« 「螺鈿迷宮」を読んだ。 | トップページ | 長岡天神の紅葉 »

2010年11月28日 (日)

「UFO大通り」を読んだ。

ものすごく久しぶりの御手洗/石岡コンビの短編2編。2編とも死因が一緒という。私も子供のころ、これを非常に恐れていた。あぶに刺されただけで、これになるんじゃないかと(ネタばれ?)。

宇宙大戦争の正体はいかに!というギミックは島田さんらしいですが、まあ大作の「眩暈」とか「ネジ式ザゼツキー」から比べると(国内の事件でもあり)スケールは小さい。でもその分さらっと読めていいかも。”傘を折る女”も安楽椅子探偵の極致ですね。

« 「螺鈿迷宮」を読んだ。 | トップページ | 長岡天神の紅葉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/50146328

この記事へのトラックバック一覧です: 「UFO大通り」を読んだ。:

« 「螺鈿迷宮」を読んだ。 | トップページ | 長岡天神の紅葉 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ