« 「鳥人計画」を読んだ。 | トップページ | 「素数階段」をkeisan.casio.jpにUP! »

2010年9月24日 (金)

「8の殺人」を読んだ。

我孫子さんの作品を読むのはこれが初めて。ユーモアたっぷりの楽しい、けれど本格派の推理物です。

しかし、メイントリックは最初、囁きの回廊を使うのかと思った。レイリー卿が解析したというwhispering galaryですよ。エアリー関数で解析するという。全然違いましたが。

でも囁きの回廊を使った推理小説ってまだないですよね?誰か使いませんか?でもガリレオ以上に読者を置いてきぼりかもしれませんが。。。館物で使えると思う。

« 「鳥人計画」を読んだ。 | トップページ | 「素数階段」をkeisan.casio.jpにUP! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/49038562

この記事へのトラックバック一覧です: 「8の殺人」を読んだ。:

« 「鳥人計画」を読んだ。 | トップページ | 「素数階段」をkeisan.casio.jpにUP! »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ