« 「密閉教室(新装版)」を読んだ。 | トップページ | Henon写像を100000桁精度で計算(PARI/GP) »

2010年8月 4日 (水)

「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んだ。

このシリーズを読んだのも3作目ですが、どんどん小説としての完成度が上がっている気がします。殺人事件すらでてこないですが(平行して時間が流れている「ナイチンゲールの沈黙」で起きてますが)、十二分に面白い。

特に、姫宮さん初登場がぐっときた。でかくてピンクのフレームのメガネで、ドジっ子なんだけど実は鋭いという。これドラマ・映画では出てこなかったと思うけど、ぴったりの女優さんがいないんだろうね。

« 「密閉教室(新装版)」を読んだ。 | トップページ | Henon写像を100000桁精度で計算(PARI/GP) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/48676948

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んだ。:

« 「密閉教室(新装版)」を読んだ。 | トップページ | Henon写像を100000桁精度で計算(PARI/GP) »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ