« ブードゥー・チャイルドを読んだ。 | トップページ | 福知山のかき末さんに今年も行ってきた。 »

2011年1月 4日 (火)

「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」を読んだ。

タイトルが非常に買うのが恥ずかしいようなものですが、中身はいたってまっとうな推理小説です。というかひとみちゃんはダンスも探偵もほとんどしてないですが。。。短編の連作ですが、それぞれの登場人物が実は次の話で真相がわかるとか、極めて狭い地域の中で起きる殺人事件です。小学生のクラス全員の靴がなくなる話とか、島田荘司さんばりの変なふうに折れ曲がった小学生の死体が実は。。。というのが面白かった。

歌野さんお得意の叙述トリック(トリックじゃないか。。。本題には全く関係ない)も最後にありますよ。

« ブードゥー・チャイルドを読んだ。 | トップページ | 福知山のかき末さんに今年も行ってきた。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/49568385

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」を読んだ。:

« ブードゥー・チャイルドを読んだ。 | トップページ | 福知山のかき末さんに今年も行ってきた。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ