« 「黒猫の三角」を読んだ。 | トップページ | 全く逃げないすずめ@大和八木 »

2010年8月20日 (金)

「地獄の奇術師」を読んだ。

二階堂さんの作品を読むのは初めて。で最初の方は子供のころに読んだ少年探偵団シリーズのような趣きで懐かしかった。しかし、注釈が多すぎ!&それを読まないとわからない(でも実は本筋にはあまり関係なかった。。。(ネタばれ?))ことがあったり。注釈読もうとして最後の方のページや島田さんの解説開きそうになったり危なかった。そこだけは不満。。。

しかしいろんな小説を読みこんでおられることはよくわかった。犯人は最初からいかにも怪しい人でしたが、動機の説明がこんなに長い小説も珍しい。ネタばれすると「セブン」か。

全体的には面白かったですが、探偵側のキャラが弱すぎ。。。シリーズだそうなので、これからたっていくのでしょうけれど。

« 「黒猫の三角」を読んだ。 | トップページ | 全く逃げないすずめ@大和八木 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/48848130

この記事へのトラックバック一覧です: 「地獄の奇術師」を読んだ。:

« 「黒猫の三角」を読んだ。 | トップページ | 全く逃げないすずめ@大和八木 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ