« 藤井隆くんがまたやってくれた!沢田玉恵さんの”花の精” | トップページ | 「アルキメデスは手を汚さない」を読んだ。 »

2011年3月10日 (木)

「極北クレイマー」を読んだ。

最近、文庫化されていたので早速読んでみた。

夕張市をモデルにしているけれど、具体的な職員さんとの関連はないということですが、どうもうがった見方をしてしまいがちなほど登場人物がお役所の人っぽい。

”でかくてきれいな”姫宮さんは上巻で登場しますが、早々に退場してしまいます。田口/白鳥ペアも言及するだけででてきません。田口さんのことを姫宮さんが語るくだりが笑えるのと、やっぱり速水さんが一言だけでてきます。また、この本では田口さんのポジションを今中さんがやっているのだが、田口さん以上に不遇。。。

あとは地域医療や、医療過誤、司法と警察の問題とかを海堂さんが(?)熱く語ります。この方は医療の問題提起を小説でされるのでいつも考えさせられます。

しかしちょっとカタルシスがなさすぎかな、と思ったけれど続編もあるそうなのでそれに期待。

« 藤井隆くんがまたやってくれた!沢田玉恵さんの”花の精” | トップページ | 「アルキメデスは手を汚さない」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/51049244

この記事へのトラックバック一覧です: 「極北クレイマー」を読んだ。:

« 藤井隆くんがまたやってくれた!沢田玉恵さんの”花の精” | トップページ | 「アルキメデスは手を汚さない」を読んだ。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ