« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

「みなしごハッチ」はやっぱりまずくて「みつばちハッチ」になったのかな。

ハッチがリメイクされて映画になるそうだ。

http://www.hutch-movie.jp/

でもやっぱり「みなしご」は放送禁止用語なんで、「みつばち」に改められてる。これじゃみつばちマーヤと混乱するよ。。。

放送禁止と言えば、ガンダムでブライトさんが「めくら撃ちしろ」と言ったのが「ピー撃ち」になっているのを最近聞いたなあ(最近といっても5年くらい前)。

そんなことより、最近、幼い子供を虐待したりネグレクトしたりで殺している若い人が多くてものすごく悲しい。死んだ子供は、このハッチ以上にお母さんを必要としていたはずなのに。。。やりきれない。

うちの母親は昔こういう事件があるたびに「いらないんならうちにくれ!ちゃんと育てるから。」と言っていたが、私は「ペットとかものじゃないんだから。。。」と言っていた。が、うちの母親が正しいと思うなあ。

2010年7月30日 (金)

錦水亭に行ってきた。

ちょっと前ですが、6月のお誕生日にたけのこ料理で有名な錦水亭に行ってきました。

まずは個室からの眺め。雰囲気抜群。

Img_2445

まずはタケノコの木の芽あえとお刺身。

Img_2443

いろんなオードブル系のもの。

Img_2444

田楽ももちろんたけのこ。

Img_2447

この大きなタケノコの煮物(じきたけ)がおいしかった。

Img_2448

で焼筍も香ばしい。

Img_2449

なぜか鯉の飴煮。私はちょっと川魚は苦手。。。でも臭みは全然なかったですよ。

Img_2450

タケノコのてんぷら。とおもち系のもの。

Img_2451

飲み物は店の名前が入った焼酎。

Img_2452

酢の物ももちろんたけのこ。

Img_2454

そして、筍ご飯。

Img_2455

で、デザートにはメロン。

Img_2456

一人前20000円のコースでおなかいっぱいでした。筍尽くしですが、全然飽きませんでしたよ。5人で飲み物込みで13万円くらいでした。

2010年7月29日 (木)

「双頭の悪魔」を読んだ。

学園アリスシリーズの3作目です。これが一番面白かったかな。分断された2か所でそれぞれに殺人事件が起き、片方は江神さんが明晰に、もう片方はアリスたちがあーでもないこーでもないと解決していきます。

で3つの読者への挑戦が付いています。最初の2つはまあそうかな、と思っていたんですが、最後のはわからんかった。

2010年7月28日 (水)

宝塚のお土産”やきもち”をおまけしてもらった。

おみやげに宝塚でやきもちを買ったのだが、遅くいったので12個入り、6個入りとも最後の1個だった。で12個入り(693円くらい)を買おうとしたら、800円だせば6個入りもおまけでつけてくれるというので付けてもらった。800円で18個だ。お得。

Img_2552

と思ったけど、多すぎて家人が食べ過ぎて怒られていた(笑)。

2010年7月27日 (火)

「ナイチンゲールの沈黙」を読んだ。

1作目のバチスタが面白かったので期待して読んだ。バチスタはプロットが超秀逸だったんだけれど、1作目(でしかもお医者さん)ということで小説としては???というところもありました。

が、この作品では明らかに腕をあげてる(えらそうですみません)。面白いです。ただ、ファンタジーになっちゃってるのでそこだけがちょっと不満。このシリーズ読んでいきます。

しかし田口と白鳥は40過ぎのさえない親父と小太りだけどアルマーニを着てるやっぱり親父、という設定なんですが、テレビ版の伊藤君と仲村トオルさんもいい味だしてる。こっちのほうのイメージでみちゃうなあ。

2010年7月26日 (月)

JR城陽駅からお帰り。

ずっとぶらぶらしてたが、ここで電車でお帰り。疲れた。。。

Img_2510

Img_2509

Img_2511

Img_2512

Img_2513

Img_2514

2010年7月25日 (日)

森毅さんがお亡くなりに。。。ご冥福をお祈りします。

リアル森さんと言えば、大学構内をたばこを吸いながらだらしない服装で歩いていた印象しかないんですが。。。お書きになったものは日本評論社の数学のムック本なんかで一松信さんのものと並んでよく見させていただきました。

http://www.asahi.com/obituaries/update/0725/OSK201007250090.html

若かりし頃の生意気な自分は森さんは数学者じゃないなー、業績もないし(論文2本。。。)、と思っていましたが、やっぱりエッセイなどは面白く、今ではああいう風になれたらいいなと思いますね。ご冥福をお祈りします、

久世神社の前を通りかかった。

入れないっていうか、入口が踏切に見えるのは気のせいだろうか?

Img_2505

Img_2506

Img_2507

Img_2508

2010年7月24日 (土)

芝ヶ原遺跡を通りかかった。

この前に久津川車塚古墳を通りかかったばかりですが、ここもよくわからん。小学校の前にありました。

Img_2503

Img_2504

2010年7月23日 (金)

久津川車塚古墳を通りかかった。

というか看板がなかったら単なる草むらとしか見えない。。。古墳ってたいていそうですね。入れないし。

Img_2501

Img_2502

2010年7月22日 (木)

”ロバートソン反応”の方程式を陰的ルンゲクッタで(Excel VBA)

ロバートソン反応を表す式

y1' = -0.04*y1 + 1.e4 * y2*y3

y2' = 0.04*y1 - 1.e4*y2*y3 - 3.e7*y2^2

y3' = 3.e7*y2^2

を陰的ルンゲクッタ(ラダウIIA)で計算。これも最初ステップ細かくして、あと粗くしないと大変。

Robertson

2010年7月21日 (水)

ツバメの子@宝塚駅

阪急の宝塚駅でみんなが写メを撮っているので何かとみてみたら、ツバメが巣を作っていて、そこにもうだいぶ大きくなった子供たちが。

Img_2551

そういやうちの実家も昔ガレージに毎年ツバメの巣ができていたが、ある年、近所の友達の弟の同級生(長い。。。)が巣をぶちこわしてしまって、それ以来来なくなった。なんてことするんだ。ひどい。

2010年7月20日 (火)

「浅見光彦殺人事件」を読んだ。

このシリーズを3作以上読んだ人に読んでほしい作品、ということで3作以上読んだのでやっと読んでみました。(ネタばれ全開で)。

この前、「どんどん橋、落ちた」を読んだばっかりで登場人物は全部疑ってかかっていたので、最初の登場から、「こんなことを浅見さんは言わない!」、というのですぐわかりましたよ。なるほど、3作くらい読んで浅見光彦のキャラを知っておいてほしいということですね。

2010年7月19日 (月)

「Self-Reference ENGINE」を読んだ。

"Difference Engine"のパロディなのかな?と勝手に思って読み始めましたが、違いました(が、最後はそんな感じといえばそう。ネタばれ?)

未来過去が入り混じって巨大知性体が演算戦争をしているという舞台で、いろんな短編がちりばめられているという展開。いろんなパロディもたくさん入っている(フォークト・カンプフってなんだっけとしばらく考え込んでしまった)。

。。。がちょっと散漫かなあ。数学ネタは私もそこそこ知っているだけにそれが面白い!とはならないし。

2010年7月18日 (日)

スティフなvan der Pol方程式を陰的ルンゲクッタで計算(Excel VBA)

van der Pol方程式

y1' = y2

y2' = ((1-y1^2)*y2 - y1) /ε

は、εが1程度なら普通の陽的ルンゲクッタでOK。でもε= 1.e-6みたいなときは非常に硬い(Stiffな)方程式になってしまう。そこで陰的ルンゲクッタで計算。スキームはラダウIIA。

ただし、ステップ幅は可変にしないとめちゃくちゃ効率悪い。で、計算結果はこちら。

Vanderpolstiff

そりゃy2が0から1.e6まで急激に変わるんだから解きにくいはずだわ。

2010年7月17日 (土)

「パプリカ」を読んだ。

筒井さんの作品ってちゃんと読んだことがなかった気がする。今はビーバップハイヒールのコメンテータ(かしこブレーン)の印象しかない。。。

さてパプリカですが、第一部は面白かった。第一部は。。。

第二部は私はこういうのダメ。グレッグ・イーガンみたいにもっともらしい理論をつけてくれていたらいいんですが。。。まあ最後で全部夢だった(というか夢が全部に広がった/現実とはまったく関係なかった)というなら夢オチか?

2010年7月16日 (金)

「孤島パズル」を読んだ。

1作目の「月光ゲーム」は少し荒いなと思ってましたが、こっちのほうが面白かった。

グラフを思わず作ってしまいましたよ。形はわかったけど、ちゃんと最初のほう読んでなかったので何の形かわかってなかったorz

しかし江神氏は魅力的なキャラですね。女性ファンが多そう。

2010年7月15日 (木)

車検のコバックのキャラはなぜかサンタ?

しかしこの看板、尼崎で(1番)安い車検宣言!!って書いてあったんだろうね。なぜ消したんだろう?クレーム?

Img_2317

2010年7月14日 (水)

陰的ルンゲクッタ法(ラダウIIA)でOregonatorを計算(Excel VBA)-その2

「常微分方程式の数値解法II」にもオレゴネータの例が出ていた。ちゃんと再現するか確認。

式は

y1 ' = 77.27 * (y2 + y1*(1-8.375E-6*y1-y2))

y2'=(y3-(1+y1)*y2)/77.27

y3' = 0.161*(y1-y3)

ソースはこちら。

「implicit-Oregonator2.txt」をダウンロード

実は!常微分方程式の数値解法IIでちょっと誤植があって、初期条件は

y1=1,y2=2,y3=3ではなく、y1=2,y2=1,y3=3ですよ。これなら本の内容を完全に再現しました。

Orego21

Orego22

2010年7月13日 (火)

宝塚歌劇の中を通りがかった。

川辺からはなのみちに戻るときの通り道。

Img_2485

海軍の記念碑がなぜか非常にひっそりと。

Img_2484

2010年7月12日 (月)

宝塚ファミリーランドの足こぎボートによく乗っていたが、今はこんな風に。。。

子供のころ、よくうちの姉と乗っていて死ぬほど楽しかった足こぎボート。今は単なる川?に。。。さびしい。。。

Img_2482

Img_2483

2010年7月11日 (日)

雨の中、投票に小学校へ/あさがおがきれい。

京都方面でも結構強く雨が降っていたけれど、選挙にいくのは国民として当然。

Img_2550

小学校でこの季節だと、やっぱり朝顔が栽培されていた。

Img_2547

水滴がついているのもきれいですな。

Img_2549

Img_2548

2010年7月10日 (土)

宝塚ガーデンフィールズへ行ってきた。

住宅展示場を抜けて入ります。

Img_2476

宝塚ファミリーランドにあったメリーゴーラウンドもここ。

Img_2477

階段を降りて。。。

Img_2478

ドッグランとかあるな。

Img_2479

英国風庭園(シーズンズ)もあります。

Img_2480

ベンチも多いので本を読んでのんびりするのにいいでしょう。手塚治虫記念館のお隣ですよ。

イカロスが動いた!/はやぶさもカプセル内にさらに微粒子発見!

太陽光を帆に受けて進むという、あのイカロスが動いたそうですね。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2EBE2E7908DE2EBE2E5E0E2E3E29180EAE2E2E2;at=ALL

いやー、こんな夢の様なことが実現するとはすばらしい。

はやぶさのカプセルもさらに微粒子が発見されたとか。

http://mainichi.jp/select/science/news/20100708ddm012040014000c.html

こういうのを聞いていると、私もがんばらないとなー、とか思う。

2010年7月 9日 (金)

のぞみに乗って「牛すき重」を食べた。

久しぶりに東京出張。帰りが遅くなったので車内で駅弁。

Img_2474

よく考えると毎回この牛すき重を食べている気がするなあ。

Img_2475

味は普通です(というと身も蓋もないが)。

2010年7月 8日 (木)

くじら雲

見たままです。

Img_2362

2010年7月 7日 (水)

陰的ルンゲクッタ(ラダウIIA)でOregonatorを計算(Excel VBA)

さて、スティフな(硬い)方程式の例としてまずはオレゴネータかな。8次のルンゲクッタで計算したときに、すさまじく計算しにくかったです。

http://www.scholarpedia.org/article/Oregonator

εdx/dt = q*y - x*y + x*(1-x)

ε'dx/dt = -q*y - x * y + f *z

   dz/dt = x - z

で計算結果はこちら。何も考えなくてもふつーに計算できる!!!!すごい!!!!

Oregonatorimplicit

これもソースをつけておきます。

「implicit-Oregonator1.txt」をダウンロード

2010年7月 6日 (火)

フィリピンの刑務所で受刑者が踊るThey don't care about usは感動的。

この前見たマイケルジャクソンの”This is it”の中でも一際印象的だったのは"They don't care about us"。

それを有名なフィリピンの刑務所ダンスでやっていた。

もともとのマイケルのプロモーションビデオでは刑務所内という設定でやっていたのでぴったり。

特に大勢が交差するシーンは鳥肌が立つほどすごい。こんな刑務所なら入ってみたい(ことはありません)。

「北の夕鶴2/3の殺人」を読んだ。

吉敷竹史シリーズを読んだのは2作目。こんな熱血(ちょっと違う?)的な刑事が出てくる島田さんの作品は意外な気がちょっとするなあ。

(ネタばれ)でも大がかりなロープのトリックはいつも通り。結局元奥さんは正当防衛で無罪なのだろうか。

2010年7月 5日 (月)

微熱の定義って?(再掲)

さっきから咳が止まらない。熱を測ったら37.4℃でした。微熱ですな。夏風邪かな。

だいぶ前にも書いたけれど、微熱の定義って37.0-37.9℃らしい。

http://www.karadakara.com/dict/keyword/%E5%BE%AE%E7%86%B1.html

これは平熱によらないということ。しかし私が以前この微熱の話について書いたころの私の平熱って35.9℃くらいでした。↓

http://sci.tea-nifty.com/blog/2008/04/post_3896.html

しかし、最近の私の平熱って36.4℃くらいまで上がりましたよ。”体温を上げると健康になる”っていう本がでてるらしい↓。

が、私の場合だけでいうと、低体温のときのほうが全然健康でした。ま、微熱が出た時のしんどさだけはちょっとましかな、くらい。低体温のときのほうが若かったからというのもありますが。

「無限記憶」を読んだ。

「時間封鎖」が面白かったので、その続編である「無限記憶」を読んだ。

原題はAXISですが、この邦題は思いっきりネタばれじゃないですか(笑)。まあネタばれしたから面白くなくなるという種のものではないですけれど。

で、これも面白かった。なんとなく真ゲッターロボにみんな取り込まれていくイメージ(全然違うか)。しかし私のイメージが貧困なので、灰からいろいろでてくるとか、眼のある薔薇とか想像するのが難しい。。。三部作ということなので続編も楽しみ。

2010年7月 4日 (日)

陰的ルンゲクッタ法(ラダウIIA)をExcel VBAに移植した。

硬い(スティフな)微分方程式を数値的に効率的に計算するには、陰的ルンゲクッタ法がいいということはよく知られている。しかーーーーし、これをVBAで計算している例を見たことがない。普通のCやFortranだって結構少ない。

このブログでは14段8次の陽的ルンゲクッタ Dormand-Prince法や、35段14次のルンゲクッタなど、普通のネットでいくらでも見られる4段4次ルンゲクッタなどとは一線を画す(うそです。単に私の暇つぶし。。。)方法でいろいろな微分方程式を計算してきたが、さらに進んで陰的ルンゲクッタに進もうと。

で、先日、連立一次方程式をLU分解をExcel VBAで計算するライブラリを移植したのでできるはず。できるはずだが、結構めんどくさかった。

陰的に計算するのに多変数のニュートン・ラフソン法を使う。なので、ヤコビアンも手で与える必要がある。方法は「常微分方程式の数値解法II」に出てきた「ラダウIIA」(Radau IIA)法を使った。3段5次でA安定。この本にはラダウIIAとか、ロバットIIICとか、マジンガーZの機械獣のような名前の手法(古すぎる。。。)がいっぱい。

で、ようやく完成。プログラムは無茶苦茶だが、参考になるかと一応ソースごと公開。実用的に使うにはちゃんと収束判定とかしてね。

「implicit-Lorenz.txt」をダウンロード

まずは硬くないけど、ローレンツ方程式。

Implicitlorenz

ふつーに計算できた。さて次は硬い方程式に進もう(続く)。

2010年7月 3日 (土)

Excel VBAにNumerical RecipesのLU分解ライブラリを移植して連立方程式を計算

連立一次方程式を解くプログラムがちょっと必要になって、ニューメリカルレシピに載っていたLU分解のライブラリを移植してみた。

ソースはこちら↓

「Matrix.txt」をダウンロード

使い方は、まずax = bを解きたいとき、

とりあえずconst のnに行列の大きさを定義しておいて、

    Dim a(n,n) as double

    Dim b(n) as double

    で行列、ベクトルを定義。

    Call ludcmp(a, indx, d)
    Call lubksb(a, indx, b)

とするとbにxの値が入る。てことで、aとbは呼び出すと破壊されます(もともとそういう仕様)。

もっと簡単には 

  Call linsolve(a,b)

を勝手に用意しましたよ。

ついでに逆行列も

    Call invmat(a)

行列式も

   d = det(a)

なんかで計算できます。ご承知の通り、一切エラーチェックをしてないので、不具合が出ても責任はもてません。。。

こんな感じで使う。

Sub ボタン1_Click()
    Dim a(n, n) As Double
    Dim indx(n) As Integer
    Dim b(n) As Double
    Dim d As Double
    Dim i As Integer, j As Integer

   
    For i = 1 To n
        For j = 1 To n
            a(i, j) = 0#
        Next j
    Next i
   
    a(1, 1) = 5#
    a(1, 2) = 10#
    a(1, 3) = 14#

    a(2, 1) = 3#
    a(2, 2) = 8#
    a(2, 3) = 2#

    a(3, 1) = 2#
    a(3, 2) = 5#
    a(3, 3) = 4#
   
    b(1) = 15
    b(2) = 1
    b(3) = 6
   
    Call linsolve(a, b)

    For i = 1 To n
        For j = 1 To n
            Worksheets("Sheet1").Cells(i, j) = a(i, j)
        Next j
    Next i
   
    For i = 1 To n
        Worksheets("Sheet1").Cells(i, n + 4) = b(i)
    Next i
   
End Sub

2010年7月 2日 (金)

住吉神社でお参り。

JR住吉駅を降りてすぐです。

Img_2427

Img_2428

Img_2429

Img_2430

2010年7月 1日 (木)

鳥山雄司さんの"Silver shoes"は神曲

学生時代にFMで流れているのを聞いて、一発で気に入ってしまいました。しかし完全にタイトルすら忘れていたのですが、さすがyoutube。ちゃんと探せばありました。

私が本当に好きな”フュージョン”ギター曲(死語)はラリーカールトンのRoom335とこれなんです。どっかに売ってないかな。。。

「奇想、天を動かす」を読んだ。

御手洗さんシリーズ以外のものを初めて読んだ。吉敷竹史シリーズですが、これってあんまり売ってないので。。。

しかし最初の消費税をとられたことに腹を立てて。。。からものすごく壮大なお話になるところはさすが。御手洗さんのものも日本人とは、というところがありますが、これはさらに具体的な日本人はどうすべきか、という話です。しかし島田さんは手法として小説内小説がお気に入りですね。

爆発の件は、私小学生のころ、これを使って爆弾を作ろう(もちろん武器じゃないよ。実験用だけですよ。私は超平和主義者。)としたことがあるのですぐわかったですよ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ