« 「悪意」を読んだ。 | トップページ | ドラゴンカーブをExcelで書いてみる。 »

2010年11月13日 (土)

「乱鴉の島」を読んだ。

有栖川有栖+火村先生+嵐の孤島もの。ひさびさにこういうのを読んだ。烏、クローン人間、ホリエモンなどギミックがいっぱい。またドラえもんの「のび犬」と「のび太」描き間違いのリスペクト(絶対違う)もあります。

一旦は魍魎の箱みたいなファンタジー?系なのかな、と思ったが、最終的には完全に論理的なお話に落ち着いた。でもこの2人の子供たちを主人公で探偵シリーズとか描けそう。

微妙に新しく微妙に古いですが、それはしょうがない(ES細胞がiPS細胞になったり、イリジウム倒産とか、ホリエモン倒壊?)。

« 「悪意」を読んだ。 | トップページ | ドラゴンカーブをExcelで書いてみる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/49508282

この記事へのトラックバック一覧です: 「乱鴉の島」を読んだ。:

« 「悪意」を読んだ。 | トップページ | ドラゴンカーブをExcelで書いてみる。 »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ