« ライトアップされた高台寺に行ってきた。 | トップページ | 「プリズム」(貫井徳郎)を読んだ。 »

2010年12月13日 (月)

「慟哭」を読んだ。

貫井さんの作品を読むのは初めて。評判がよかったので楽しみに読んでみた。これがデビューとは到底思えないくらいの筆力というか、引き込まれました。

ただ、私のミスで、「叙述トリック」をwikipedeaで見ていたときに、この慟哭が一例としてあげられていたのを読む前にみちゃった。。。ラストはこれを知らなかったらもっと衝撃だったと思うのに。。。最初から「殺戮にいたる病」のように違いない、と読んじゃったので。。。

しかしこれが面白いのには違いない。貫井さん作品はこれからも読んでいこうと思います。

« ライトアップされた高台寺に行ってきた。 | トップページ | 「プリズム」(貫井徳郎)を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/49832411

この記事へのトラックバック一覧です: 「慟哭」を読んだ。:

« ライトアップされた高台寺に行ってきた。 | トップページ | 「プリズム」(貫井徳郎)を読んだ。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ