« 「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 | トップページ | 天皇陛下がさかなクンに言及。なんかうれしい。 »

2010年12月23日 (木)

「女王様と私」を読んだ。

最初は結構ほのぼの系なのかな、と思ったらさすが歌野さん、まったくすんなり終わりません。途中である種、夢オチみたいになってうーんと思っていたら、それすら単なる伏線だったり。やはり歌野晶午さんは今、一番面白い作家だ。

でもあのメールの文字を真面目に書いていると思うと笑える(笑)

« 「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 | トップページ | 天皇陛下がさかなクンに言及。なんかうれしい。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/49952975

この記事へのトラックバック一覧です: 「女王様と私」を読んだ。:

« 「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 | トップページ | 天皇陛下がさかなクンに言及。なんかうれしい。 »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ