« JR城陽駅からお帰り。 | トップページ | 宝塚のお土産”やきもち”をおまけしてもらった。 »

2010年7月27日 (火)

「ナイチンゲールの沈黙」を読んだ。

1作目のバチスタが面白かったので期待して読んだ。バチスタはプロットが超秀逸だったんだけれど、1作目(でしかもお医者さん)ということで小説としては???というところもありました。

が、この作品では明らかに腕をあげてる(えらそうですみません)。面白いです。ただ、ファンタジーになっちゃってるのでそこだけがちょっと不満。このシリーズ読んでいきます。

しかし田口と白鳥は40過ぎのさえない親父と小太りだけどアルマーニを着てるやっぱり親父、という設定なんですが、テレビ版の伊藤君と仲村トオルさんもいい味だしてる。こっちのほうのイメージでみちゃうなあ。

« JR城陽駅からお帰り。 | トップページ | 宝塚のお土産”やきもち”をおまけしてもらった。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイチンゲールの沈黙」を読んだ。:

« JR城陽駅からお帰り。 | トップページ | 宝塚のお土産”やきもち”をおまけしてもらった。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ