.getElementById('c100421').getContext('2d');
   
    w = new Array(8);
    c = new Array(17);
    d = new Array(17);
    px = new Array(4);
    py = new Array(4);
    qx = new Array(4);
    qy = new Array(4);
    m = new Array(4);
   
    w[1] = 0.311790812418427;
    w[2] = -1.55946803821447;
    w[3] = -1.6789692825964;
    w[4] = 1.66335809963315;
    w[5] = -1.06458714789183;
    w[6] = 1.36934946416871;
    w[7] = 0.629030650210433;
    w[0] = 1. - 2. * (w[1] + w[2] + w[3] + w[4] + w[5] + w[6] + w[7]);
   
    d[1] = w[7];
    d[15] = w[7];
    d[2] = w[6];
    d[14] = w[6];
    d[3] = w[5];
    d[13] = w[5];
    d[4] = w[4];
    d[12] = w[4];
    d[5] = w[3];
    d[11] = w[3];
    d[6] = w[2];
    d[10] = w[2];
    d[7] = w[1];
    d[9] = w[1];
    d[8] = w[0];
    d[16] = 0.;

    c[1] = 0.5 * w[7];
    c[16] = 0.5 * w[7];
    c[2] = 0.5 * (w[7] + w[6]);
    c[15] = 0.5 * (w[7] + w[6]);
    c[3] = 0.5 * (w[6] + w[5]);
    c[14] = 0.5 * (w[6] + w[5]);
    c[4] = 0.5 * (w[5] + w[4]);
    c[13] = 0.5 * (w[5] + w[4]);
    c[5] = 0.5 * (w[4] + w[3]);
    c[12] = 0.5 * (w[4] + w[3]);
    c[6] = 0.5 * (w[3] + w[2]);
    c[11] = 0.5 * (w[3] + w[2]);
    c[7] = 0.5 * (w[2] + w[1]);
    c[10] = 0.5 * (w[2] + w[1]);
    c[8] = 0.5 * (w[1] + w[0]);
    c[9] = 0.5 * (w[1] + w[0]);
   
    n = 3;
   
    m[1] = 1.;
    m[2] = 1.;
    m[3] = 1.;
   
    qx[1] = 0.97000436;
    qy[1] = -0.24308753;
   
    px[1] = -0.5 * 0.93240737;
    py[1] = -0.5 * 0.86473146;
   
    qx[2] = -0.97000436;
    qy[2] = 0.24308753;
   
    px[2] = -0.5 * 0.93240737;
    py[2] = -0.5 * 0.86473146;
   
    qx[3] = 0.;
    qy[3] = 0.;
   
    px[3] = 0.93240737;      
    py[3] = 0.86473146;
    G = 1.;
    ctx.clearRect(0,0,300,300);
    ctx.strokeStyle ="rgb(0,0,0)";
    ctx.strokeRect(0,0,300,300);

    nmax = parseInt(document.Form100421.nvalue.value);

    G=1.0;

    t=0.;
    dt=0.01;

    ctx.strokeStyle ="rgb(255,0,0)";
    ctx.beginPath();   
    ctx.moveTo(150.+150.*qx[1]/2.,150.-150.*qy[1]/2.); 
   
    for (i=1;i<=nmax;i++) {

   
     for (k=1;k<=16;k++) {
         for (j=1;j<=3;j++) {
                qx[j] = qx[j] + dt * c[k] * px[j] / m[j];
                qy[j] = qy[j] + dt * c[k] * py[j] / m[j];
            }

         for (j=1;j<=3;j++) {
                fx = 0.;
                fy = 0.;

                for (ii=1;ii<=3;ii++) {
                   if (ii!=j) {

                     r = Math.sqrt((qx[ii] - qx[j]) * (qx[ii] - qx[j]) + (qy[ii] - qy[j]) * (qy[ii] - qy[j]));
                     fx = fx + G * m[ii] * m[j] * (qx[ii] - qx[j]) / (r*r*r);
                     fy = fy + G * m[ii] * m[j] * (qy[ii] - qy[j]) / (r*r*r);
                   }
                }
   
                px[j] = px[j] + dt * d[k] * fx;
                py[j] = py[j] + dt * d[k] * fy;
            }
        }

        t = t + dt;
        ctx.lineTo(150.+150.*qx[1]/2.,150.-150.*qy[1]/2.);   
  }
  ctx.stroke();

}

2010年4月21日 (水)

「暗黒館の殺人」を読んだ。

文庫版で4冊、2600ページということで読むのを躊躇していたのだが、ちょっと前の連休に2日で読んでみた。

確かにすごいお話です。。。でも島田潔こと鹿谷さんは最後の最後にしかでてきませんよ。(以下、ネタばれ)

話としては森博嗣さんの「今はもうない」のような、時代がずれていて登場人物が実はみんなが知っている人ではない、というお話。視点が誰?というのと、私(中也さま)が誰?というのを最初から気づいた人がいたら最初から全部わかってしまうかも。でもこれ気づいた人は相当細かく読む人なんだろうなあ。私は全然だめ。。。でも河南って名前はちょっと反則じゃないのかなとも。

館シリーズを全巻読んでいる人には勧められますが、読んでない人は置き去りかも。

(最後にネタばれ)

で、中也さまは中村青司でした。

2010年4月20日 (火)

Javascriptで数値計算その2(Runge-Kutta8次のDormand-Prince法)

昨日、一応うちの環境ではルンゲクッタ4次でローレンツ方程式の計算ができた。そこでとうとうルンゲクッタ8次のDormand-Princeでローレンツ方程式を計算してみよう。

r:
σ:
b:
nmax:

※Canvasが現れるまでOKは押さないで!

プログラムはHTMLのソースを見ればわかるけど、一応ここにも記載。このままCとかにも移せるよ。

var r, sig, bb, n;

function func100420() {
    var ctx = document.getElementById('c100420').getContext('2d');
   
    kx = new Array(14);
    ky = new Array(14);
    kz = new Array(14);
    a = new Array(14);
    c = new Array(14);
    b = new Array(14);
    for (i=0; i <= 14; i++) {
       b[i] = new Array(14);
    }

    a[1] = 0;
    a[2] = 2. / 27.;
    a[3] = 1. / 9.;
    a[4] = 1. / 6.;
    a[5] = 5. / 12.;
    a[6] = 0.5;
    a[7] = 5. / 6.;
    a[8] = 1. / 6.;
    a[9] = 2. / 3.;
    a[10] = 1. / 3.;
    a[11] = 1.;
    a[12] = 0.;
    a[13] = 1.;

    for (j=1; j<=13; j++) {
        for (k=1; k <=13; k++) {
            b[j][k] = 0.;
        }
        kx[j] = 0.;
        ky[j] = 0.;
kz[j] = 0.;
        c[j]=0.;
    }

   
    b[2][1] = 2. / 27.;
   
    b[3][1] = 1. / 36.;
    b[3][2] = 1. / 12.;
   
    b[4][1] = 1. / 24.;
    b[4][3] = 1. / 8.;
   
    b[5][1] = 5. / 12.;
    b[5][3] = -25. / 16.;
    b[5][4] = 25. / 16.;
   
    b[6][1] = 1. / 20.;
    b[6][4] = 1. / 4.;
    b[6][5] = 1. / 5.;
   
    b[7][1] = -25. / 108.;
    b[7][4] = 125. / 108.;
    b[7][5] = -65. / 27.;
    b[7][6] = 125. / 54.;
   
    b[8][1] = 31. / 300.;
    b[8][5] = 61. / 225.;
    b[8][6] = -2. / 9.;
    b[8][7] = 13. / 900.;
   
    b[9][1] = 2.;
    b[9][4] = -53. / 6.;
    b[9][5] = 704. / 45.;
    b[9][6] = -107. / 9.;
    b[9][7] = 67. / 90.;
    b[9][8] = 3.;
   
    b[10][1] = -91. / 108.;
    b[10][4] = 23. / 108.;
    b[10][5] = -976. / 135.;
    b[10][6] = 311. / 54.;
    b[10][7] = -19. / 60.;
    b[10][8] = 17. / 6.;
    b[10][9] = -1. / 12.;
   
    b[11][1] = 2383. / 4100.;
    b[11][4] = -341. / 164.;
    b[11][5] = 4496. / 1025.;
    b[11][6] = -301. / 82.;
    b[11][7] = 2133. / 4100.;
    b[11][8] = 45. / 82.;
    b[11][9] = 45. / 164.;
    b[11][10] = 18. / 41.;
   
    b[12][1] = 3. / 205.;
    b[12][6] = -6. / 41.;
    b[12][7] = -3. / 205.;
    b[12][8] = -3. / 41.;
    b[12][9] = 3. / 41.;
    b[12][10] = 6. / 41.;
   
    b[13][1] = -1777. / 4100.;
    b[13][4] = -341. / 164.;
    b[13][5] = 4496. / 1025.;
    b[13][6] = -289. / 82.;
    b[13][7] = 2193. / 4100.;
    b[13][8] = 51. / 82.;
    b[13][9] = 33. / 164.;
    b[13][10] = 12. / 41.;
    b[13][12] = 1.;
   
    c[6] = 34. / 105.;
    c[7] = 9. / 35.;
    c[8] = 9. / 35.;
    c[9] = 9. / 280.;
    c[10] = 9. / 280.;
    c[12] = 41. / 840.;
    c[13] = 41. / 840.;

    ctx.clearRect(0,0,300,300);
    ctx.strokeStyle ="rgb(0,0,0)";
    ctx.strokeRect(0,0,300,300);

    r = parseFloat(document.Form100420.rvalue.value);
    sig = parseFloat(document.Form100420.svalue.value);
    bb = parseFloat(document.Form100420.bvalue.value);

    n = parseInt(document.Form100420.nvalue.value);

    x=1.e-7;
    y=1.e-7;
    z=1.e-7;
    t=0.;
    dt=0.01;

    ctx.strokeStyle ="rgb(255,0,0)";
    ctx.beginPath();   
    ctx.moveTo(150.+150.*x/30.,150.-150.*y/30.); 
   
    for (i=1;i<=n;i++) {
        kx[1] = fx100420(t + dt, x, y, z) * dt;
        ky[1] = fy100420(t + dt, x, y, z) * dt;
        kz[1] = fz100420(t + dt, x, y, z) * dt;
       
for (j=2;j<=13;j++) {

            xd = x
            yd = y
            zd = z
            for (k=1;k<=j-1;k++) {

                xd = xd + b[j][k] * kx[k];
                yd = yd + b[j][k] * ky[k];
                zd = zd + b[j][k] * kz[k];
            }
            kx[j] = fx100420(t + a[j] * dt, xd, yd, zd) * dt;
            ky[j] = fy100420(t + a[j] * dt, xd, yd, zd) * dt;
            kz[j] = fz100420(t + a[j] * dt, xd, yd, zd) * dt;
        }
       
        for (j=1;j<=13;j++) {
            x = x + c[j] * kx[j];
            y = y + c[j] * ky[j];
            z = z + c[j] * kz[j];
        }

        t = t + dt;
        ctx.lineTo(150.+150.*x/30.,150.-150.*y/30.);   
  }
  ctx.stroke();

}

function fx100420(t,x,y,z) {
     ans = -sig*(x-y);
return (ans);
}
function fy100420(t,x,y,z) {
     ans = -y-x*z+r*x;
return (ans);
}
function fz100420(t,x,y,z) {
     ans =x*y-bb*z;
return (ans);
}

2010年4月19日 (月)

Javascriptで数値計算その1(ルンゲクッタ法でローレンツ方程式)

Javascriptの実験を繰り返してきたけど、ようやく本題に入れる。数値計算をやってみよう。このブログではExcel VBAで8次とか14次のルンゲクッタ法を計算したり、複素数の構造体作ってゼータ関数を計算したりとあんまりよそでやってないことをやってきたけど、それはExcelがたいていどのPCにも入っていて超気軽に試せるのと、あまり誰もやってないからプログラムで文句をつけられることもない。。。ということ。

で、さらに気軽にやろうとするとExcelすらインストールされてないPCでもブラウザくらいはあるだろうと。でそこにはJavascriptは使えるはず、ということでしばらくはJavascriptで数値計算やってみよう。

まずは、ローレンツ方程式くらいだろうなあ。

dx/dt = -σ*(x-y)
dy/dt = -y-x*z+r*x
dz/dt =x*y-b*z

をルンゲクッタ4次(普通。。。まずはこれで試させて)でやってみよう。OKを押すと計算して図示する。

r:
s:
b:
nmax:

※Canvasが現れるまでOK押さないで。

2010年4月18日 (日)

ココログでJavascriptでCanvas機能(excanvas.js)を使う。

一応、さっきの動いたみたいなんで解説を。
http://sci.tea-nifty.com/blog/2010/04/javascript-canv.html
Canvasを使いたいのだが、Internet Explorerはサポートしていない。
そこでexcanvas.jsを使っている。
http://excanvas.sourceforge.net/
ソースはこんな感じで。最初に"excanvas.compiled.js"を使う
宣言をしていれば後はすこぶる簡単にグラフィックスが描ける。
しかしあんまり日本語の解説がないね。誰も使ってないんだろうか。
さてこれができるようになったらようやく本題の数値計算に入れる(続く)。


<!--[if IE]>
<script type="text/javascript" 
src="http://sci.tea-nifty.com/blog/files/excanvas.compiled.js">
</script><![endif]-->

<script>


function func100418() {
  var ctx = document.getElementById('c100418').getContext('2d');
  
  ctx.strokeStyle ="rgb(0,0,0)";
  ctx.strokeRect(0,0,300,300);

  ctx.strokeStyle ="rgb(255,0,0)";
  ctx.beginPath();   
  ctx.moveTo(0,150);  
  for (i=0;i<=300;i++) {
     ctx.lineTo(i,150-50*Math.sin(2.*Math.PI*i/300.));   
  }
  ctx.stroke();
}



</script>
<div><input type="button" value = "OK!" onclick ="func100418()"></div>
<canvas id="c100418" width="300" height="300"></canvas>

ココログでJavascriptを使う(グラフィックス canvas実験編)

先日実験したときはglib2.jsを使ってみたんだが、画面が切り替わるのがちょっとイメージが違うということで、canvasを実験してみる。さて動くかどうか。

OK!を押すと正弦曲線を描くはずですが。。。

(追記) 動いた!けどcanvasが現れるまでちょっと時間がかかる。OK!の下に空間が現れるまでお待ちを。。。

2010年4月17日 (土)

嵐とperfumeがこのクオリティなら日本は大丈夫だ!!!

今日、Perfumeの「ナチュラルに恋して」と嵐の「Troublemaker」を買ってきた。

私の本来の音楽の興味はハイテクフュージョンとジャズとヘビメタとディスコ(全部死語)?なんですが、嵐とPerfumeの曲はいつもいつも大変いい!!!!一体何がいいのかを客観的に考えたんですが、やっぱりスタッフが手を全く抜いてないということでしょうか。アイドルだからこんなもんでいいだろう、みたいな感じがもう一切ありません。作詞作曲アレンジ(多分アレンジが最大の要因かもしれませんが)何か新しいことをしてやろう感満載。

私が一番嫌いなのは、「日本人はもう駄目だ」「若いやつはなっとらん」(石原の都知事の右翼のじいさんがいいそうな。。。)ことをいうじいさん、おじさん連中なんですが(&私もおじさんに入ってると思うけど)、こんな楽曲が売れるということは日本もまだまだ大丈夫ってことですよ!変なおじいさん、おじさんのたわごとを若い人は聞く必要なし!!!がんばれ!!!

元浜を出て、ロサンゼルスへ。

焼肉 玉苑さんのこの看板はすごいなあ。がんばれ!そして元浜に戻ってきて。

Img_2318

2010年4月16日 (金)

ココログでJavascriptを使う(グラフィックス準備編)。

普通にJavascriptが使えるようになったので、次はグラフィックスが使えるかやってみよう。ライブラリがあると簡単そうなので探すと、"glib2.js"というのが見つかった。

http://siva.cc.hirosaki-u.ac.jp/usr/koyama/glib/

さて、これを使ってまたロジスティック写像の図示に挑戦。さて、動くかどうか?動いたらまた解説書きます。

a:
x0:
nmax:

2010年4月15日 (木)

キッザニア/ららぽーと/イトーヨーカドー@甲子園

ほんとに甲子園球場の隣にあります。人が多かった。。。

Img_2313

Img_2315

Img_2316

2010年4月14日 (水)

ココログでJavascriptを使う(準備編その2)。

動くかどうかチェックしてみた。↓

http://sci.tea-nifty.com/blog/2010/04/javascript-eee5.html

紆余曲折後、やっと動いた。結局、普通に動くという結論に。記事を書くとき、「記事の作成」タブじゃなく、「HTMLの編集」のところにJavascriptを書けばそれだけでOK。ただし!その後、「記事の作成」タブに戻ると一部のタグが抜けたり変なことになるのでそれはNG。

でさっき動いたスクリプトはこちら。自慢じゃないが、ほとんどJavascriptのことをしらない(とほほのJavascriptをペラペラ見ただけ。。。)なので書き方が多分変なのはご了承を。

<script type="text/javascript">
<!--
function func() {
  a = parseFloat(document.Form1.avalue.value);
  x = parseFloat(document.Form1.x0value.value);
  n = parseInt(document.Form1.nvalue.value);
  str = "";

  for (i=0;i<=n;i++) {
     str = str + i+" , "+x + "\n";
     x = a*x*(1.-x);
  }
  document.Form1.T1.value = str;
}
// -->
</script>

<form name="Form1" action="#">
<div>
<table>
<tr><td>a:</td><td><input type="text" value = "4.0" name="avalue"></td></tr>
<tr><td>x<sub>0</sub>:</td><td><input type="text" value = "0.1" name ="x0value"></td></tr>
<tr><td>nmax:</td><td><input type="text" value = "20" name ="nvalue"></td></tr>
</table>
</div>
<div><input type="button" value = "OK!" onclick ="func()"></div>
<div><textarea rows="10" cols="30" name="T1"></textarea></div>
</form>

ココログでJavascriptを使う(実験編)。

ココログの記事の中に直接Javascriptを書いてみる方法が、いまいちよくわからない。とりあえずこれでいいんじゃないか?と思う方法で実験してみる。ちゃんと動いているように。。。(動いていたら後で方法書きます)。

計算しているのはおなじみロジスティック写像です。ボタンを押すとテキストエリアに計算結果が出る。

xn+1 = a *xn*(1-xn+1)
a:
x0:
nmax:

2010年4月13日 (火)

甲子園に行ってきた。

JR甲子園口から歩いて30分くらい(阪神電車なら1分なんだが。。。人が多い)。

Img_2307

Img_2308

Img_2309

Img_2310

Img_2312

だいぶきれいになってましたね。

2010年4月12日 (月)

Fallen Physicist, Rising Engineer-2周年

なんだかんだと毎日更新して2年たちましたよ。とはいえ、毎日書いてるわけではなくて、30日分!まとめて書いたりしてるわけですが。

去年と比べて変わったことというと、会社では部下が4倍くらいに増えた(といっても初期が少ないんで。。。)ことと、仕事内容が「鉛筆からミサイルまで」くらいに多岐になったことでしょうかねえ。しかし給料は2003年度くらいのレベルまで下がった。。。2006年をピークにどんどん下がり続けているなあ。

Photo

もうブログタイトルを

Fallen physicist, fallen engineerに変えるか。。。

2010年4月11日 (日)

京都府長選挙の投票に小学校へ。

今日は投票日ということで近くの小学校へ。たまに行くとすべてのもののサイズが小さくて新鮮だなあ。しかし投票用に送られてくるはがきに「本人確認のために誕生日を書いてください」と書いてあるのにおじ(い)さん、おば(あ)さんはまったく読んでなくて書かないのはなぜだろう。行列ができていた。

Img_2365

Img_2366

Img_2367

Img_2368

Img_2369

2010年4月10日 (土)

巨椋大橋を久しぶりに渡ってみた。

今日は非常にいい天気で暑いくらいでしたね。で、ハイキングがてら巨椋大橋をぶらぶらと。まだ桜も見える。

Img_2356

Img_2357

Img_2359

Img_2360

2010年4月 9日 (金)

いつから藤平さんは焼きプリン専門店に?

ラーメン屋の藤平さんですが、この看板はやりすぎじゃないのか?

Img_2107

名物なのはわかるけど。。。

2010年4月 8日 (木)

懐かしい床屋のタオル暖め器

うちの実家で今もつかってるんだけど。。。

Dvc00016

2010年4月 7日 (水)

USB・パラレルポート変換ケーブルを買った。

デスクトップが壊れてノートPCをいまメインマシンにしているのだが、当然パラレルポートがない。持っているプリンタ(EPSON PM890C)は古くてパラレルポートしかない。ということで、変換ケーブルを買ってきた。

このUSBプリンターケーブル PRC01USBだ。

でつないだら、まずは勝手にケーブルのドライバインストールしてくれて、さらにプリンタをつなぐと、これも勝手にドライバインストールしてくれて、終了。普通にテストページが印刷できた。

今の人はもうハードウェア設定で苦労することはないのか。。。

2010年4月 6日 (火)

長岡天神の夜桜(ライトアップ付き)【2010.4.5】

昨日の続き。今度は夜に撮影してみた。

Img_2355

うーん、カメラマンの腕が悪いのか、いまいちきれいにみえないな。実物はもっときれいです。

2010年4月 5日 (月)

長岡天神の桜(2010/4/4)

昨日撮影。今週いっぱいくらいは見ごろかな。金曜までライトアップしているので見に行く方は夜のほうがいいかも。

Img_2350

Img_2351

Img_2352

2010年4月 4日 (日)

「猫のゆりかご」を読んだ。

ボコノン教、アイスナインの名前だけはよく聞いていたけれど、実際に小説を読むのはこれがはじめて。

しょーもないことで破滅的なことになるのは同じ作者の「タイタンの妖女」も髣髴とさせるような。最後に銅像?ができるのもそうかも。

しかし実際に氷にはIce IX相があるらしいぞ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Ice_IX

これね。残念ながら40℃以上でできるもんじゃなくて、140kで200-400Paの圧力だそうですが。

今はアイスフィフティーンまで見つかってるそうです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Ice

2010年4月 3日 (土)

レスラーモデルを超高次ルンゲクッタ(14次)で計算(Excel VBA)

35段14次の超高次ルンゲクッタシリーズ第5弾。

Rosler modelだ。

dx/dt = -(y+z)

dy/dt = x + a*y

dz/dt = b + z*(x-μ)

で計算結果はこちら。

14th

うーん、いろいろやってきたけれどいくら高次といってもそんなに面白いことはないなあ。

次何しようか。

2010年4月 2日 (金)

大黒寺に行って来た。

伏見にて。出世大黒天と言われるとお参りしないわけにはいくまい。20円で3本お線香がともせます。

Img_2118

Img_2123

Img_2124

2010年4月 1日 (木)

「天河伝説殺人事件」を読んだ。

なかなか面白かった。推理ものとしては(ネタバレ?)重要人物が後半にならないと出てこないのであれですが、能とか伝説ものとして楽しく読めました。

しかしこれ読んだ人が大挙して(出会いを求めて)天川村にいったとか言う話はないのだろうか。おそらくそんなうまい話はありません。。。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ