« キュービックルーマンが異様にかっこよく見えるのは私だけ? | トップページ | 鳥山雄司さんの"Silver shoes"は神曲 »

2010年7月 1日 (木)

「奇想、天を動かす」を読んだ。

御手洗さんシリーズ以外のものを初めて読んだ。吉敷竹史シリーズですが、これってあんまり売ってないので。。。

しかし最初の消費税をとられたことに腹を立てて。。。からものすごく壮大なお話になるところはさすが。御手洗さんのものも日本人とは、というところがありますが、これはさらに具体的な日本人はどうすべきか、という話です。しかし島田さんは手法として小説内小説がお気に入りですね。

爆発の件は、私小学生のころ、これを使って爆弾を作ろう(もちろん武器じゃないよ。実験用だけですよ。私は超平和主義者。)としたことがあるのですぐわかったですよ。

« キュービックルーマンが異様にかっこよく見えるのは私だけ? | トップページ | 鳥山雄司さんの"Silver shoes"は神曲 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/47565464

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇想、天を動かす」を読んだ。:

« キュービックルーマンが異様にかっこよく見えるのは私だけ? | トップページ | 鳥山雄司さんの"Silver shoes"は神曲 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ