« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

マラゴニー効果って何?(トイレスタンプクリーナー)、というかバブル君効果って何?

この前、テレビを見ていたらジョンソンの"スクラビングバブル トイレスタンプクリーナー"という商品のCMをやっていた。こんなの↓

http://www.johnson.co.jp/cm/sb_stamp.html

http://www.johnson.co.jp/corporate/pressrelease/20110308.html

商品そのものは便器内部にスタンプのように洗浄剤を押しつけるもので、面白いんですが、その効果の説明に”マラゴニー効果”できれいになる、とあった。

何これ?聞いたことない。というか、昔よく似たフレーズをどこかで。。。

あ、マランゴニ対流(効果)のこと?

このJAXAの解説がわかりやすい。

http://kibo.jaxa.jp/experiment/theme/first/marangoni/kiso.html

この動画は、マランゴニ効果が端的に出てるというワインの涙。見たことある?

樟脳船(しょうのう船)が動く原理と同じか。

洗浄剤の部分と、流れた後の水で濃度差(表面張力差)があるから対流できれいになるということでしょうかね?

そこまでの効果があるかどうかは見てみないとわかりませんが。。。でもなぜ一般的なマランゴニでなくマラゴニーって使ったんだろう。ある分野ではそう呼ぶのかな。

※5/7追記マランゴニ効果は イタリア人物理学者のCarlo Marangoniさんにちなむ。もしかしたらイタリア語では Marangoniのnを読まないのか、と思って調べたけどそんなこともなさそう。ボンジョールノとかちゃんと n発音してるし。

※5/22追記

CMに出演している女性は鶴岡ひなたさんだそうです。

http://home.super-ball.jp/?eid=1231602

*2012/4/10追記

新CMが出てましたが、、、驚きのマラゴニー効果という言葉が消えましたね。驚きのバブル君効果だって。

http://www.scrubbingbubbles.jp/products/stamp/cm.html

やっぱり各方面から突っ込まれたのかな?

2011年4月29日 (金)

HiggsがLHCで見つかったとかいうLeakに対し、CERN所長がお説教。さすが。

ちょっと前からLHCでHiggsが見つかったとかいうwikileaksまがいの漏えいがあって、一部で話題だったのだが、CERNの所長、Rolf-Dieter Heuerさんからの声明がありました。

http://user.web.cern.ch/user/news/2011/110428.html

ピアレビューも受けていない内容の漏えいをまともに受けるなんて”どうかしてるぜ!”とのこと。

さすが。やっぱりでかい組織の長はこれくらい言えないと。

最近、フェルミラボのTevatronで新粒子が見つかったとか見つからないとか

http://slashdot.jp/~phason/journal/528826

あって、これも眉唾もんだが、これに焦ったLHCの誰かがリークしたんだろうね。。。

あまり先走ると論文捏造になるよ。。。

(シェーン)

http://sci.tea-nifty.com/blog/2008/05/post_3aa8.html

(アニリール・セルカン)

http://sci.tea-nifty.com/blog/2010/03/post-ff29.html

「二の悲劇」を読んだ。

「一の悲劇」は「頼子のために」の続編ということでしたが、これは別シリーズか。

タイトルにふさわしく、ニコイチ(関西弁?二人いつも一緒の仲良しさん)のような人たちの悲劇を描いています。途中で、たぶん誤解しているのは逆の方(嘘をついていると思っている人の方が嘘をつかれている。。。)というのはわかったけど、それがニコイチの最たるものの関係とは。。。あとで読み返すと、そういう風にも取れる表記ばかりなのでフェアですが。

2011年4月28日 (木)

オレゴネータ(Oregonator)をドルマン・プリンス法で計算(Excel VBA)

化学反応のモデルとして有名なオレゴネータをルンゲクッタ8次であるDormand&Prince法のコード、DOP853のVBA移植版で計算しよう。式はこちら。

\[ \dot y_{1} = 77.27 (y_{2} + y_{1}(1-8.375\times10^{-6}y_{1}-y_{2})) \] \[ \dot y_{2} = \frac{1}{77.27} (y_{3} - (1+y_{1})y_{2}) \] \[ \dot y_{3} = 0.161 (y_{1} - y_{3}) \]

常微分方程式の数値解法I,IIに紹介されていたパラメータを使った。

Oreg01

Oreg02

本に載っていたようなグラフが再現できた。

2011年4月27日 (水)

「神様のパズル」を読んだ。

私も理学部物理学科だったんで、最初の方とかなつかしー。素粒子ゼミは難しいけどレーザーゼミは楽とか。。。しかし主人公があまりにも物理知らなさすぎ!なんでこの学科に来たんだ!と、若いころの私なら思ったでしょうが。。。

しかしこういうテーマで思い出されるのはグレッグ・イーガンの万物理論。これは本当にすごかった。物理出身の私でもそうなのか!とだまされそうになるほど。

神様のパズルは物理としてはちょっとあれかな、と思うけどまあそれが主眼ではないのだろう。ヒロインの心の動きだとか。実際にはTOEは完成しておらず、彼女の心が生み出したフェイクだったんでしょう。

万物理論の方は完成してしまってえらいことになってしまいましたが。そういう対比も面白い。

しかしこれ映画化されたそうですが、なかなかチャレンジングですね。

2011年4月26日 (火)

竹野内豊さんが出ているROOTS AROMA BLACKのCM曲がやたらかっこいいが、mouse on the keysだそうです。

ドラムとピアノの高速フレーズがかっこいい。

http://www.jt-roots.com/aroma_bottle/

mouse on the keysのオリジナルだそうです。

http://mouseonthekeys.net/

これは別の曲(最後の晩餐)だが、これもかっこいい。

ドルマン・プリンス法でvan der Pol方程式(ファンデルポル)をExcel VBAで計算

DOP853移植シリーズ。ファンデルポール方程式を計算してみよう。

\[ \ddot x - \epsilon (1-x^2) \dot x + x = 0 \]

Mathjaxを導入したので数式は簡単に書ける。

計算結果はこちら。εが大きくなるとだんだん計算しにくくなる。

Vanderpolnew

(オリジナルのDOP853は http://www.unige.ch/~hairer/software.html  です)

ソースコードはこちら。

「vanderpol.bas」をダウンロード

「DOP853.bas」をダウンロード

ライセンスは

「licence.txt」をダウンロード

に従います。

2011年4月25日 (月)

「クビキリサイクル」を読んだ。

GOTHが面白かったので、ライトノベル系も毛嫌いせずによもうかと思ったが、まずはこの辺からということで初めて西尾さんのを読んでみた。

登場人物(とイラスト)がかなり読んでいて恥ずかしい(もうおっさんだから。。。電車の中で読むのも人の目を気にする。。。まあ自意識過剰か)のを我慢(!)すればかなり面白かった。

これは「すべてがFになる」と結構被る(天才と孤島)のだが、やっぱり本格ミステリーしてる。最後の結末もある意味すべてがFになるっぽい?

ところでタイトルがトリックのネタばれしているんだな。そりゃ気がつかんわ。

2011年4月24日 (日)

「GOTH」(夜の章/僕の章)を読んだ。

私はあんまりというか全くライトノベル系のを読んだことがなかったので、ちょっと不安がりながら、でも本格ミステリー大賞を取ったということで期待しながら読んだ。

これ面白いですよ。ライトノベル系の読者を想定しているので一章一章は短くてわかりやすいけど、ちゃんと本格ミステリーしてる。叙述トリックも多くて面白い。特に「犬」は「どんどん橋、落ちた」の逆バージョンだな。

主人公は魔太郎がくる、とかカリュウド系のアンチヒーローだけれど、今の時代にはあっているか。

アニメ「トリコ」のOP曲はナイトレンジャーの(You can still) Rock in AmericaやDon't tell me you love meぽい。

先ほどから始まったトリコ。OP見てたら曲が何かに似てる。Night rangerだ!

(最初、Rock in Americaに似てると思ったけど、よくよく聞くとDon't tell me you love meの方が似てる?)

超懐かしい。ナイトレンジャー大好きだった。

ナイトレンジャーと言えば、しぶガキ隊に”Zokkon命”で、イントロを丸パクリされたという

前例があって、その時代はおおらかだったなあと思う。

2011年4月23日 (土)

Mathjaxをココログで使ってブログに数式が出せるようにしてみた。

ココログで数式を書くにはどうしたらいいんだろう、というかwebブラウザ、htmlで数式を表示する簡単な方法はないかなと前々から探していたのだが、Mathjaxが使えそうということが分かった。

http://www.mathjax.org/

まずは表示できるか実験。

\[ x = {-b \pm \sqrt{b^2-4ac} \over 2a}. \]

\[ \sum_{n=1}^\infty \frac{1}{n^s} \ \ (s > 0) \]

\[ \frac{\mathrm{d}^{2}x}{\mathrm{d}t^{2}} = - x \]

\[ \int_{0}^{\infty} \mathrm{e}^{-x^2}\mathrm{d}x \]

これは以下のように記載している。最初の設定さえしてしまえばLaTexと同じ表現が使えて便利便利。

<script type="text/x-mathjax-config"> 
MathJax.Hub.Config({tex2jax: {inlineMath: [['$','$'], ['\\(','\\)']]}}); 
</script> 
<script type="text/javascript" 
src="http://cdn.mathjax.org/mathjax/latest/MathJax.js?config=TeX-AMS-MML_HTMLorMML"> 
</script> 
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" CONTENT="IE=EmulateIE7" />

\[ x = {-b \pm \sqrt{b^2-4ac} \over 2a}. \]

\[ \sum_{n=1}^\infty \frac{1}{n^s} \ \ (s > 0) \] 

\[ \frac{\mathrm{d}^{2}x}{\mathrm{d}t^{2}} = - x \]

\[ \int_{0}^{\infty} \mathrm{e}^{-x^2}\mathrm{d}x \]

2011年4月22日 (金)

「監察医七浦小夜子」の予告編の曲がえらくかっこいいが80kidzのAlt Aだそうです。

さっきからずっと流れている予告編。菊川怜さんが主演のドラマですが、

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2011/110412-i020.html

曲が超かっこいい。調べると日本のテクノユニット 80kidzのAlt Aという曲でした。

私、結構テクノ系好きなのに完全にノーマークでした。ちょっと集めてみようかな。

でもなんか本編では使われなさそう。。。

そういう例ですが、昔、モハメド・アリを描いた映画、「Ali」(ウィル・スミス主演)のCMでMobyのBodyrockが使われていて、すさまじくカッコよかったんですが、本編では実は使われてないらしい。。。

「豆腐小僧双六道中ふりだし」を読んだ。

GWに3Dアニメ化されるということで、原作を読んでみた。妖怪たちが、自分たちが”概念”であることをわかった上で動き出すメタ物語。

また京極さんの「百鬼夜行シリーズ」で京極堂が語っていた内容を、わかりやすく妖怪たちが説明してくれるお話でもあります。

さらに講談師の語りのような地の文が面白いし、おおぼけでへたれで鳥頭(三歩歩くとすべて忘れる)な豆腐小僧のキャラが憎めない。

でもこれ、全然こども向けじゃないよね。最初から情事が出てきたり、切られて殺される人が出てきたり。。。どうやって子供向け映画にしたんだろうと思ったら。。。

http://wwws.warnerbros.co.jp/tofukozo/

キャラクタがかわいすぎる!原作はブサイクな馬鹿小僧なのに!!!

さらに名前が豆富小僧に変わってる!

そこまではいいけど、いきなり200年後の世界で少女と出会って、彼女を救いたい・・・ってジブリみたいになってる!!!!

全然違うぞ!ここまで違うとは思わなかった。。。

これは水木しげるさんのゲゲゲの鬼太郎が、原作ではぐーたらなダメ息子なのがアニメでいきなり正義の味方になっているのと似てるなあ。。。

というか、”さるまん”でとんち番長がアニメ化された感じとさらに似てる。

と思っていたら、同じ京極さんが豆富小僧という本もだしてるじゃないの。小僧が現代にあらわれて、、、というのはこっちに近い。じゃあ、こっちが原作なのでは。

(追記)で、映画の予告編観たのだが。。。

これめちゃくちゃいいじゃない!「もしも人間がわしらを忘れたというのなら、妖怪の存在を教えるのがお前じゃよ」から予告編なのにちょっとウルウルしてきた。主題歌SCANDALのハルカもいい!原作とは別物かもしれないが、これはこれで絶対見たくなりました。

2011年4月21日 (木)

ドルマン・プリンス(Excel VBA移植版)でアレンストーフ軌道を計算。

Dormand & Prince (ルンゲ・クッタ8次) DOP853 VBA移植版で制限三体問題の例、アレンストーフ軌道を計算してみる。式は

y1" = y1 + 2 y2' - μ' (y1 + μ)/D1 - μ(y1 - μ') / D2

y2" = y2 - 2 y1' - μ' y2 /D1 - μ y2 - μ' / D2

ここで

D1 = ((y1 + μ)^2 + y2^2) ^ (3/2)

D2 = ((y1 - μ')^2 + y2^2) ^ (3/2)

また

μ= 0.012277471

μ' = 1-μ

をルンゲ・クッタ8次のドルマン・プリンス法で計算してみよう。

一発で

Photo

が計算できた。

(オリジナルのDOP853は http://www.unige.ch/~hairer/software.html です)

ソースコードはこちら。

「DOP853.bas」をダウンロード

「Aren.bas」をダウンロード

ライセンスは

「licence.txt」をダウンロード

に従います。

2011年4月20日 (水)

Dormand-Prince(ルンゲクッタ8次)DOP853 VBA移植版でローレンツ方程式を計算

さて、ようやく計算できるようになった。まずはおなじみローレンツ方程式。

dx/dt = - σ*(x - y)

dy/dt = -y - x * z + r * x

dz/dt = x * y - b * z

を計算。一発で

Lorenz

が計算できた。これ使っていろいろ計算していこう(続く)。

(オリジナルのDOP853は http://www.unige.ch/~hairer/software.html です)

ソースコードはこちら。

「DOP853.bas」をダウンロード

「Lorenz.bas」をダウンロード

ライセンスは

「licence.txt」をダウンロード

に従います。

2011年4月19日 (火)

Dormand-Prince(ルンゲ・クッタ8次)DOP853をExcel VBAに移植(説明編)

さて、DOP853を移植したものの説明をします。

「DOP853.bas」をダウンロード

関数の引数はこうなっている。

Sub DOP853(N As Long, X As Double, _
           Y() As Double, _
           XEND As Double, _
           RTOL() As Double, _
           ATOL() As Double, _
           ITOL As Long, _
           IOUT As Long, _
           WORK() As Double, LWORK As Long, _
           IWORK() As Long, LIWORK As Long, _
           RPAR() As Double, IPAR() As Long, _
           IDID As Long)

'     ----------------
'     N           変数の数
'     X           Xの初期値
'     Y(N)        Yの初期値(N個)
'     XEND        Xの最終値
'     RTOL,ATOL   相対/絶対誤差許容値。変数ごとに設定もできるし、一括も可。
'     ITOL        RTOLとATOLの設定
'                   ITOL=0: RTOL(1)とATOL(1)を全体に適用する。
           誤差は RTOL*ABS(Y(I))+ATOL以下
'                   ITOL=1: 各変数ごとに誤差設定を変える。配列使用。
'                     誤差はRTOL(I)*ABS(Y(I))+ATOL(I).
'     IOUT        出力のオプション
'                    IOUT=0: 出力ルーチンは呼ばれない。
'                    IOUT=1: 成功したステップの後呼ばれる。
'                    IOUT=2: 成功したステップの後、密出力される。
'                            (IWORK(5)設定が必要)
'                    IOUT=3: ユーザが指定した刻み幅で密出力
'     WORK        "LWORK"の大きさの作業用配列
'                 WORK(1),...,WORK(20) が使われる。
'                 通常は0に設定。
'                 "LWORK" は11*N+8*NRDENS+21の大きさ。ここでNRDENS = IWORK(5)
'     IWORK       "LIWORK"の大きさの作業用配列
'                 IWORK(1),...,IWORK(20)が使われる。
'                 通常は0に設定
'                 "LIWORK"は NRDENS+21 以上
'     RPAR, IPAR  FCNで使われるパラメータ(FCNは後述)

でこの他に、FCNとSOLOUTというサブルーチンが必要。それがこちらに書いてある。

「Lorenz.bas」をダウンロード

Sub FCN(N As Long, X As Double, Y() As Double, F() As Double, RPAR() As Double, IPAR() As Long)

        Dim sigma As Double, r As Double, b As Double
   
        sigma = RPAR(1)
        r = RPAR(2)
        b = RPAR(3)
        F(1) = -sigma * (Y(1) - Y(2))
        F(2) = -Y(2) - Y(1) * Y(3) + r * Y(1)
        F(3) = Y(1) * Y(2) - b * Y(3)

End Sub

のように設定する。これは見てもらえばわかると思います。パラメータをRPARとIPARで与える。この例はローレンツ方程式。

具体的な計算例は明日から。

ライセンスは

「licence.txt」をダウンロード

に従います。

2011年4月18日 (月)

ちふれのCM”SAVE WOMAN”に出てくる女の子がとんでもなく可愛いです(木村文乃さん)/ドコモスマートフォンCMで桑田さんとも共演

とにかく最近見た女性の中ではNo.1に可愛いです。木村文乃さんです。

http://www.tristone.co.jp/actors/kimura/

CMはこちら。

そして音楽はThe back horn。

※7/12追記

で、最近流れているドコモのスマートフォンのCMで、桑田 佳祐さんと共演しているのも木村さんではないですか!

さらにさらに、ブルボンのフェットチーネグミのCMまで。

華和家の四姉妹にも出ていたし、これはブレーク直前か?

Dormand-Prince(ルンゲ・クッタ8次)の有名なルーチンDOP853をExcel VBAに移植

このブログも3周年ということで、前々から気になっていたことを修正したい。今までうちのブログでRunge-Kutta8次のドルマン・プリンス法でいろいろ計算してきた(と言っていた)けれど、実は使っていた公式は8次は8次だけれど別の人が作った公式だったorz(コメントいただいた方に指摘されて見直したら間違っていたことに気付いた。ありがとうございます。信頼できないサイトを引用したのがミス。。。)。

そこで、ちゃんと本物のDormand & Prince 8次の公式に基づいて計算しなおそう。もっとも信頼できるのはこのサイトにある

http://www.unige.ch/~hairer/software.html

DOP853ルーチン。ちゃんと適応刻み幅と密出力ができるものとなっている。ただしFORTRAN。

そこでFORTRANからExcel VBAに移植してみた。

メインルーチンは、このDOP853.bas

「DOP853.bas」をダウンロード

例としてローレンツ方程式を解いたドライバは、

「Lorenz.bas」をダウンロード

内容の説明は明日やります。

ライセンスは

「licence.txt」をダウンロード

に従います。

2011年4月17日 (日)

酔わないウメッシュのCMに出てるのは北乃きいちゃん。

最近、「ウメッシュ CM 女の子」で検索されてくる方が多いので、何故かなと思っていたら、

北乃きいちゃんが新しいCMで面白ダンスをしてるんですね。

http://avexnet.or.jp/kie/index.html

You wanna (よわな) 酔わないウメッシュ

って。。。梅サイダーってことか。でもウメッシュのブランド名を使いたかったんですね。

中山寺でお参り2011

2月にお参りした写真のお蔵出し。

P2200306

この左右の像がいいよね。

P2200308

P2200309

ここはエスカレータがありますが、階段で。そっちの方が御利益がありそう?

P2200310

P2200311

大願と書いてある塔。お祈りしてきた。

P2200315

結構高くにあるので眺めがいいです。

P2200314

2011年4月16日 (土)

「プリンセス・トヨトミ」を読んだ。

いつの間にか文庫になっていたので&映画化間近ということで読んでみました。ものすごく面白かったです。「鴨川ホルモー」も「鹿男あをによし」も私になじみが深い京都・奈良が舞台でしたが、今回は大阪、空堀商店街。超自然的なものは今回は一切出てきませんが、超大阪人パワーがでてきます。設定はちょっとフリーメイソンみたいな感じ?(違うか)

とにかく万城目さんの作品は最後のさわやかさがすごい。あー、よかったなーと思えるのがいい。私の大好きな歌野さんとか東野さんと正反対だが、これもこれであり。

さて、私のツボ&関西圏以外ではわかりずらいものは、

・モロゾフのプリンの空き容器

http://www.morozoff.co.jp/quality/pudding/pudding02.html 

ガラスなんですよ。

・ゼー六のアイスモナカ (これ何かの略じゃないです)

http://www.homerun-do.com/z-6.htm

・榎木大明神

http://www.archundes.com/Osaka/Chuoku-1_EnokiDaimyojin.htm

あと、茶子キーーーック!と「フランス語しゃべられへんねん」に爆笑。旭・ゲーンズブールはどうしても瀬戸カトリーヌさんしか想像できないが、設定はどっちかというとチーム・バチスタの姫宮さんみたい。と思ったら、映画版では綾瀬はるかさんじゃなくて岡田将生くんか!

http://www.princess-toyotomi.com/

鳥居くんが綾瀬さんか。思い切ったことを。。。たしかにゲーンズブールに相当しそうな女優さんいないしな。

でもそれなら大阪の女がやっぱり強い。。。大輔も女として生きていく、というラスト近くの大輔・旭・茶子シーンはどうなるんだろう。非常によかったのに。あそこが男なら話が。。。ストーリー変えちゃうのかな。

それはともかく茶子役の沢木ルカさん(ちゃんと呼べないくらい眼力強し)と大輔役の森永君はイメージぴったりだな。

2011年4月15日 (金)

「阪急電車」を阪急電車に乗りながら読んだ。

映画化されるということで三宮まで阪急電車に乗りながら読んだのだが、途中で降りて今津線に乗り換えたくなった。

とくに小林駅がホントにこんなのあるの?と調べたかった。降りたことないし。

この辺をよく電車でうろうろする私には非常に身近に感じられる作品でした。

お話も非常にしみじみというか、あーあるよねー、とか、この人これからどうなるんだろう、とか考えさせられるものでした。

電車に載っている間に起きた短いエピソードを、章ごとにそれぞれの立場の人からの視点で描いているものですが、やっぱり花嫁さん(の格好)のエピソードがよかった。。。映画では中谷美紀さんが演じられているそうで、映画も見たくなった。映画でも視点を変えていくのだろうか、それとも一つのお話で一括にするのだろうか。

しかし最後の解説の児玉清さんの文章はさすがというか。最近、体調崩されているそうで心配です。

2011年4月14日 (木)

「龍臥亭幻想」を読んだ。

「龍臥亭事件」に引き続き、後日談的なこの「龍臥亭幻想」を読んでみた。

今回、初めて御手洗さんと吉敷さんが同じ作品で同時に出てきますよ。

出会ってはいないのが残念ですが。しかも石岡さんも含め結局誰も事件の謎を解いていないという。。。

一つ目のトリックは下ばっかり見るな!という教訓ですかね。でも二つ目のはマナカナですら、最近はっきり顔が違ってきてるんで微妙。。。でも死んだらわからないのかな。

2011年4月13日 (水)

「龍臥亭事件」を読んだ。

この前、「塗仏の宴」を読みましたが、あれも間接的に津山三十人殺しをベースにしてましたし、そもそも子供のころ同じく「八つ墓村」が非常に怖かったんですが。。。

その実話を組み入れた(ベースじゃなく内容に取り入れた)小説で、途中はドキュメンタリーを読む感じでした。

御手洗さんの助けを得られない石岡さんががんばるお話で、しかしトリックは微妙。。。特にガラス張りのやつ。もう一段どんでん返しがあると思っていたのに。。。ドキュメンタリーぽくみたほうがいいのかな。でもこれで初めて犬坊里美が登場。実は「犬坊里美の冒険」から先に読んでしまったんですが、ようやく石岡さんとどういう関係かわかりましたよ。

で、みっちゃんが誰かは。。。そりゃあとがき読むまでわからなかったよ。私もそっちのシリーズ2冊くらいしか読んだことないし。

2011年4月12日 (火)

Fallen Physicist, Rising Engineer 3周年

今日でブログ開始してから3周年。毎日一日も欠かすことなく更新してますよ。

まあただまとめて(2カ月!とか)書いているので、春に冬の話題が出てくるとかが

難点ですが。まだまだ続ける予定です(twitterにもfacebookにも浮気しません。

twitterはブログ更新通知のみに使ってますが。。。)

3周年記念でなにか特集を計画中です。

2011年4月11日 (月)

長岡天神の桜(2011/4/10)

残念ながら桜まつりは自粛でライトアップは無いようですが、

P4100434

それでも桜は非常にきれいです。

P4100436

P4100437

P4100439

2011年4月10日 (日)

伏見の肥後橋の上からお花見

近鉄の中書島から歩いてすぐです。となりに三栖神社がある。

あいにくの雨だったのですが、きれいで思わず写真を撮ってしまった。

P4080425

P4080428

P4080431

2011年4月 9日 (土)

「ふたたび赤い悪夢」を読んだ。

「頼子のために」、「一の悲劇」に続く三部作ということで読んでみた。

特に「頼子のために」で最後に犯人を間接的に殺してしまった法月さんがどん底からどう再生していくかというお話になっています。三部作とも家族の悲劇で読んでいてつらいね。

でもこうやって悩むのが現代の探偵らしいというか(でも1990年代だけど)。

金田一耕助なんか、いくら殺されても「しまったー」と叫んで終わりとか。。。(いや好きですよ)。

殺人防御率というのを調べた人がいらして、最下位だったといううわさが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%94%B0%E4%B8%80%E8%80%95%E5%8A%A9#.E6.AE.BA.E4.BA.BA.E9.98.B2.E5.BE.A1.E7.8E.87

2011年4月 8日 (金)

「塗仏の宴」(宴の支度/宴の始末)を読んだ。

一言、長いよー。面白いからいいですが。前後篇合わせて2000ページ近いからなあ。海外出張の飛行機の中で読もうと思っていたら全然読み切れなかった。

複雑に絡みあう出来事が実は全部根が一緒というか、ある一人が作ったものというお話で、いわゆる悪のボスみたいな存在がでてきます。実は今までの事件もこいつが糸を引いていたんじゃないかとか思わせる。今後もこいつが悪玉になるのだろうか。今回は完全解決というより引き分け見たいな感じ。

今回のうんちくは妖怪。妖怪のくだりをなくすと1/3くらいにはなりそうですが、そういううんちくが大変面白い。

2011年4月 7日 (木)

サンフランシスコからようやくお帰り。

シカゴで閉じ込められたりしたけど、ようやく帰れる。最初、行き先が台北になっていて、どうなることかと思った(行き先変更?)が、単に成田に降りてそのまま台北に行くということだったらしい。驚かさないでよ。。。

P2060302

で成田には50分も早く着いて、伊丹空港に乗り継いでやっと帰れた。

8日間ですよ。疲れた。。。

2011年4月 6日 (水)

Pepsi MAXを飲んだ。

まだシカゴの続き。。。ホテルの自動販売機でPepsi MAXを売っていた。NEXなら知ってるけどこれは何が違うんだろう。。。微妙な味の差がわかるほどコーラ通ではございません。。。

P2020273

2011年4月 5日 (火)

シカゴのマクドナルドでAngus third poundersを。

閉じ込められてどこにも行けないのでとりあえず1時間!掛けてマックへ。

これって日本で売ってる?私日本ではマクドナルドにはほとんど行かないので…

P2040288

P2040289

なかなかおいしかった。

2011年4月 4日 (月)

海外でSH-03Aを使う(再度)。

前の出張の時も便利に使ったけれど、今回も大助かりです。特に何の設定もしなくても勝手に海外で使えます。しかも日本の時間と現地の時間の両方を表示してくれる。

カナダのトロントではRogers

P2010263

アメリカ(シカゴ、サンフランシスコ)ではAT&Tにつながりました。

P2020268

2011年4月 3日 (日)

シカゴで記録的大雪のため、閉じ込められた。

トロントからシカゴへ移動。で仕事したのち、次の目的地に飛ぼうとしたら!

記録的大雪で空港閉鎖!閉じ込められた。

P2020275

次の日は止んでいたんだけど、まだ飛行機飛ばず。足止め。。。

P2040281

P2040295

近くにセブンイレブンがあったので、カミソリなどを購入。

P2040286

サントリーのカロリの新CMソングは円広志さんの夢想花だが、本人が歌っているとは!

佐々木希さんが軽くもめるシーンが面白いですが、曲は夢想花の替え歌。

http://www.suntory.co.jp/rtd/calori/cm/index.html

もう若い人は円さんが歌手であることすら知らんだろう。。。

ところで、探偵ナイトスクープのOP曲、ハートスランプ二人ぼっちも円さんですが、これ昔のバージョンの方が明らかによかった。録音しなおして、変なフェイクが入って曲の良さが薄れるという。。。

キダタローさんも「改悪だ」と言っていたような気が。

2011年4月 2日 (土)

カナダのトロントへ。

関空からサンフランシスコ経由でカナダのトロントへ。でも仕事なんで観光もなんもなし。ホテルの窓からの写真です。雪が多いなあ(とこのときは思っていた。次の日にとんでもないことになるとも知らずに。。。)

P1310256

P1310257

P1310255

金麦の新CMの設定を完全に誤解していた(ブラマヨの吉田君がでてるやつ)

壇れいさんじゃなくなって少しさびしいといえばさびしいのだが、大好きなブラマヨの吉田君が出ているCM.

http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/ad/other.html

設定を完全に誤解していた。

若いサラリーマン「俺、黒田さんのやり方好きでした」

吉田「俺はきらいやったなあ」「自分のやり方」

をそこには登場していない上司の黒田さんがいて、若い人が褒めてて、吉田君が批判して自分のやり方がいいんだ、ということかと思っていた。

リンク先の30秒バージョンで初めてわかった。

吉田君=黒田さんで、黒田さんの送別会をやっていて

自分のやりかたが好きじゃなかったといっているのか。。。

わかりにくい!というか私以外の人は一発でわかったのかな?

ちなみにCMソングはTighten upのカバーのようです。YMOもカバーしてたね。

2011年4月 1日 (金)

飛行機の窓ガラス

関空から出発。窓側の席だったので写真を撮ってみた。

P1310250

雲の海ですねえ。

P1310251

よく見ると下の方にピンが。これなにするもんだろう。

P1310252

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ