« 「ウォール街を殺した数式」はGaussian copula formula | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んだ。 »

2010年8月 3日 (火)

「密閉教室(新装版)」を読んだ。

法月綸太郎さんの作品を読むのは初めて。

デビュー作ということでちょっと文章がぎこちない?(というかみんな観念的なことをしゃべりすぎ)というところがありますが、なかなか面白かったです。犯人が二転三転しますが、結局最後に出てきた説明でいいんですかね。

あと、ネタばれでもなんでもないですが、ドラえもんで出てきた「のび太」が「のび犬」と書き間違えたエピソードのリスペクトが出てきます(?)。

あと高校生探偵工藤くんが出てきますが、コナンと違って活躍しません。。。(コナンはここから取ったの?)

コーダはしかしよくわからなかった。

« 「ウォール街を殺した数式」はGaussian copula formula | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/48669473

この記事へのトラックバック一覧です: 「密閉教室(新装版)」を読んだ。:

« 「ウォール街を殺した数式」はGaussian copula formula | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んだ。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ