« 「犯罪ホロスコープ 六人の女王の問題」を読んだ。 | トップページ | ココエ 尼崎へ行ってきた。 »

2011年2月23日 (水)

「放浪探偵と七つの殺人」を読んだ。

もう今では出てこない信濃さん(意図的に歌野さんが"殺した"ので)が探偵役の短編です。が、黄色いタンクトップの人というと、もう宮城マリオさん(というかパワフルマン)しか思いつかない。髪型が短いという違いがあるけれど、もう映像的に宮城さんが探偵をしているとしか思えなくて作品とは別のところで笑っていた。

それはそうと、「有罪としての不在」がよかったです。一見、よくある読者への挑戦かと思いきや、途中であれ?これで終わりじゃないの?となるという。

W=mghは理系の人にはおなじみ。でもロープかと思った。これをロープでやると綾辻さんの殺人方程式になるのかという。

« 「犯罪ホロスコープ 六人の女王の問題」を読んだ。 | トップページ | ココエ 尼崎へ行ってきた。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/50110811

この記事へのトラックバック一覧です: 「放浪探偵と七つの殺人」を読んだ。:

« 「犯罪ホロスコープ 六人の女王の問題」を読んだ。 | トップページ | ココエ 尼崎へ行ってきた。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ